開講コース

周産期医療コース周産期医療コース

産科医療に求められる普遍的理念である(1)母児の安全性確保 (2)妊産褥婦の安心と主体的な満足を実現できる医療サービスの提供 を県域全体の地域で実践するためには、産婦人科医師との協働がさらに推進されることが必要である。

達成目標達成目標

  • 助産師が産科学ならびに助産学に関するより高度な知識と技量を習得する。
    薬剤師が妊娠中ならびに授乳中の薬剤内服についてより高度な知識と技量を習得する。

カリキュラム概要カリキュラム概要

周産期医療コースでは2つのサブコースを設定した。

ハイリスク妊娠管理エキスパート助産師育成コース
妊婦・授乳婦薬物治療エキスパート薬剤師育成コース

カリキュラム上で5つの課題を設定し、それぞれに関する講義ならびに実習を設定した。
ハイリスク妊娠管理エキスパート助産師育成コース内容を下記に示す。
妊婦・授乳婦薬物治療エキスパート薬剤師育成コースについては、産科的講義と実習の他に、妊娠中の薬物投与に関する講義と実習、妊娠と薬外来の見学を計画している。

課題1 母体合併症の病態と治療
【 到達目標 】
  • 1.正常ならびに病的妊産褥婦に対する医師の説明を補足できる。
  • 2.正常ならびに病的妊産褥婦に対して、予防や治療に必要な生活上の注意を的確に指導することができる。
【 講義 】
日本における母子保健の歴史と現状 / 腹式帝王切開術術式について / 妊娠高血圧症候群について /
子宮動脈塞栓術の適応と効果(産褥出血への対処法)
【 実習 】
帝王切開術見学 / 妊婦健診外来見学 / 患者受け持ち
課題2 胎児診断の理論と実際
【 到達目標 】
  • 1.正常妊産婦において、胎児の計測ができ、胎児心拍モニタリングを正しく解読することができる。
  • 2.胎児異常を持つ妊婦に対する医師の説明を補足できる。
【 講義 】
羊水穿刺・絨毛採取法 / 母子感染症について / エコーを用いた胎児診断の基礎 /
胎児心拍モニタリング解読の基礎
【 実習 】
超音波ファントムを用いた胎児エコー計測 / 協力妊婦に対する胎児エコー計測 /
胎児精密エコー外来見学 / 異常胎児エコー診断見学 / 胎児心拍モニタリング実波形を用いた解読 /
胎児心拍モニタリング症例集を用いた解読 / 羊水穿刺・絨毛採取法見学
課題3 病的新生児の扱い方
【 到達目標 】
  • 1.新生児仮死に対応できる。
  • 2.新生児期の異常を早期に発見できる。
【 講義 】
新生児蘇生講義 / ハイリスク新生児の取扱い
【 実習 】
ファントムを用いた新生児蘇生手技
課題4 助産指導の理論と実際
【 到達目標 】
より科学的な助産指導を行える。
【 講義 】
周産期の安全と質の保証 / 大学病院周産期センターの助産師の役割(管理面・倫理的側面を中心として)/
大学病院周産期センターの助産師の役割(ハイリスク妊娠を中心として)
【 実習 】
助産外来見学と担当 / 乳房外来見学と担当 /
周産期医療安全・安心研究会出席(保健学研究科 齋藤いずみ教授主宰、平成22年度11月生以降):神戸地区の勤務、開業、教職それぞれ異なった立場に勤務する助産師が意見を交換する会
課題5 医学的診断プロセス
【 到達目標 】
医学的診断はどのようなプロセスを経ているかを述べることができる。
【 講義 】
医学的エビデンスについて(統計処理なども含む)
【 実習 】
婦人科外来見学 / 当直実習(産婦人科当直医と共に行動して、時間外診療を見学)/
附属病院産科婦人科における各種症例検討会出席