医師・医学生の皆さまへ キャリアイメージ

私のキャリアパス 

平成19年卒 桂田雅大

略歴

2007年神戸大学医学部医学科卒業

2007年加西市立加西病院初期研修医

2009年神戸大学医学部附属病院呼吸器内科医員
2010年鉄蕉会亀田総合病院 総合診療・感染症科

2013年鉄蕉会亀田総合病院 呼吸器内科

    (内3ヶ月間、国立がん研究センター中央病院 内視鏡科研修)

2016年神戸大学大学院医学研究科博士課程


 このたびは当HPをご覧頂き、誠にありがとうございます。
 この略歴を見て脈絡が無いキャリアパスと思われたあなた、正解です。私が常に進路に迷いながらキャリアを積んできたからだと思います。自分が何に迷ってこれまで歩んできたかを書きます。


初期研修
 今のトレンドは分かりませんが、2007年当時は臨床研修制度が始まってまだ浅く、市中病院での研修が人気でした。市中病院での研修の方が即戦力になり、早く一人前になれると考えられていたからでした。でも、どこの病院を選んだらいいのか分からない医学生が多く、とりあえず有名研修病院が人気だったように思います。倍率は高く、中々入れませんでした。私も市中病院での研修を希望しましたが、有名研修病院には入ることは困難でした。まず、社会人をはじめる時にいきなり厳しいところはNGで、仲間になってくれそうな同期の研修医がそこそこいるところで研修をしたいと思いました。医学生の学外実習で3週間実習させて頂いた加西病院の雰囲気がよかったのと、院長の山邊先生の熱心なリクルートもあり初期研修先として選択させて頂きました。予想通り、居心地はとてもよく、循環器疾患から呼吸器疾患・神経疾患まで幅広く研修させて頂き、一通りのことはできるようになりました。ただ、研修医で慣れない事も多かったせいか、病棟業務に時間がかかり、仕事を体で覚えたため我流になりがちでした。それに気づいたのが、2年目の冬くらいで、後期研修募集はすでに締め切られていました。そこで、加西病院に外勤医として来られていた当科教授の西村善博先生(当時助教授)に相談させていただき、大学病院で研修してみてはとお誘いを頂きました。多くのスタッフのいる病院であれば体系だった仕事もできるのでは?と思い、異動することになりました。


神戸大学病院での研修
 西村先生の取り計らいで、半年間は総合診療科、半年間は呼吸器内科というフレキシブルな研修を組んでいただけました。大学病院での医療はこれまで自分が行っていた医療とはかなり異なっていました。総合診療科で金澤先生(現加古川市民病院機構)、平岡先生(現東京浦安ベイ市川医療センター)にお世話になりました。二言目は、それはエビデンスあるの?でした。研修医への教育はとても熱心で、エビデンスに基づいた自作のICU管理マニュアルを下さり、大リーガー医との交流や発表の機会を得ることができました。感染症科とのつながりも強く、岩田先生についてこられた先生方とお話しすることもできました。この半年間で受けたエビデンスに基づいた総合診療の衝撃は大きく、もう少し総合診療にふれたくなりました。後半の半年間の呼吸器研修を受ける前に、感染症科後期研修医だった菅長先生(現亀田ファミリークリニック館山)のご助力で、亀田総合病院 総合診療・感染症科に次年度からの研修が決まりました。色々とご迷惑をお掛けした呼吸器内科に少し気まずさを感じながら、後半の呼吸器内科の研修をしました。がん診療が主であり、研究指向が強かったように思います。そのときに永野先生と出会い、学会スライドの作り方、研究への情熱を知りました。呼吸器診療はがんを通して人の終末に携わることができる面白さがあり、総合診療を学んでから呼吸器内科に帰ってこようと思いました。亀田に行く前に、西村先生から「いつかは研究したほうがいいけどな。大学教官としてではなく、先輩医師としてのアドバイスだよ」という言葉が頭に残りました。


