後期研修医の先輩からのメッセージ 後期研修医の先輩からのメッセージ

後期研修医の先輩
からのメッセージ

    • 井上 諒真

      井上 諒真

      (平成31年卒)
    • 初めまして。平成31年卒の井上諒真と申します。神戸大学を卒業し、市立伊丹病院での初期研修を修了して神戸大学整形外科に入局いたしました。

      後期研修が始まって間もないですが、上級医の先生方から非常に熱心で親切な指導を頂きながら、同期と共に忙しくも刺激的で充実した研修生活を過ごしております。

      整形外科は全身のあらゆる運動器の疾患を扱い、患者様のQOL向上に密接に関わることのできる科です。手術、リハビリ等を通じて患者様のADLが劇的に回復する姿を見て、日々整形外科医としてのやりがいを感じております。

      整形外科の分野は外傷、脊椎、腫瘍、スポーツ、上肢、人工関節等多岐にわたります。神戸大学整形外科では、後期研修プログラムが非常にしっかりしており関連病院も多く、専門医取得までの期間に様々な分野を学ぶことができるので、興味のある分野がきっと見つかります。志望科が決まっていない方、整形外科に少しでも興味のある方は、是非一度見学に来て頂き、実際の雰囲気を体験して頂けければと思います。皆様と共に働けることを心よりお待ちしております。

    • 尾上 雲花

      尾上 雲花

      (平成31年卒)
    • はじめまして、平成31年度卒業の尾上雲花と申します。わたしは神戸出身で神戸大学卒業後、大阪の千船病院で初期研修を行い神戸大学整形外科医局に入局しました。

      学生時代と初期研修医時代に、外科系の科を回り、その中でも整形外科に興味をもち入局しました。わたしが整形外科に決めた主な理由は2つです。

      1つめは、手術の手技的な面です。整形外科は全身の筋骨格系を扱う科なので、行う手術の幅もとても広いです。手外科の細かい繊細な手術から、人工関節などダイナミックな手技までさまざまな手術があり、さまざまな選択肢があることに惹かれました。さらに整形外科は手術だけでなく、リウマチなどの関節疾患の治療や骨粗鬆症治療、リハビリ治療など手術以外の選択肢もあり、入局したあと自分のスタイルにあった道を選びやすいと思います。

      2つめは、患者さんのQOL改善が目に見える形で実感できるところです。大腿骨頸部骨折で歩けず寝たきりの状態で運ばれてきた患者さんが、手術とリハビリを行って退院時は自身で歩いて笑顔で帰っていったのをみて素敵な科だなと思いました。

      このホームページを見てくださっているということは整形外科を少しは考えてくださっている方々だと思います。神戸大学整形外科は同期も多いので楽しいですし、指導医の先生も幅広い分野で活躍されており、優しく指導してくれます。1度是非見学に来てみてください。お会いできるのを楽しみにしています。

    • 倉科 徹郎

      倉科 徹郎

      (平成28年卒)
    • 初めまして。平成28年卒の倉科徹郎と申します。

      東京都出身ですが、神戸で社会人生活を経た後、愛媛大学へ入学し、卒業後は北野病院と神戸大学病院で初期研修を修了しました。その後、神戸大学リハビリテーション科へ入局し、兵庫県立リハビリテーション中央病院で2年間、大学病院で1年間研修し、新専門医制度のリハビリテーション科専門医プログラムを修了し、この度、神戸大学整形外科へ入局致しました。

      リハビリテーション科の専攻医として研修した3年間は大変充実しており、自分の選択は間違っていなかったと思います。一方、対象とする範囲が非常に広汎なリハビリテーション医療の世界の中で、自分がより深め、その知識や技術をもっと身につけたいのは、運動器に関係する分野だという思いが次第に強くなりました。初期後期の研修期間に素晴らしい整形外科の先生方との出会いもありました。今から整形外科を志すことには不安も多くありましたが、最終的に入局を決め、現在に至ります。

      「今」と思ったときが、きっとその人の「その時」なのだと思います。そして、皆さんの思いに応えてくれる場が神戸大学整形外科にはあります。整形外科に興味がある人はもちろん、まだ進路に悩んでいる人も、ぜひ一度、神戸大学整形外科へ足を運んでみたり、説明会に参加してみたりして下さい。皆さんとお会いできる日を楽しみにしております。

