僕だけで 国際交流|研修・入局|神戸大学大学院医学研究科 内科系講座放射線診断学分野​

国際交流International exchange

国際交流International exchange

img01
若林 雄一Yuichi Wakabayashi

Hello! How are you?
どんなテンションでかけばいいかわかりませんが、これから留学を考えてる人がへーこんな感じなんやと興味をもてるようblog風に書こうかと思います。
自己紹介です。H21年卒で医師10年目の若林といいます。専門分野はneuroradiology(自信なし)で、2018年6月より3年予定でUSAのNational institute of Health(NIH)に留学(就職?)しています。研究室はProf. Robert Bob Innisのlab (MIB/NIMH)で働いています。主にneuroinflamationを対象とした新規のligandを猿、そして人(健常者、患者)に投与して、その動態を研究しています。対象疾患はうつ病などの精神疾患や認知症(主にアルツハイマー病)で分野としては脳の核医学になります。詳しくはgoogle先生で笑。

記念すべき第一回目なのでどんな感じで働いているかを書こうかと思います。NIHはたぶん東京ドーム何個分とかのとてつもない敷地です。地下鉄の駅をおりてからまず入館チェック(空港みたいな感じ30分ならぶこともはじめの一ヵ月ほどだけ)をうけて、歩いて約10分ちょいかけてようやく研究室(Building 10通称ビル10NIHのメイン施設)に到着します。僕の職場は2つの研究室が混在している広めな部屋です。ぼくとおなじPost-doc(主にアメリカ外出身)が5人、大学卒業したての若いPos-Bac(主にアメリカ人)が5人います。今はインド人の同僚と2人の相部屋で和気あいあいと楽しく働いています。大学院時代は11C-PiBを使ってのアルツハイマー病(AD)の研究をしていたので仕事の概念は近いのですが、やることは正直まったく違います。はじめて使うとても高い難解な解析ソフト(PMOD)を同僚に英語で聞きながら英語の説明書や文献をしらべながら使う日々で不安いっぱいです笑。

img02

今のところのUSAの感想は、まぁ楽しいです。なんせ文化がめちゃくちゃ違います。海外旅行と住むのでは見え方も感じ方もまったく違います。食事、英語を心配していましたがやはりその通りでした。個人的に食事が一番きついです。。それなりに都会にすんでおり、飲食店やおいしい日本食レストランもまぁまぁあるのですがなんせ高い。ラーメンまぁまぁの店もあるんですが、高いです涙(1杯1500円以上)。病院の食堂もうまくないし、高い涙。日本みたいに気軽に一人でさくって1000円で外食みたいな文化は皆無です。なんせ大したサービスないのにチップ払わなければいけないのが本当に財布にも精神的にもきつい!自炊もスーパー結構高いんですね。。いまは家族もきたのでましですが、単身だと食事は大変だと思います。(*単身の場合は彼氏彼女つくってください笑。NIHの他のラボの日本人の先生でこちらにきてから結婚された方もいます笑)

英語ですが、ぼくは半年間net英会話でそれなりに特訓していましたが、まぁきついです。特に黒人の英語、若いアメリカ人の英語、電話がなかなか難しいです。ぼく以外のPost-docはインド人、韓国人、中国人いますがみんな普通にはなして理解しています。僕だけですね、うちのラボで話せないの。こっちにきて本当に日本人は英語だめだなと思います。仕事よくがんばって謙虚で礼儀も正しい・・・ただ話せない。本当に英語話せないだけでかなりのdisadvantageがあります。ただ英語は個人の資質でどうにかなると思われます。ぼくは英語だけは絶対しゃべれるようになりたいし、現地人になるんやぐらいのテンションで来たのでとりあえずしゃべりまくっています。ほぼ毎日の同僚とのランチでも片言のぼくが一番話しています笑。お前日本人ぽくないなといつも言われます笑。まぁみんななんとなくわかってくれます。ただ、やはり疲れます笑。一人でそっとしといてほしい時もありますし、家かえるとなんともいえない疲労感はあります。集中力すごい使います。日本人はカタカナのせいなのかアクセントがおかしいからそこがどうやら他外国人とちがって伝わりにくいみたいです。Thの発音とか日本人気にしますがそんなどころの問題ではないと思われます笑。はやく話せるようになりたいなと思いますが、まぁなかなか難しいです。

なんか悪いことばっかりかいてる気もしますが、いいこともいっぱいあります!NIHのいいところはNIH自体に日本人の先生もたくさんいますし、Washington DCの近くなので他の職業の日本人の方もたくさんいて日本人コミュニティーなんかもあります。日本にいる頃はあまり思わなかったですが、いろんな人と出会って話していろんなことを吸収できるの楽しいなーと思います。あとアメリカは日本のように仕事至上主義ではないですし、いろんなことを考えてする時間もあります。これは最大の利点ですね。物質的には日本の方が便利で豊かですが、生きるということに関しての豊かさや実感はアメリカの方が上な気がします。アメリカのほうがNYなどを除いて田舎だからかな?日本のように閉塞感はあまり感じません。そしてなによりこの年齢になって異文化でチャレンジできるということはとても貴重な経験だと思います。できないことができるようになるのってなにより楽しいですからね。
とまぁとりとめのない感じになりましたが、なんとか生きています笑。よくわからない感想文になりましたが、また今後も更新しますのでよろしくお願いします。
Have a nice day!

ご質問、見学希望については
下記フォームよりお問い合わせください。

【 見学について 】
原則として月曜日から金曜日までの9時~17時の間は対応可能です。
ただし、急患や学会などの都合により見学できないことが生じ得ますので、見学希望日の2週間前までに、郵便、電話、ファックス、e-mailなどの手段で連絡を取ってください。