亀田総合病院 → 大学院へ
 亀田総合病院は一部医局関連人事で動いている科もありますが、部長職から研修医まで個人応募または、病院からのスカウトで採用されている先生方が主でした。研修医を含めそれぞれ自分なりの意見を持っており、自分の意見を如何に通すために、ディスカッションをすることが多かったです。やはり、私立市中病院であることから、経営面にも配慮する必要があり、担当患者数は多かったです。総合診療・感染症科は特に臨床に重きを置いていたために、朝は午前6時から夜は午後11時ころまで診療していました。総合診療のなかで、慢性疾患に対する恐怖心は薄れ、疾患へのアプローチの仕方を学ぶことができました。ただ、総合診療医としてのアイデンティティーを確立するためには、スーパー総合診療医になるか、なんらかの専門家になる必要があることに気づきました。私が神戸大学時代に将来的には総合診療をベースとした呼吸器内科医になることを大学病院時代から希望していたので、総合診療科研修が終わったのと同時に、呼吸器内科に転科しました。
 呼吸器内科は肺炎から肺癌まで幅広い疾患を見ることができました。加えて、学会での発表は義務であり、臨床論文を書くことも推奨されていました。幅広い呼吸器疾患をみることができ、雑誌の原稿依頼もありました。気管支鏡検査も盛んでしたが、やや我流になっていたため、国立がん研究センター研修に3ヶ月間、派遣を頂きました。がん研究センターでは朝から夕方まで気管支鏡検査を行いながら、論文執筆をさせていただきました。3ヶ月間という短い期間でしたが内容はとても濃く、研修が終わった今もお世話になっております。欧文論文、内視鏡関連本の執筆、国内および国外学会での発表をさせて頂き、研究の面白さと難しさを教えていただけました。
 亀田総合病院から神戸に帰ろうと思った理由に、学年が上になればなるほど、市中病院一本でしていくにはポストが限られていくことがあります。加えて、臨床のフロンティアを築く能力があることが、キャリアアップに不可欠であることが見えてきました。そのためには研究に携わることは不可欠です。家庭ももっていたため、妻にずっと迷惑ばかりかけていたことと、子供の教育環境の必要性も感じました。大学院に行こうと思った決定打は、亀田総合病院で一緒だった後輩の一言です。彼は、途中で臨床医をやめて製薬会社の開発部門に入社したのですが、「海外の先生と話をする機会があるけれども、Ph.D.をもっていないと格下にみられるんだよね」と教えてくれました。がんセンターの先生からの「君は大学の方があっていると思うな。」という後押しもあり、大学院に進むことを決めました。千葉県にいたときもずっと連絡を下さった神戸大学の西村先生のこと、東日本大震災のときにすぐに連絡を下さった永野先生を思い出し、神戸大学大学院に進むことに決めました。研究テーマが、医学生時代にお世話になった分子生物学教室の研究テーマの派生なのは何かのご縁を感じます。


 これが、私のキャリアパスです。参考になりましたでしょうか?書いてみて気づいたのですが、自分で迷いながらも大事な節目では、上司の先生、同期、そして後輩の先生からの助言・助力があったように思います。人とのご縁は本当に大切にしなければいけないですね。

PageTop

私のキャリアパス 

平成21年卒 梅澤佳乃子

 平成21年卒業の梅澤です。私のキャリアパスとのお題をいただきましたので初期研修から現在に至るまで簡単に紹介しようと思います。
 大学は北海道で出身は福井県という私はそこまでの大きな理由はなく初期研修で関西の地にやってきました。初期研修先が高槻病院でありそこでの出会いとご縁で神戸大学の呼吸器内科に属することとなりました。初期研修は市中病院でcommon diseaseを診たいと考えていた私は高槻病院では沢山の仲間に恵まれて日々忙しく楽しく過ごすことができました。初期研修を通して一番良かったなと感じていることは研修医でも自分が目の前の患者さんの主治医であると自覚しながら主体性をもって診療ができる環境であったことです。(もちろん沢山の方々が監督サポート下さっていた結果です。)初期研修はあわただしく時が過ぎ、様々な疾患をじっくり診ながら付き合っていくいわゆる内科のイメージが強い呼吸器内科に魅力を感じてすすむことを決めました。その後は後期研修から4年間は明石医療センターで内科・呼吸器内科として働かせてもらいました。私の呼吸器内科医としての基礎はここでつくられたと思っています。初期研修とは違い、一人の患者さんを良いときも悪いときもずっと診させていただくことでその経過と長く診ていくことの重要性を学びました。呼吸器内科は比較的手技が少ない科ではありますが、気管支鏡や胸腔鏡といった検査手技にも多く関わることができ充実した日々を過ごしました。また日常臨床に加えて国内や海外の学会での発表の機会もいただくことができました。自分達の考えを形にして発表することは貴重な経験となりました。テーマを考えることの難しさとそれを形にするための方法論がどうしても自己流になってしまうこともあり大学院での勉強、研究をさせていただきたいと考えるようになりました。私の大学院での到達目標はまずは知りたいことをちゃんと調べられるようになるという基本的なところに置いています。もちろん、現在すすめている研究で新しい発見を報告できればと考えていますが、今後の自分の医者人生においておそらく日々分からない臨床疑問が生まれてくる中でそれにどのように向き合うのかという基本姿勢を獲得できればと思っています。以上、いろいろ書きましたが呼吸器内科になってよかったな、おもしろいなと楽しくやっています。今後も沢山の若い先生が呼吸器内科の仲間となって下さることを期待しております。

