神戸大学大学院医学研究科 内科学講座・循環器内科学分野

Kobe University Graduate School of Medicine / Division of Cardiovascular Medicine / Department of Internal Medicine

医師・医学生の皆様へ

不整脈グループ(不整脈先端治療部門、不整脈センター)

不整脈グループでは頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション(心房細動、心房粗動、心房頻拍、発作性上室性頻拍、心室頻拍、etc)、重症心不全患者に対する両心室ペースメーカー(CRTP/D)、心臓突然死予防のための埋め込み型除細動器(ICD)や徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療、デバイス感染に対するリード抜去術を担当しています。

大学院生は4年間でこれらに関する基礎知識と実技習得を目標に臨床業務にあたっています。また、大学院では学位論文作成が重要な目標となります。臨床業務を行う中から生まれた疑問を解決するべく、主に以下の臨床、基礎研究を積極的に行い、学会発表・論文作成に注力しています。

  1. 心臓MRIや最新のマッピングシステムを応用した難治性心房細動、心室頻拍に対するカテーテルアブレーションストラテジーの検討
    fig01_02


  2. 心臓3D CT画像を用いた難治性心室不整脈に対する安全な心外膜アプローチの探索

    fig03
  3. 心房細動カテーテルアブレーション治療中の冠攣縮性狭心症発症を検討した多施設共同研究
  4. 体外からの粒子線照射による新たな不整脈治療法確立のための動物モデルを用いた研究
  5. 兵庫心房細動ネットワーク(HAF-NET)のデータベースを用いた心房細動と認知症発症の研究
  6. 超音波検査を用いた心臓植え込みデバイスの安全性の高い植え込み方法の検討
  7. 心臓サルコイドーシス、心臓再同期療法を施行した患者の予後に関する多施設研究
  8. 小型心電計を用いた循環器疾患患者の新たな遠隔外来診療形態の提案
  9. 体外実験モデルを使用したカテーテルアブレーションによる焼灼巣と温度動態の検討

 

不整脈に興味のある先生方、もしくは不整脈は苦手だが勉強したい先生方、下記までご連絡下さい。
福沢 公二(特命准教授) E-mail

スタッフ

福沢 公二
特命准教授
木内 邦彦
特命助教
髙見 充
助教
中村 俊宏
大学院生
坂井 淳
大学院生
矢冨 敦亮
大学院生
園田 祐介
大学院生
髙原 宏之
大学院生
仲宗根 和孝
大学院生
山本 恭子
大学院生
鈴木 雄也
大学院生
谷 賢一
医員
岩井 秀浩
医員
中西 祐介
大学院生
松本 有実子
看護師
不整脈グループ2021

研究活動

ページのトップへ戻る