先進医用画像診断学部門Division of Advanced Diagnostic Medical Imaging

ごあいさつMessage

当講座は令和元年に神戸大学とGEヘルスケア・ジャパン株式会社との共同研究講座として設立されました。

当講座の目標としては新規の診断法や撮影技術などの先端的研究およびイノベーション創出のための人材育成を掲げています。

放射線診断機器はまだまだ日進月歩の勢いで進歩しており、それを取り扱う放射線科医師や技師の育成は、今後の医療の発展に必要な課題です。当講座では医師のみならず技師の大学院生も受け入れて、学位の指導を行っていきます。また放射線科の講座のみならず、他の診療科の先生方とも積極的なコラボレーションを行っております。今後は、兵庫県下の病院や国内の協力大学・ナショナルセンターとも協力し、さらに研究を発展させていく予定です。

当講座の活動方針にご理解をいただき、みなさまにご協力頂けますと幸いです。また当講座の研究内容にご興味を持っていただいた方は、どうぞ、お気軽にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

令和3年2月
神戸大学大学院医学研究科内科系講座放射線診断分野
先進医用画像診断学部門
特命准教授 河野 淳

E-mail:edison71*med.kobe-u.ac.jp [*を@にかえて送信ください]

活動内容Activities

CT、MRI、核医学検査における新規技術開発

人工知能の医療への応用についての研究

当講座では現在、人工知能(AI; artificial intelligence)の開発研究を熱心に行っております。
ここでは、その研究実績の一部を紹介します。

耳下腺腫瘍のMRI画像から良悪性を鑑別するAI

IVR実施時にカテーテルの位置を自動認識するAI

当講座の取り組みInitiatives

当講座では、医学生や研修生にAIについてのレクチャーを行っております。

令和2年度 取組内容

令和2年度は、医学研究(以前の基礎配属実習)において、医学生の希望者に対して、放射線画像を用いたAI開発の実地研修を行いました。

研究テーマ
前立腺のMRIから癌を自動診断するAIの開発
実習内容
  • 前立腺癌の基礎(疫学など)
  • 前立腺癌のMRI(PI-RADS version2.1など)
  • AIの基礎
  • AIの作成
  • 研究倫理について
  • 統計について(ROC解析など)
その他取り組み
他大学の医学生・他施設の研修医などで、AIに興味を持っている人へのweb相談や見学受け入れ

スケジュールSchedule