PageTop

国立がんセンター東病院での3年間の研修生活を振り返って

永野達也(平成15年卒 現特命助教)

 1枚の胸部レントゲンフィルムから肺動脈や肺静脈に至る無数の構造物を読み解く、学外実習で三菱神戸病院の気比陽先生からレントゲン写真の読影の手ほどきを受けた際の衝撃は今でも鮮明に記憶の中に残っている。各疾患に特徴的な画像所見を絵としてパターン認識し、特別な名前を冠する所見を覚えることにのみに専心していた学生時代の私は、一つ一つの色の違いに意味があり、読み解くうちにあたかも身体の中が透けて見えるような読影にすっかり魅了されてしまった。将来、治療の難しい病気その中でも死亡者の最も多い肺がんを研究対象にしたいと考えていた私は、呼吸器内科学講座に入局させて頂こうと考えていた。件の読影法が国立がんセンターの先生方によって体系付けられたものであるとお聞きし、それまで国立がんセンターの存在すら知らなかった私だが、将来は国立がんセンターで臨床と研究を学んで来たいと強く思うようになった。
 呼吸器内科部長の西村善博先生からも御勧め頂き、国立がんセンター東病院の採用試験を受け合格することができた。採用にあたっては当時国立がんセンターのがん専門修練医として御活躍されており、現在は京都大学医学部呼吸器内科で助教をされている金永学先生の御助力があり今でも非常に感謝している。
がんセンターでは毎日が刺激的で、日本にとどまらず世界の最先端の情報にあふれ新しい医療が創生されようとしていた。具体的な仕事内容だが、15〜20人の患者を担当する病棟業務に従事して臨床試験や実地臨床として行われる化学療法、その毒性に対する対応、緩和医療などを学び、月曜日と木曜日の午後に気管支鏡検査、火曜日の午後にCT下肺針生検などの検査で検査技術を学び、毎週決まった曜日の朝から夕方までに撮影された外来の胸部レントゲン写真、入院と外来の胸部CT写真の読影を担当し読影技術を学んだ。2週間に1回は院外の先生方も交えての読影会も行われていた。また、月に1回程度外来化学療法室で静脈留置針により抗がん剤用のルートを確保する業務があり、その数は100人近くになるため非常に骨の折れる仕事であった。最先端の情報が飛び交うカンファレンスが毎日のように院内各所で行われており、呼吸器内科に関連したものでは、毎週火曜日の呼吸器外科との術前カンファレンス、水曜日の放射線科との呼吸器内科カンファレンス、金曜日の呼吸器外科、病理部との病理カンファレンスの他、他施設と中継を結んで行うMedical Oncology Conference、多地点合同メディカル・カンファレンス、院内の臨床部門、基礎研究部門から研究の進捗状況を報告する院内合同カンファレンスなどがあり、最新のものを含めた膨大な情報を元に徹底した議論が行われていた。
 読影の手ほどきを受けたのが最初に述べた読影法の大家であられる部長の西脇裕先生で、3年間の研修を通じてお気遣い頂き大変御世話になった。CT画像診断が専門の大松広伸先生は一番長く一緒に仕事をさせて頂いた先生でレジデントへの思い遣りにあふれた優しい先生であった。日本の肺がん臨床の中心人物の一人でいらっしゃる久保田馨先生は、コミュニケーションスキルや接遇を非常に重んじておられ厳しくも温かくご指導を頂いた。レジデントの良き相談相手になって下さっていた後藤功一先生には私も公私ともに相談に乗って頂いた。仁保誠治先生と葉清隆先生はそれぞれ数か月ずつ一緒に仕事をさせて頂きご指導頂いた。仁保先生には家族で御一緒に食事に誘って頂き、毎年の年賀状の御写真で御家族の様子を伺えるのを非常に楽しみにさせて頂いている。葉先生は現在の私のがん診療の骨格を形成してくださった先生で、今でも学会場などで声をかけさせて頂き教えを受けている。素晴らしい上司の先生方に恵まれたことも充実した研修生活が送れた大きな要因になっている。
 私は幸いにして、呼吸器内科のみにとどまらず幅広く関連した領域で研修を受ける機会にも恵まれた。すなわち、緩和医療科の木下寛哉先生、精神腫瘍科で現在岡山大学精神神経病態学教授の内富庸介先生、臨床腫瘍病理部の落合淳志先生、石井源一郎先生、がん治療開発部の松村保広先生のもとで勉強する機会を頂いた。精神腫瘍学という学問はそれまでに耳にしたことがなく、がん患者、家族に接する上での大きなヒントを頂いた。病理部では計100例近くの手術検体を実際に固定し、切り出し、鏡検して所見を付けさせて頂いた。がん治療開発部では、抗がん剤を高分子ミセル化することにより腫瘍だけで効果を発揮するように改良したドラッグデリバリーシステム製剤に関する興味深いテーマを与えて頂き、1年間研究に専念することが出来た。
 全国から多数の優秀な医師が研修に来ており、私と同時期に呼吸器内科に研修に来られていた先生方には大分大学の伊東猛雄先生、熊本大学の山根由紀先生、島根大学呼の松本慎吾先生、帝京大学の太田修二先生、日本医科大学の河合治先生、虎の門病院の内藤陽一先生、静岡がんセンターの釼持広知先生などがおられ、がんセンターや拠点病院で助教やスタッフとして御活躍されている。在職中は非常に多くの事を教わり大変お世話になった。全国各地で御活躍されているこのような先生方とお知り合いになれたことも私の非常に大きな財産であり、その御活躍は同慶の至りである。
 がんセンターでの研修は、欧文での自著論文4本、共著論文3本、日本語の総説が5本と3年間の業績としては十分なものとなった。これからは国立がんセンターのレジデントの卒業生として、3年間で学んできた知識をベースにさらなる研鑽を積んでがん診療にあたっていくのみならず、後輩に伝えていく責務があると考える。抗がん剤の標準治療、毒性に対する対応、症状に対する緩和医療、精神面へのサポートにとどまらず、質の高い臨床研究、そのための統計の知識、読影技術、基礎研究なども伝えていき、日本のどこでも適切ながん診療が受けられるようになり、研究により治療が進みがん患者の苦痛が軽減されていくことを切に願っている。神戸大学発のevidenceの創生に向かって呼吸器内科の門を叩いて一緒に仕事が出来る若い医師が増えてきてくれるのを併せて期待したい。

