神戸大学大学院医学研究科 内科学講座・循環器内科学分野

Kobe University Graduate School of Medicine / Division of Cardiovascular Medicine / Department of Internal Medicine

医師・医学生の皆様へ

炎症免疫グループ

『腸から動脈硬化を予防する』という概念は、我々の研究グループが提唱した新規の概念です。 参考文献1-3)
特に、腸管免疫修飾により、制御性T細胞を誘導することで炎症性疾患を制御できるのではと考えています。発展させて、臨床で使用できる新たな機序の心血管病治療法の開発につなげていきたいと考えています。

fig01

さらに、腸管と免疫に着目した動脈硬化研究から発展して、『腸内細菌と循環器疾患の関連調査』 参考文献3-7) を行い、冠動脈疾患患者に特徴的な腸内細菌叢のタイプを同定しました 参考文献4)。 そして、動脈硬化を予防する腸内細菌を発見し 参考文献5)、新たな腸内細菌製剤の開発研究を進めています。
心不全・心房細動と腸内細菌の関係についても調査を行い、その一部を発表しました 参考文献6,7)が、さらに新たな知見が得られています。

fig02

また留学から帰国した江本先生が得意な『single cell RNA sequence』を研究に取り入れて、疾患特異的な炎症細胞の分類と同定を目指しています。新たな循環器疾患の病態での知見が得られ、新規治療法の開発につなげることができるように頑張ります。

循環器疾患を予防し、減少させるために一緒にがんばる仲間を募集しています。
興味のある人は、山下( E-mail)もしくは神戸大学循環器内科学分野( E-mail)に連絡してください。

スタッフ

山下 智也
准教授 →山下智也・履歴(PDF)
江本 拓央
医学研究員
吉田 尚史
医学研究員
斎藤 克寛
大学院生
井上 大志
心臓血管外科 特定助教
中島 瞳
研究員(企業研究者)
篠原 涼平
研究員(企業研究者)
佐久間 啓
医学部6年生
武田 進太郎
医学部4年生
 
 
共同研究
東京工業大学  京都大学農学部  神戸薬科大学
東京慈恵医科大学
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
国立研究開発法人 国立長寿研究センター
大学共同利用機関法人 国立遺伝学研究所
神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科・農学研究科
神戸大学大学院医学研究科 疫学分野 心臓血管外科 消化器内科 糖尿病内分泌内科
(株)Noster

留学中
 
笠原 和之
University of Wisconsin-Madison, Department of Bacteriology
溝口 泰司
Verve Therapeutics
林 友鴻
Washington University School of Medicine, Center for Cardiovascular Research

炎症免疫グループ2020

参考文献

  1. Sasaki N, Yamashita T, Takeda M, Shinohara M, Nakajima K, Tawa H, Usui T, Hirata K. Oral anti-CD3 antibody treatment induces regulatory T cells and inhibits the development of atherosclerosis in mice. Circulation. 2009; 120: 1996-2005.
  2. Takeda M, Yamashita T, Sasaki N, Nakajima K, Kita T, Shinohara M, Ishida T, Hirata K. Oral administration of an active vitamin D3 (calcitriol) decreases atherosclerosis in mice via inducing regulatory T cells and immature dendritic cells with tolerogenic function. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2010; 30: 2495-2503.
  3. Yamashita T, Kasahara K, Emoto T, Matsumoto T, Mizoguchi T, Kitano N, Sasaki N, Hirata K. Intestinal Immunity and Gut Microbiota as Therapeutic Targets for Preventing Atherosclerotic Cardiovascular Diseases. Circ J. 2015; 79: 1882-1890.
  4. Emoto T, Yamashita T, Sasaki N, Hirota Y, Hayashi T, So A, Kasahara K, Yodoi K, Matsumoto T, Mizoguchi T, Ogawa W, Hirata K. Analysis of gut microbiota in coronary artery disease patients - A possible link between gut microbiota and coronary artery disease - J Atheroscler Thromb. 2016 ; 23: 908-921.
  5. Yoshida N, Emoto T, Yamashita T, Watanabe H, Hayashi T, Tabata T, Hoshi N, Hatano N, Ozawa G, Sasaki N, Mizoguchi T, Amin HZ, Hirota Y, Ogawa W, Yamada T, Hirata K. Bacteroides vulgatus and Bacteroides dorei Reduce Gut Microbial Lipopolysaccharide Production and Inhibit Atherosclerosis. Circulation. 2018; 138: 2486-2498.
  6. Hayashi T, Yamashita T, Watanabe H, Kami K, Yoshida N, Tabata T, Emoto T, Sasaki N, Mizoguchi T, Irino Y, Toh R, Shinohara M, Okada Y, Ogawa W, Yamada T, Hirata K. Gut Microbiome and Plasma Microbiome-Related Metabolites in Patients With Decompensated and Compensated Heart Failure. Circ J. 2018; 83: 182-192.
  7. Tabata T, Yamashita T, Hosomi K, Park J, Hayashi T, Yoshida N, Saito Y, Fukuzawa K, Konishi K, Murakami H, Kawashima H, Mizuguchi K, Miyachi M, Kunisawa J, Hirata K. Gut microbial composition in patients with atrial fibrillation: effects of diet and drugs. Heart Vessels. 2021; 36: 105-14.

受賞歴

2021年

第85回日本循環器学会 Young Investigator's Award(基礎研究);吉田尚史
2021年度日本循環器学会 基礎研究助成;江本拓央

2020年

第84回日本循環器学会 Young Investigator's Award(臨床研究);吉田尚史

2019年

2019年度日本循環器学会 基礎研究助成;吉田尚史
第43回日本動脈硬化学会 若手研究者奨励賞;吉田尚史
神戸大学医学部優秀学術論文賞;吉田尚史

研究活動

ページのトップへ戻る