部門Department

部門Department

放射線診断学Radiology diagnosis

医療における各種診断機器、手技の進歩は著しく、診療科別、臓器別の専門を超えた横断的な知識が必要となります。神戸大学放射線診断学部門では、この要請に応える専門科として、X線写真、CT、MRI、RI、PET/CT、PET/MRなどの最新の診断機器を用い、癌をはじめとする各種疾患の画像診断を行っています。
主治医からの検査依頼に基づき、担当放射線科医が病態に沿った適切な撮像法を考え検査を行います。得られた画像をくまなく観察し、異常所見等を抽出し、的確な診断をつけて主治医に返答することが放射線診断医の主たる役割です。また、緊急を要する疾患、新たに悪性腫瘍等が見られた場合には、診断レポートの見落としがないよう依頼した主治医に検査結果が伝わる工夫もしています。

研究面ではDual-Energy CT, 3 Tesla MRI, PET/MRI一体型装置に加え、最新の撮影法や造影剤を用いて、より質の高い画像の描出や新たな画像診断法の開発を行っています。また、逐次近似応用再構成を使用した被ばく低減や、低管電圧を使用した造影剤量低減に努めるなど、患者さんに真に寄与する画像診断を目指しています。

核医学

核医学検査は、中枢神経系、呼吸器、消化器、泌尿生殖器、循環器、骨軟部・関節、内分泌臓器、血液・造血器などさまざまな臓器の機能や異常を画像化、測定することができ、腫瘍の検出も可能な検査法です。半減期の短い放射性同位元素で印を付けた(標識した)薬剤を投与し撮像することで、身体の負担が少なく(非侵襲的)に臓器の機能測定を行い、X線写真、CT、MRIなどの形態画像では指摘しがたい情報をもたらし、診断に寄与します。最近では、ポジトロン断層画像法(ポジトロン・エミッション・トモグラフィ=PET)が注目を浴びています。

神戸大学放射線科 核医学・PETグループは、一般核医学やPET検査を行い、CTやMRI、超音波検査、内視鏡検査などの検査所見と合わせた総合的な診断を行っています。核医学検査やPETでは用いられる薬剤が変われば、得られる情報も異なります。各々の薬剤には当然ながら利点、欠点があり(どのような検査でもそうですが)限界もあるため、それらの特色を臨床で活かすことができるようにしています。

臨床のPETでは、ブドウ糖に似た18F-フルオロデオキシグルコース(18F-FDG)というPET用薬剤が最も用いられます。また大学病院内では他のモダリティと合わせて経験することで画像診断上のPETの真の重要性を理解することができます。神戸大学放射線科には、PETの読影にも習熟した放射線科医が増えており、CTやMRIなど他の診断モダリティに加えて、FDG-PETでの集積、また他の一般核医学検査の特徴なども知ることができる点で初期研修や後期研修、そして将来 放射線科専門医、核医学専門医やPET核医学認定医など資格を得るための研修にも最適な場と言えるでしょう。

神戸大学医学部附属病院にはPET/CT装置に加え、まだ国内に10台程度しか稼働していないPET/MR一体型装置を配備しており、PETとMRIの同時収集による新しい画像診断の臨床や研究を行う事が出来ます。

機能・画像診断学Function / Diagnostic imaging

呼吸器/ 機能・画像診断研究グループは初代 楢林和之名誉教授より続く当科でも長い歴史を持つ研究グループです。かつて在籍された先輩方は国立がんセンター中央病院 楠本昌彦 放射線診断科長、兵庫県立がんセンター 竹中大祐放射線診断科長や静岡県立がんセンター 遠藤正浩 画像診断科部長など著名な先生方を中心に京阪神で主要な病院や医師会などで活躍されている多くの先生方がおられ、定期的に同窓会などを開催し親睦を深めながら、それぞれの立場で医療に貢献するとともに、様々な及び研究協力を行っています。

現在の呼吸器グループは機能・画像診断学部門の大野特命教授の指導のもと、胸部放射線診断学領域のみならず、1)CT、MRIおよび核医学などの最新画像診断の臨床応用研究および医用機器開発、2)体幹部領域における新たな機能および代謝診断法の開発と臨床応用研究や3)医用画像工学などのコンピュータ支援診断装置などの人工知能開発および臨床応用研究などの幅広い領域で産学連携研究、国内外多施設共同研究などを行うとともに、研究成果を日本医学放射線学会などの国内学会や北米放射線学会(RSNA)、欧州放射線学会(ECR)および国際磁気共鳴医学会(ISMRM)などを通じて「神戸発世界への最先端放射線診断学の発信」を行っております。

