開講コース

感染症医療コース感染症医療コース

標準予防策、感染経路別予防策を中心とした近代的な感染制御学に基づいた実践的知識・技術が実施でき、ICTの中心的構成員として第一線で活躍し、院内での教育・啓発活動も実践できるよう養成する。
感染症医療コース受講者全員が、院内感染対策に関するupdateされたエビデンスを共通講義で修得し、現在の問題点を十分に理解し、ディスカッションを通じて内容を深める。

達成目標達成目標

  • 1.感染制御(主に医療関連感染の防止)の基本的知識を説明できる。
  • 2.臨床検査技師:微生物学情報から院内の耐性菌の分離状況やアウトブレイクの有無を第一に把握でき、その情報をICT内で共有できる。
  • 3.薬剤師:感染症に対する抗菌化学療法薬の治療投与および予防投与の両面において、その適切な選択を集学的知識に基づいて医師に提案でき、血中濃度モニタリングなどを遂行できる。
  • 4.内視鏡担当メディカルスタッフ:院内で使用頻度が高い内視鏡類に関し、その洗浄、滅菌をはじめ精緻な光学的知識に基づいた管理を実践できる。

カリキュラム概要カリキュラム概要

感染症医療コースでは3つのサブコースを設定した。

カリキュラムの内容は、各育成コースの専門性を重視したうえで構築されているが、感染症医療分野において特に習得すべき講義や実習は、
コース共通で受講できるようにしている。
各育成コースの共通講義・共通実習の内容は、下記のとおりである。

■ 各コース共通講義
標準予防策・感染経路別予防策 / 洗浄・消毒・滅菌 / 新興・再興感染症と感染症関連法規 / 職業感染予防対策
■ 各コース共通実習
細菌染色・培養・薬剤感受性検査 / 各コース別カリキュラムと目標、個別講義

以下は、各サブコースの詳細である。

感染制御エキスパート臨床検査技師育成コース

病院感染のアウトブレイク等の情報発信源は検査部の微生物学検査室にある。
感染制御エキスパート臨床検査技師はその自覚のもと、つねにICTとの連絡を密にして多剤耐性菌の分離状況の報告、アウトブレイクが疑われた際においては、菌の相同性、薬剤感受性のパターン(アンチバイオグラム)を検討することをさらに習得する。
臨床微生物学の知識・技術を深め、薬剤耐性菌の検出、疫学調査、検出菌サーベイランスを各職種の医療従事者と協調して、遂行する。

【 到達目標 】
  • 1.臨床微生物学の基礎知識を説明できる。
  • 2.薬剤耐性菌を的確に検出できる。
  • 3.薬剤耐性菌の疫学調査ができる。
  • 4.検出菌サーベイランス(Laboratory Based Surveillance)が実践できる。
【 講義 】
教育方法・プレゼンテーション / 耐性菌の判定 遺伝子検査 / 院内監視が必要な耐性菌
感染制御エキスパート薬剤師育成コース

新規抗菌薬の開発が進まない日本の現状において、市販の薬剤の耐性率を増やすことなく、適切に使用することが強く求められている。その点において、薬剤の情報に最も明るい薬剤師が、院内使用抗菌薬のあり方にチェックをかけるシステムを構築することが求められている。その作業も、ICTの一員としての薬剤師に課せられた重要な業務の一環である。院内での抗菌薬の使用状況が適切であるかどうかのチェックを関係部署と協力し合い、より適切な介入がかけられるようにする。

【 到達目標 】
  • 1.担当医師、看護師、臨床検査技師らと協力して院内感染症対策を遂行できる。
  • 2.TDMに関する基本的な知識、技術を実施できる。
  • 3.感染症・抗菌薬に関する基本知識を説明できる。
【 講義 】
抗菌薬の基本的使用法薬物動態計画(PK/PD)TDMの実際
内視鏡感染制御エキスパート看護師・コメディカル育成コース

消化管内視鏡検査をはじめとして、各種の内視鏡が用いられているが、これらを適切に洗浄して消毒し、感染伝播が起きないようにすることは重要な業務である。
そのエキスパートとして業務を担う看護師あるいは臨床工学技士が、正しい技術を身につけ、自施設でのルーチンの業務として確立するためのコースである。
内視鏡類の正しい洗浄・消毒・滅菌の技術を習得し、チーム医療の中でいかにして円滑な業務が遂行できるかを演習する。

【 到達目標 】
  • 1.内視鏡の感染管理に必要な基礎知識・技術・手技を実践できる。
  • 2.内視鏡の感染管理上の問題点を意識した洗浄・消毒・滅菌を実施できる。
  • 3.コースで修得した感染管理の方法を自施設でプレゼンテーションできる。
【 講義 】
内視鏡システム取り扱い及び感染対策 内視鏡ガイドライン消毒剤 / スコープ一次洗浄方法論 / 処置具一次洗浄方法論 /
生物学的発光法 / 自動洗浄消毒装置の取り扱い及び感染対策
感染対策地域支援研修(1日コース)

感染管理におけるキーパーソンとなる人材の育成を目的とし、感染の予防対策や管理、感染症の発生状況の検査、サーベイランスなどの規則的知識、技術を身につけることを目標とする。

【 到達目標 】
  • 1.感染管理に重要な標準予防策、経路別予防策が理解できる
  • 2.耐性菌の種類や特徴を説明できる。
  • 3.感染症の種類や診断に必要な検体の採取や補助が適切にできる。
  • 4.自施設の感染管理上の問題点に気付くことができる