研究・業績 研究・業績

研究・業績

  • リウマチ/研究

  • 業績
リウマチグループ
▲リウマチグループ

わたしども整形外科リウマチグループは、関節リウマチについて基礎と臨床の双方から研究を進めております。基礎研究では、関節リウマチの炎症の主座をなす関節滑膜の増殖メカニズムに関する研究を主要なテーマとしています。臨床研究では、積極的な生物学的製剤導入の治療効果を解析するとともに、CORRECT研究などの他施設共同研究にも参加しています。また、看護師や理学療法士と共同でストレスケアや患者教育に関する研究も行っており、整形外科の範疇に限定されないリウマチ治療と研究を行っています。

【研究テーマ】
(1)関節リウマチの病態形成に関する研究
関節リウマチの病変の主体は、滑膜細胞の異常増殖にあります。炎症性サイトカインは滑膜の増殖を促進しますが、我々のグループでは、デスシグナルに対するデコイ(おとり)レセプターに着目して、デコイレセプターの発現をコントロールすることにより、関節炎を抑制することができないかを検討しています。デコイレセプター自体が、関節リウマチ滑膜に与える直接的作用について研究を行い、デコイレセプターが関節リウマチの病態形成において果たす役割を検討しています。
(2)関節リウマチ患者のストレスの検討と保健学的アプローチの研究
古くからリウマチ気質という概念がありますが、関節リウマチでは、こころの状態が、病態に重要な影響を及ぼすと考えられています。看護師、理学療法士、作業療法士、音楽療法士などのコメディカルと連携して、リウマチ患者のストレスと不安状態を解析するとともに、ストレス軽減法の検討に関する研究を行っています。

なお、三浦准教授が兼担する神戸大学大学院保健学研究科では、コメディカルの大学院生を募集しておりますので、研究に興味がある方は是非、ご連絡ください。連絡はホームページからお願いします。(http://www2.kobe-u.ac.jp/~ymiura
  • リウマチ/業績

  • 研究
英文原著論文(2016年以降)
(1) Hayashi S, Matsubara T, Fukuda K, Funahashi K, Hashimoto M, Maeda T, Kamenaga T, Takashima Y, Matsumoto T, Niikura T, Kuroda R. Predictive factors for effective selection of Interleukin-6 inhibitor and tumor necrosis factor inhibitor in the treatment of rheumatoid arthritis. Sci Rep. 2020 Oct 6;10(1):16645.

(2) Hashimoto M, Funahashi K, Maeda T, Sagawa A, Izumihara T, Shono E, Matsuno H, Fukuda K, Hayashi S, Kuroda R, Matsubara T. Algorithms using genome-wide association studies for prediction of effectiveness of biologics in rheumatoid arthritis. Pers Med Univers. 2020;9:20-26.

(3) Hayashi S, Fukuda K, Maeda T, Chinzei N, Kihara S, Miura Y, Sakai Y, Hashimoto S, Matsumoto T, Takayama K, Niikura T, Kuroda R: Denosumab Treatment Improved Health-Related Quality of Life in Osteoporosis: A Prospective Cohort Study. JBMR Plus, 2019, 3:e10191

(4) Fukuda K, Miura Y, Maeda T, Hayashi S, Kuroda R: Expression profiling of genes in rheumatoid fibroblast-like synoviocytes regulated by tumor necrosis factor-like ligand 1A using cDNA microarray analysis. Biomed Rep. 2019;1:1-5.

(5) Akiyama C, Tsumiyama K, Uchimura C, Honda E, Miyazaki Y, Sakurai K, Miura Y, Hashiramoto A, Felsher DW, Shiozawa S. Conditional Upregulation of IFN-α Alone Is Sufficient to Induce Systemic Lupus Erythematosus. J Immunol. 2019 Aug 15;203(4):835-843.

(6) Watanabe R, Maeda T, Zhang H, Berry GJ, Zeisbrich M, Brockett RD, Greenstein AE, Tian L, Goronzy JJ, Weyand CM. MMP (Matrix Metalloprotease)-9-Producing Monocytes Enable T Cells to Invade the Vessel Wall and Cause Vasculitis. Circ Res. 2018 ;123(6):700-15.

(7) Fukuda K, Miura Y, Maeda T, Hayashi S, Kuroda R. Decoy receptor 3 down-regulates centrosomal protein 70 kDa specifically in rheumatoid synovial fibroblasts. Mod Rheumatol. 2018;28(2):287-292.

(8) Morinobu A, Tanaka S, Nishimura K, Takahashi S, Kageyama G, Miura Y, Kurosaka M, Saegusa J, Kumagai S. Expression and Functions of Immediate Early Response Gene X-1 (IEX-1) in Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts. PLoS One 11(10):e0164350, 2016.

(9) Toyota Y, Tamura M, Kirino Y, Sugiyama Y, Tsuchida N, Kunishita Y, Kishimoto D, Kamiyama R, Miura Y, Minegishi K, Yoshimi R, Ueda A, Nakajima H. Musculoskeletal ultrasonography delineates ankle symptoms in rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol, 2016. [Epub ahead of print]

(10) Fukuda K, Miura Y, Maeda T, Hayashi S, Kurosaka M. Interleukin-12B is upregulated by decoy receptor 3 in rheumatoid synovial fibroblasts. Mol Med Rep 13(4):3647-52, 2016