患者の皆さまへ ご挨拶

診療科の概要と取り扱う疾患

呼吸器内科では患者さまに対し外来、入院を通じエビデンスに基づいた、そして一貫した治療方針でチーム医療を行っております。

  1. 肺がん・悪性胸膜中皮腫に対する早期診断、集学的治療、緩和医療
  2. 気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患に対する治療・患者指導
  3. 間質性肺炎・肺線維症に対する診断・治療
  4. 睡眠時無呼吸症候群に対する診断・治療
  5. 呼吸器感染症に対する診断・治療
  6. 慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法・在宅人工呼吸療法

PageTop

1.肺がん

肺がん現在日本人の死因の第一位はがんですが、そのうち肺がんが最も多く、年間約5万人が命を落とされています。医療の発達した現在でも肺がんは非常に治療の難しい疾患の一つです。当院では肺がんに関して、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科、病理部が呼吸器グループとして緊密な連携をとりながら、患者さまごとに最もふさわしいと思われる治療を選択し、最新の知見を取り入れながら、早期診断、集学的に治療を実践しています。
当科では主に手術を行わない患者さまの治療(化学療法:抗がん剤での治療)を担当していますが、入院で放射線治療を受ける方や手術後に補助療法として化学療法を受ける患者さまも担当しています。
当科では、患者様の生活の質(QOL)の向上を目指して、抗がん剤治療で比較的副作用が軽度な患者さまには外来化学療法室とも連携しながら積極的に外来での治療をお勧めしています。
また、肺がんに伴う症状(痛みや呼吸困難など)に対しても、適切な鎮痛薬の調節や、気道狭窄に対する気管支内視鏡を用いたステント療法、高周波治療、レーザー治療などを化学療法と併用し、当院緩和ケアチームとも連携しながら積極的な症状緩和に努めています。
さらに、肺癌や気管支鏡検査について、よりよい治療や診断率の向上を目指して積極的に当科主導での臨床研究を行うとともに、新しい治療の開発としてがん専門の医療施設間で行っている多施設共同臨床試験に積極的に参加し、肺がんの治療成績の向上を目指しています。
また悪性胸膜中皮腫に対しても呼吸器外科、放射線科、放射線腫瘍科とも連携をとりながら集学的治療を行っております。

PageTop

2.気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患(COPD)

気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患(COPD)咳は医療機関を受診する症状としては最も多い症状の一つであり、その原因として気管支喘息とCOPDは非常に重要な疾患です。気管支喘息、COPDは罹患率の非常に高い慢性の呼吸器疾患ですが、正しく診断、治療されていないケースが多いのも事実です。当科では、慢性の咳、痰、呼吸困難のある患者さまについて、胸部レントゲン写真、胸部CTなどの画像診断のほかにも、肺機能検査、気道過敏性検査、総合呼吸抵抗測定装置など大学病院にしかない特殊な検査機器なども使用し適切な診断を行い、治療と指導を行っています。
かつては気管支喘息によって亡くなられる(喘息死)患者さんも多かったのですが、吸入ステロイド薬の普及により、その死亡率は低下してきています。現在、我々の施設が中心になって、「兵庫県喘息死ゼロ作戦」と題した活動を行い、喘息の標準治療の普及に力を入れています。適切な薬物治療を行っても気管支喘息のコントロールがつかない場合、気管支サーモプラスティ治療も行っています。
一方、COPDは喫煙や職業性粉塵暴露などにより慢性の咳、痰、呼吸困難をきたす疾患で、日本での潜在的な患者数は500万人以上と言われており、今後は死亡原因の上位になることが予想されています。合併症や併存症の多い疾患であり、慢性的に生活の質(QOL)を損なう疾患であり、早期の診断と適切な治療(管理)が必要です。
咳や痰、呼吸困難でお困りの方は、是非当科を受診してください。

PageTop

3.間質性肺炎

間質性肺炎間質性肺炎は、原因不明あるいは膠原病などの全身疾患に伴って起こる、非感染性の肺炎の一種です。
種々の病型があり、経過も早いものから緩徐なものまで様々ですが、まずは画像診断および、気管支内視鏡や外科的肺生検などによる確定診断を行うことが大切です。当科では、間質性肺炎を疑う患者さまに対して、1泊2日の検査入院(気管支内視鏡検査)を実施しています。放射線科、病理部と連携をとって診断をしています。間質性肺炎には難治性のものが多く、慢性的な呼吸困難をきたしうる代表的な疾患ですが、当科では専門的見地からステロイドや免疫抑制剤、抗線維化薬などによる治療を実施しています。

PageTop

4.呼吸器感染症

呼吸器感染症肺炎は高齢者や肺に基礎疾患のある患者さまにとって、非常に怖い疾患の一つで、日本の高齢化とともに患者数も増えています。また、免疫抑制剤の使用やHIVなど免疫状態が低下した方の増加により、日和見感染症が問題となっています。一般の抗菌薬では効果の乏しい特殊な肺炎(レジオネラ肺炎やニューモシスチス肺炎など)や難治症例には気管支内視鏡による精密検査が有用です。当科では、院内発症の難治性肺炎も含めて、積極的に気管支内視鏡検査を実施して診断と治療にあたっています。

PageTop

5.睡眠時無呼吸症候群

睡眠時に無呼吸(10秒以上の息が止まること)が1時間に5回以上出現し、自覚症状(昼間の眠気、集中力低下、夜間の覚醒など)を呈したときに睡眠時無呼吸症候群(SAS:sleep apnea syndrome)といわれます。2003年に新幹線の運転手がオーバーランをしてしまったことで一躍有名となりました。睡眠時無呼吸により様々な合併症がおこり、高血圧、心血管病、糖尿病、脂肪肝、末端肥大症などの疾患との合併も指摘されています。当科では簡易検査だけでなく、1泊入院で精査し、治療法の選択を行います。
この疾患は薬物による治療というよりも在宅用の人工呼吸器を夜間につける治療が中心で、導入された方に対しては毎月1回、それらの機器の調整を外来で行っています。トラックの運転手、タクシーの運転手にはこの疾患の精査を義務づけている会社も増えてきており、今後もニーズが高まる疾患と考えています。

PageTop

6.禁煙外来

最近は禁煙への関心が社会的にも高まってきており、全面禁煙の店や道路、電車、ホームなどが増えてきている中、医療者として喫煙の害をしっかりと認識し、患者さんに伝えていく必要があると考えております。実際、当院の禁煙外来に受診された方の多くが、主治医や看護師さんに勧められたと答えられており、医療従事者として禁煙を勧めることは重要なことと認識しています。しかし、禁煙は気合いだけではなかなかやめるのが難しいニコチン依存症という病気としてとらえ、治療していく必要があります。喫煙は呼吸器疾患だけでなく、心臓血管病、消化器など多岐の疾患の危険因子と認識されていますが、当院では呼吸器内科の医師が中心となって取り組んでおります。たくさんの方が禁煙に取り組まれ、当院では約60%の方々が禁煙に成功され、高い効果をあげています。病気の一次予防、二次予防としての禁煙は大切なことです。是非一緒に取り組みましょう。

PageTop

HOMEへ戻る

PAGE TOP