更にペンシルバニア大学、ハーバード大学、ハイデルベルグ大学、(国立ソウル大学などとの共同研究を積極的に行うとともに、大学院卒業後の海外留学も積極的に行っています。また、国内外からも研究生や留学生を受け入れています。

あわせて、外来診療や読影および胸部領域のIVRなどを含めた日常業務を通じて、教育を行うとともに、臨床に直結した研究を行うなどの、様々な研鑽がつめるのが本グループの特徴です。

主な研究内容
  1. 最新放射線診療機器の開発および臨床応用に関する研究
  2. 最新放射線診療機器による体幹部の新たな機能・代謝診断法の開発と臨床応用研究
  3. コンピュータ支援診断などの人工知能を含めた医用画像工学研究

IVRInterventional radiology

インターベンショナル・ラジオロジー(Interventional Radiology=IVR)は、放射線診断機器を用いた治療という意味ですが、「血管内治療」、「血管内手術」、「画像ガイド下治療」などの低侵襲治療を意味します。4人に1人が65歳以上という超高齢化社会を迎えた我が国において、患者さんに対する負担の少ない治療法であるIVRの必要性はますます高まっています。
当科では年間1000件を超える豊富な症例数を誇っており、肝細胞癌に対する選択的動注化学塞栓療法(TACE)、閉塞性動脈硬化症に対する血管形成術(PTA)や内臓動脈瘤に対する塞栓術など様々な領域のIVRを積極的に施行しています。また、大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術や産科手術の出血量制御のためのバルーン留置術など、外科手術の必要な手技や手術支援のための手技については、血管造影装置を有する手術室(ハイブリッド手術室)にて行われており、より高度で複雑な手技を必要とする症例にも対応できるようになりました。交通外傷や周産期出血、大動脈瘤破裂などの救急疾患に関しても、24時間365日体制で対応し、治療にあたっています。また、常に他科と良好な連携を保っており、関連各科と共同で施行している手技も多く、心臓血管外科や消化器内科・外科とはIVRカンファレンスを定期的に開催し、症例検討を行っています。その他、JCOG(日本臨床研究グループ)やJIVROSG(日本腫瘍IVR研究グループ)といった全国規模で施行されている多施設共同の臨床試験への参加に加え、当科が主導する臨床試験も複数行われており、より優れた治療法の開発や標準化に貢献しています。

現在、IVR専門医を有するスタッフは7名おり、複数のスタッフが胸部・腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医を有しています。また、救急科や血管外科などの他科の医師の研修や海外からの留学生も積極的に受け入れる一方で、スタッフの多くが海外留学を経験しており、海外で知見を広めることを積極的に推奨しています。
IVRに興味を持つ「我こそは」と思っている医学生や研修医・専攻医の皆さんに是非、神戸大学のIVRグループに加わっていただければと思っています。

2013 2014 2015 2016 2017
腹部 肝TACE・TAI 337 358 321 263 224
造影のみ 90 93 118 117 101
BRTO 23 11 25 14 5
PHIP 20 15 19 20 4
TAE(肝以外) 6 7 3 11 6
TIPS 1 0 1 0 0
肝RFA 13 23 13 13 23
動注リザーバー 1 0 0 1 0
止血術 55 56 50 62 75
その他 10 10 7 19 22
2013 2014 2015 2016 2017
血管系 PTA・OTA 37 48 56 53 52
その他 2 0 0 0 3
胸部大動脈SG 28 26 32 44 42
腹部大動脈SG 56 68 88 69 61
末梢動脈SG 7 2 6 6 3
血栓除去・溶解術 16 11 16 27 22
塞栓術 43 36 33 28 32
造影のみ 23 13 11 11 12
透析シャントPTA 53 43 46 38 38
2013 2014 2015 2016 2017
その他 PICC・CVC 205 193 281 382 560
Filter留置・抜去 16 9 7 2 5
TAE・TAI 4 1 19 2 12
その他 6 1 2 10 12
血栓溶解術 0 3 0 1 0
整脈採血 18 14 30 28 1
頭頸部 TAE・TAI 47 47 35 19 50
造影 4 6
非血管 生検 87 78 59 70 52
ドレナージ 45 34 56
その他(うちPVP) 22 20 19(7)
Hybrid OR 174件

Hybrid OR 174件