PageTop

タイトルなし

山本正嗣(平成14年卒 助教・診療科長補佐)

山本 正嗣(やまもと まさつぐ):特定助教、入退院係

略歴

2002年神戸大学医学部医学科卒業
2002年神戸大学医学部附属病院研修医
2003年加西市立加西病院内科医員
2005年神戸大学大学院医学研究科(現医学研究科)博士課程
2009年神戸大学大学院修了 博士(医学)取得
2009年神戸大学大学院医学研究科 医学研究員
2011年ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)博士研究員(留学)


呼吸器内科入局
臨床研修で循環器内科と消化器内科に重点をおいた内科研修を受けていましたが、研修が終わる頃に、呼吸器内科のカバーする疾患の幅の広さと奥の深さを知り、呼吸器内科でのトレーニングを積みたいと考えました。その当時から医局の雰囲気が気さくで親しみやすい先輩が多く、入局することに決めました。


大学院
以前から興味のあった気管支喘息とアレルギーの病態について深く追求したいと考え、呼吸器内科のトレーニングを大学病院で積むとともに、研究生活を開始しました。気管支喘息は、遺伝因子と環境因子が複雑にからみ合った病態で、一言に研究といっても一筋縄ではいかないことがたくさんあることがだんだん分かって来ました。また、臨床でも一言に喘息患者さんといってもその病態は一様ではないことが実感できました。国内外での学会発表などの経験から、世界中で様々な研究が進められていることがわかり、海外で仕事をしてみたいと思うようになっていました。


大学院卒業後
大学院卒業後は研究を進めつつ、留学準備を始めました。全くの初めてのことばかりで英語も上手に話せないのでかなり不安で時間もかかってしまいましたが、留学先とのメールと電話のやりとりと、学会で会う約束をして研究についてディスカッションし、実現させることができました。


カナダ留学
2011年夏からカナダ・バンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学のポストドクトラルフェローとして留学することになりました。具体的には2つのラボの共同研究プロジェクトに参加し、バンクーバーのダウンタウンにあるSt.Paul's Hospital(UBC James Hogg Research Centre)と少し郊外のVancouver General Hospital (Lung Centre, Air Pollution Exposure Laboratory)を行き来して気管支喘息の臨床検体を用いた研究をしています。UBC James Hogg Research Centreは、James Hogg名誉教授のCOPD研究をはじめ、多くの研究者が心血管/呼吸器系疾患の研究を進めています。臨床検体を用いたユニークな研究も多く行われていて、ミーティングや抄読会の他にもセミナーや研究報告会や症例検討会が毎週あり、(英語漬けの環境でついていくのがやっとですが、)呼吸器の仕事をするには素晴らしい環境だと感じます。ラボの人たちもフレンドリーで和気あいあいとしています。研究留学だと臨床からは離れますしコトバのカベもあって不安に思うこともありますが、公私ともに様々な人たちと交流できいろいろなモノの考え方を身につけることができるのが留学のおもしろいところです。留学を通しての経験を今後に生かしていきたいと思います。

PageTop

HOMEへ戻る

PAGE TOP