研修医の声

神戸大学呼吸器内科での研修

H26年卒 岩田帆波

 私は初期研修を市立加西病院で2年間を過ごし、2年目の院外研修として2か月間大学での研修を選択しました。市立加西病院は地域の中核病院であり、肺炎や喘息・COPDの症例は豊富でしたが、1年目の途中で常勤の先生が大学に帰られることになり、肺癌の症例や気管支鏡検査からは遠ざかることとなりました。しかし週3回大学の先生が非常勤で来てくださるので、コンサルトしやすい環境でcommon diseaseの呼吸器疾患を勉強することができました。その縁もあって地方会や研究会で発表する機会をいただき、呼吸器に対するモチべーションを保つことができました。
 大学での研修では、肺癌や間質性肺炎の症例を経験できるだけでなく、多くの先生方からご指導をいただきました。市中病院では数をこなすことに必死になり、慣れてしまうと分かったつもりになってしまいます。それを毎日のグループミーティングやカンファレンスでご指摘いただき、改めて不十分な知識やassessmentの仕方を見直すことができました。またルート確保から胸水穿刺や胸腔ドレナージまで、多数の手技をご指導のもと経験させていただきました。昔から手技に対し苦手意識が強かったのですが、胸水穿刺に関しては胸を張って、“できる"自信とともに加西に帰ることができたことは生涯忘れないことでしょう。気管支鏡検査では、ナビゲーションシステムやEBUSといった新しい技術に直に触れることができ、BALや簡単な観察は実際に経験させていただきました。
 精神面・体力面ともに不安が大きく内科を諦めかけたときもありましたが、大学での充実した研修を通して、最終的に呼吸器内科の道を選びました。今までご指導いただいた先生方に、厚く御礼申し上げます。現在は加古川中央市民病院の専攻医として、忙しくも楽しく研鑚の日々を送っています。

PageTop

明石医療センター

H26年卒 重岡美穂

 私は九州の大分大学で6年間を過ごし、縁もゆかりも無い神戸大学病院で研修をスタートさせました。幸い同期も半数以上が他大学出身であったこともありすぐに打ち解けて仕事終わりにご飯に行ったり、休日に遊んだり旅行にも行きました。当呼吸器内科には、2年目の選択ローテーションで計2か月お世話になりました。現在は明石市の明石医療センターの総合内科で1年間内科の後期研修を行っています。
 呼吸器疾患の多くは、患者さんの生命やQOLと密接に関連しており、特に大学病院では肺癌などの腫瘍性疾患を多く経験させていただきました。毎日顔を合わせる中で、疾患を診るだけでなく、その患者さんの背景や死生観と向き合いその方にとっての最善の治療は何なのかを見つめる機会もいただきました。その他、気管支喘息や肺炎、閉塞性肺疾患、間質性肺炎など、すべての診療科や幅広い年齢層で遭遇しうる疾患も経験でき、初期研修中に呼吸器疾患の病態や呼吸管理を経験することは大変有用だったと感じています。
 当呼吸器内科では、毎日朝夕のカンファレンスを通して研修医もチームの一員として治療方針を真剣に考えることができます。また毎週火曜日のブロンコカンファレンスでは、主訴・身体所見から胸部レントゲンを供覧し、異常所見を正確な医療単語を用いて読影し、胸部CTで答え合わせをするということを繰り返して行います。たくさんの症例を知識・経験ともに豊かな指導医の解説のもと学べる大変良い機会を与えてもらいました。そのほか、学生向けではなく研修医向けの朝レクチャー、学会発表や勉強会など公の場での発表の機会もたくさん与えていただきました。気管支鏡検査やドレーン挿入などの処置も、大学病院とは思えないほど研修医に積極的に施行させていただき、大変充実した初期研修を行えることができたと思います。若手の医師達をかわいがってくれ、押しつけることもなく、とてものびのびと個性を伸ばしてくださる先生方に囲まれて、大変楽しく学びも多い研修となりました。ご指導頂いた先生方やコメディカルを含めたあらゆるスタッフ皆様に心より感謝申し上げます。

PageTop

呼吸器内科での研修を終えて

H25年卒 上吉川 彩

 私は、研修1年目の内科ローテートの中の1ヶ月半という短い期間でしたが、呼吸器内科で研修をさせて頂きました。市中肺炎、COPD、気胸といったcommon diseaseから間質性肺炎や肺癌等の腫瘍性疾患と様々な呼吸器疾患を経験することが出来ました。
 病棟患者の半数以上が肺癌患者のため、緩和ケアの視点から疼痛管理や精神的サポートについて習熟することが出来ます。
 また、学術的な面でも充実していて、積極的に学会や研究会に参加することが出来ます。私も学会発表の機会を与えて頂きました。日常業務をこなしながらの発表準備は中々大変ですが、本当に勉強になりますし、自信にもつながります。
どんな些細なことでも相談にのって下さり、温かく、時に厳しくご指導してくださる上級医の先生方の存在はとても心強かったです。
 呼吸器内科での研修は本当に勉強になり、楽しくて充実していました。私は元々、内科志望ではなかったのですが、この研修を通して内科もいいかもと思えるようになりました。ご指導頂いた先生方やコメディカルを含めたあらゆるスタッフ皆様のお蔭です。心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

HOMEへ戻る

PAGE TOP