研修・入局・大学院

ホーム > 研修・入局・大学院 > 入局をお考えの先生方

入局をお考えの先生方

メッセージ

朝倉 力

卒業
2014年 神戸大学
初期研修・後期研修
愛仁会高槻病院

神戸大学を卒業後、市中病院で多くの症例経験を積みたいと考え、高槻病院で研修を開始しました。様々な診療科で学ぶ中で、悪性腫瘍から急性腹症までの幅広い疾患を診療し、周術期には全身状態の管理を行い、手術では実際の臓器の状態を見て治療を行う消化器外科に魅力を感じ、外科医を志すようになりました。そして、学生時代からのご縁もあり、神戸大学肝胆膵外科に入局することとなりました。
現在は胆道グループに所属しておりますが、高難度の手術症例が経験できるほか、他施設共同研究や遺伝子研究、また医療機器開発など、大学でしか経験できないような研究に携わり、とても貴重な時間を過ごしています。また、同年代の医師と切磋琢磨することで、とてもよい刺激を得ることができるのも魅力の1つだと思います。
当科はとてもアットホームな雰囲気ですので、外科に興味のあるかたは、是非気軽に見学にきてください。

藤中 亮輔

卒業
2015年 香川大学
初期研修・後期研修
北播磨総合医療センター

香川大学を卒業後、北播磨総合医療センターで初期研修と後期研修を行い、大学院への進学を機に神戸大学の肝胆膵外科に入局をしました。当科に入局した理由は大きく2つあります。
1つ目は初期研修時代の指導医の存在です。肝胆膵外科手術の面白さや外科医としての在り方などを教えていただきました。憧れの存在に近づきたい、自分も肝胆膵高難度手術に挑戦したいと考え、当科を選びました。
2つ目は充実した教育環境があると感じたからです。関連施設の若手外科医を集めビデオクリニックを開催したりなど、若手のうちからしっかりとした指導を受けることができる環境を魅力に感じました。海外留学へ行かれている先生も多く、外科医キャリアのお手本となる先生方がたくさんいるのも当科の魅力と考えます。
私自身、肝胆膵外科医として駆け出しですが、肝胆膵外科に興味のある先生方、是非ともに神戸大学肝胆膵外科を盛り上げていきましょう。

吉田 道彦

卒業
2017年 島根大学
初期研修
国立病院機構神戸医療センター
後期研修
  • 国立病院機構神戸医療センター(3、4年目)
  • 市立加西病院(5年目前半)
  • 神戸大学医学部附属病院(5年目後半)

初期研修、後期研修のときに一般外科手術から高難易度の手術まで幅広くこなされる先輩方や指導医の先生方の姿を見て、自身も技術を高め高難度手術に挑戦したいと考え、肝胆膵外科への入局を決めました。
大学病院では市中病院では経験することのできない高難易度手術や稀少疾患に対する治療を間近で見て学ぶことができます。また臨床だけではなく、研究を通して新たな知見を発信できる外科医になりたいという思いから、入局と同時に大学院へ進学しました。本学は医工連携も盛んであり、他学部や他大学との研究など幅広い分野の方々と協働できる等、自身の研究テーマをより深く掘り下げることができる魅力的な環境です。ご興味のある方は是非神戸大学肝胆膵外科にお気軽に見学にお越し下さい。

神戸大学肝胆膵外科では、見学を随時受け付けています。肝胆膵領域の手術に興味のある方、低侵襲手術に興味のある方、肝胆膵外科研究に興味のある方など大歓迎です。入局のご相談をご希望の先生方は、下記まで気軽にお問合せください。

問い合わせ先

診療科長補佐小松昇平
TEL078-382-6302 (医局)
Emailkomasho8@med.kobe-u.ac.jp

PAGE TOP