    • 黒川 昌悟

      黒川 昌悟

      (平成30年卒)
    • 令和3年度入局の黒川昌悟と申します。出身大学は大分大学です。市立長浜病院での初期研修を終えて、この度神戸大学整形外科に入局しました。

      私は幼少期から体操競技をしていた事もあり、将来整形外科医として体操競技や様々なスポーツに携わりたいという思いがあります。

      神戸大学に決めた理由は見学に行った際、先生方の多くがスポーツ整形に尽力されており、自分にとって刺激的な環境だったからです。またアットホームな雰囲気で出身大学問わずに気さくに接して下さり、他大学出身の自分も先輩方のように頑張っていきたいと思ったからです。後期研修を開始して1ヶ月程ですが先生方にご指導やアドバイスを頂いたり、同期と切磋琢磨したりと幸せに感じております。

      整形外科に興味のある方は、是非一度見学に来て神戸大学整形外科の魅力や雰囲気に触れてみてください。皆さんと共に働ける日が来ることを心よりお待ちしております。

    • 島 稔樹

      島 稔樹

      (平成31年卒)
    • はじめまして。平成31年度卒業の島稔樹と申します。藤田医科大学出身で、京都の宇治徳洲会病院で初期研修を修了し神戸大学整形外科に入局いたしました。

      昨年私はこのホームページをみながら、本当に縁もゆかりもない自分でも大丈夫なのかと不安に思うこともありました。ですが実際入局してみると他の先生方がおっしゃる様に皆さんフレンドリーで医局全体の雰囲気も良く、なぜそんなことを不安に感じていたのだろうと本当に思います。研修に関しましても単に指導というわけではなく、私たちのことを考え、想ってくださっていることがひしひしと感じています。同期が多く仲間意識がうまれ切磋琢磨できる環境も自分達の成長つながり、毎日の研修がとても充実しています。

      志望科で整形外科を考えておられるならぜひ一度見学に来てください。文字だけでは伝わらない魅力がたくさん詰まっています。皆さんが見学に来てくださり、一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。

    • 竹内 寛人

      竹内 寛人

      (平成31年卒)
    • 初めまして。平成31年卒業の竹内寛人と申します。

      このホームページをご覧になっている方には、初期研修医、学生の方々もいらっしゃると思います。私の経歴と現在の研修内容をほんの少しご紹介することで、皆様の進路決定の参考になれば幸いです。

      私の出身は愛知県名古屋市で、琉球大学を卒業致しました。元々整形外科志望であったという点で、初期研修では(せっかくなので)救急と内科を集中してやろうと思い立ち、神奈川県の湘南藤沢徳洲会病院で初期研修をさせていただきました。

      次はどこへ行こうかと迷っていた時に、このホームページで先輩方の声を拝見しました。比較的同期の人数が多く、整形外科の中でも幅広い分野を学ぶことができ、他大学出身にも寛容な医局、母校である琉球大学と交流がある、等々。百聞は一見にしかず、医局説明会では先輩方のあたたかい歓迎を受け、ここだと直感し入局を決意致しました。

      2021年の4月に入局後、大学病院の脊椎外科チームで研修を始めさせていただいております。覚えなければいけないことは大変多く、奥深く、日々の業務に追われながら学習し実践し発表することの難しさを日々感じております。そんな中、上級医の先生方は気さくに暖かく、細やかにご指導くださり、自分は手厚く守られた環境で研修させていただいている事を実感しております。

      私の経歴を見ていただければわかるように、縁もゆかりもない土地を転々としてきた私のような人間にも、分け隔てなく学びの機会を下さる大変懐の深い医局です。指導に関して、上級医の先生方は時に厳しく容赦はありません。しかしそこには人間味があり、愛があります。人が育つ環境がここにあると信じ私は入局致しました。

      昔の私のように進路に迷っている皆様、もしも状況が許せば百聞は一見にしかず、ぜひ医局の雰囲気を感じにいらしてください。きっと何かを感じていただけると思います。お待ちしております。