神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

プログラムの流れ既成概念を打ち破る三位一体改革

学部教育×大学院×卒後研究ポスト

  • 学部教育に於けるシームレスな医学研究教育の実施
  • 卒後2年間の臨床研修
  • 大学院・基礎医学研究医育成特別コースに於いて学位の取得
  • 大学院卒業後、基礎臨床融合教員として基礎講座で研究、大学病院で臨床業務を行う。
  • 新医学研究コース
  • 基礎配属
  • 医学研究
  • MD-PhD コース
  • 学部臨床教育
  • 基礎系教員
  • 医学研究
  • 卒後臨床研修
  • 基礎臨床融合教員
  • 卒後臨床研修

※1 5年次での博士課程入学可
※2 医学部休学

新医学研究コース
大学入学初期より基礎医学研究に触れ、早くから生命科学に親しむことを目的として開講されました。入学後1年間実施する選択科目で、空き時間を利用し、医学研究室を学生に開放し、研究室研修を行い、実際に研究(実験)やセミナーに参加し、研究成果を挙げる事を目的としています。
基礎配属実習
基礎配属実習1は、2年次後期の最初の4週間(10月第1週目から4週間)を学生全員が履修します。その後、基礎配属実習2(プレコース)(選択科目)を希望する学生は、基礎配属実習1終了から2年次末まで継続して研究することが可能です。
医学研究
基礎配属実習に引き続いて、長期にわたって研究を行うことを希望する学生を対象として、 3年次、4年次、5年次にそれぞれ医学研究(1)、医学研究(2)、医学研究(3)の3科目を選択科目とします。この科目は、学生の希望に基づいて基礎系、臨床系を問わず各研究分野に配属し、高いレベルの医学研究に従事するものです。
MD-PhD コース
4年次か5年次で医学部医学科を一旦休学して、飛び入学で大院博士課程へ進み、若い時期での学位取得を可能にします。
早期に研究を開始し、医学医療の急速な進歩や社会的要請に対応できる医学研究者を育成することを目的としたコースです。
卒後臨床研修
医学部を卒業後、大学附属病院にて初期臨床研修を2年間行います。大学院・基礎医学研究医育成特別コースにおいては、1年目は臨床研修を集中して受け、2年目は大学院で研究しながら臨床研修を受けます。
大学院・基礎医学研究医育成特別コース
学部教育・大学院教育・卒後臨床研修をスムーズに融合・接続し、医学研究への志向性が高い者に対して、学位取得と卒後臨床研修の両立を可能にします。具体的には、学部卒業後早期に大学院へ進学し研究を開始することで医学医療の急速な進歩や社会的要請に対応できる医学研究者を育成し、かつ、本研究科指導教員と附属病院総合臨床教育センターとの連携により、充実した初期臨床研修を行います。
基礎臨床融合教員
大学院修了後に基礎分野での研究活動と臨床活動を合わせ行う学術推進研究員や基礎臨床融合特命助教として、基礎医学系分野で研究を続けるとともに本学附属病院で臨床活動を行います。

先輩インタビュー

塚本修一
塚本 修一
分子生物学
4年生
インタビューへ
小牧遼平
小牧 遼平
神戸大学医学部医学科
平成25年度卒業生
インタビューへ
佐藤 駿介
佐藤 駿介
神経生理学
平成27年度卒業生
インタビューへ
白根璃沙子
白根 璃沙子
臨床ウイルス学
平成28年度卒業生
インタビューへ
中澤 晋作
中澤 晋作
臨床ウイルス学
平成28年度卒業生
インタビューへ