当科で扱う疾患

 当院では、小児外科の豊富な知識と技術をもつ小児外科専門医・指導医がこどもの手術を担当します。鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(でべそ)、停留精巣、副耳、乳児痔瘻(肛門周囲膿瘍)、胃食道逆流症の噴門形成術、胃瘻造設、気管切開、喉頭気管分離術、漏斗胸、肺嚢胞など、こども特有の外科的疾患を治療します。虫垂炎、腸重積、腸閉塞など緊急手術が必要な疾患にも対応します。生まれつきの病気をもつ新生児の手術も行います。
当院での診療実績はこちら

 また、手術だけでなく、手術を受けたからだの長期的なフォローアップを丁寧に行い、小児科の先生方と協力して外科的治療を受けたこどもさんの成長発達を支援しています。外科処置や手術をするだけでなく、手術適応についてのご相談にも応じます。お困りのことや相談がありましたら、当院小児外科外来を受診してください。

 <当科で扱う疾患リスト>
リンクをクリックすると各疾患の説明ページに飛びます。各疾患の説明のページは少しずつ充実させていく予定です。
・鼠径ヘルニア
・臍ヘルニア
停留精巣・移動性精巣
便秘症
・胃食道逆流症
・肥厚性幽門狭窄症
・腸重積
・急性虫垂炎
・胆嚢結石症
・甲状舌管嚢胞・側頸嚢胞
・声門下腔狭窄症
・嚢胞性肺疾患
・漏斗胸
・小児がん(神経芽腫、肝芽腫、Ewing肉腫、横紋筋肉腫など)