研修・入局・大学院

ホーム > 研修・入局・大学院 > 大学院博士課程

大学院博士課程

大学院博士課程の入学から卒業まで

大学院への入学は、希望があれば随時可能ですが、当科では外科医としての一定の臨床経験を積んでからの入学(卒後5年目以降)を勧めています。まずは臨床外科医としてある程度のスキルを持った上で、研究やリサーチへの動機やモチベーションが生まれることが望ましいと考えているからです。

当科の大学院博士課程(肝胆膵外科学分野)では、肝胆膵疾患を対象とした臨床活動と研究活動を行っています。基本的には、1年目は病棟医(チューベン)として、食道胃腸外科と連携して様々な消化器外科手術とその周術期管理を経験し、今現在のクリニカルクエスチョンを探索し、研究テーマを熟慮する機会とします。2年目からは研究活動を中心に身を置くこととなり、自分の研究テーマに対するアンサーを求めて日々研究に邁進することとなります。結果は速やかに学会発表(国内の学会から国際学会まで)を行い、論文で報告するという流れになります。通常は4年で卒業し博士号を取得することになりますが、博士論文が優秀であれば3年間での早期卒業も可能です。

研究活動に関して

主に肝臓、胆道、膵臓の3つの研究グループに分かれて行っています。臨床で得られた貴重なデータを解析することからクリニカルクエスチョンを紐解く臨床研究、介入を伴う前向き臨床試験、新しく考案した手術手技やデバイスの開発を目指す基礎研究や医工連携など、様々な研究を行うことができる体制を整えています。どの研究グループに所属するかは個人個人で決めることができます。また当科以外での研究室(基礎医学の研究室など)に在籍している大学院生もいますので、希望があればご相談ください。

大学院在学中には、外科専門医や消化器外科専門医の必須条件である学術業績単位も取得でき、大学院修了時には博士号と専門医の同時取得が可能です。大学院生生活は4年間しかない(4年間もある)と心配することはたくさんあると思いますが、各研究グループの指導医がしっかりとサポートする体制を取っています。

基礎教室

  • 神戸大学大学院医学研究科 薬理学分野
  • 神戸大学大学院医学研究科 分子細胞生物学分野
  • 大阪大学大学院医学系研究科 分子病態生化学

…など

メッセージ

曽山 弘敏

卒業
2016年 神戸大学
初期研修・後期研修
兵庫県立淡路医療センター

大学卒業後市中病院で初期研修、後期研修を行う中で高い技術が要求される肝胆膵外科領域に興味をもち卒業大学である当科の大学院を専攻しました。大学院入学時に教授と相談し現在は神戸大学分子細胞生物学分野で基礎研究を行っています。
研究テーマとしては研究室で作成した乳癌モデルマウスの発癌機構を解析し、乳癌の新規治療標的探索を行っています。卒後研修してきた内容と全く異なる分野で戸惑うことも多々ありますが、実験手法や基礎論文の読み方、論理的な考え方など様々なことを学ぶことができます。
基礎研究は結果がでず悩むこともありますが、当科の大学院は基礎研究を専攻していても臨床の先生方に相談する機会があり希望に応じ臨床研究も並行して行うことができます。大学院は一時的に臨床から離れる不安はありますが、市中病院では絶対に経験できないような貴重な経験を積むことができると実感しています。

福岡 裕貴

卒業
2015年 長崎大学
初期研修
諫早総合病院
後期研修
  • 神戸大学医各部附属病院(3年目)
  • 神戸医療センター(4、5年目)

私は長崎大学を卒業し、長崎の市中病院で初期研修を行ったのちに、3年目で神戸大学に入局しました。4・5年目は神戸医療センターで修練し、医師6年目で大学院に入学しています。
神戸大学肝胆膵外科では4年間のうち、初年度は大学病院を含む施設で臨床に従事し、2年目以降は研究に専念することができます。肝・胆・膵のどの診療グループに属するかは初年度に決め、2年目以降は臨床グループに属しながら臨床研究を行うことができますし、基礎研究教室に行くことも可能です。外勤には4年間継続していくことができるので、収入面での心配はいりません。
私は膵グループに属し、臨床研究を行なっております。初年度に経験する大学病院の豊富な症例で生まれるクリニカルクエスチョンを探求することができますし、ベッドフリーとなった後もカンファレンスを通して臨床情報が入ってくるので、刺激を得ながら研究を行うことが可能です。臨床研究のプランや英語論文の書き方など初めてで拙いことが多いですが、手厚いスタッフの先生方の指導を受けて励んでおります。
大学病院には留学へ行く予定の先生や留学から戻ってこられた先生、臨床に従事しながら研究を行なっている先生が豊富にいらっしゃいます。そういった先生方と話す機会も多く、研究だけでなく自分の外科医キャリアの参考にすることができます。
院生室には同年代の医師が集い、皆が研究に従事するので知見が広がりますし、私生活の話もでき、公私ともに充実できる環境だと思います。

問い合わせ先

診療科長補佐小松昇平
TEL078-382-6302 (医局)
Emailkomasho8@med.kobe-u.ac.jp

PAGE TOP