神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

分子生物学4年生塚本 修一「臨床にも基礎医学の研究が活かせている実感があります」

※専攻・学年は取材時のものです。

写真:塚本 修一

Q.いつ頃から医学研究コースを履修しようと考え始めたのですか?
またそのきっかけは何ですか?
元々、基礎医学研究の道へと進むため (現在は病理診断学や法医学にも興味あり) に医学科に入学したので、基礎配属実習以降も研究室に残ろうと、初めから考えていました。「三回生以降も研究室に通う」ことが医学研究コースなので、自ずと履修することになった、という経緯です。
Q.この分野を選んだ理由は?
大学入学当初、私はがんの生物学や、その新しい治療法の開発に興味を持っていました。数ある研究室の中で、特に分子生物学分野の研究内容が私の興味と合致していて、「ここだ。」と思ったのです。一回生の新医学研究コース、二回生の基礎配属実習で分子生物学分野を選択し、引き続き医学研究コースでもお世話になっています。

写真:塚本 修一

Q.このプログラムの魅力は何ですか?
まず何より、学部学生のうちから本格的な基礎研究に携われることです。いざ実験を始めてみると、その大変さがよくわかると思います。実験計画の作成、背景知識の学習、本番の実験、その考察・・・ こういった作業を、比較的時間に余裕がある学部学生時代に経験しておくことは、将来研究を行うことになった時、きっと大きな貯金として帰ってくるでしょう。実験は大変ですが、その分よい結果が得られた時の喜びは大きいですし、「自分が今、この事実を世界で初めて明らかにしたんだ」というわくわく感は格別です。
もう一つは、定期的に学生の研修会を行っていることです。他の分野で研究をしている学生の発表を聴いたり、互いに話をすることで、よい刺激を受けますし、研究について深く考えることができます。
Q.現在の取り組み、今後の取り組みを教えて下さい。
がん遺伝子産物Rasの「『細胞内での』立体構造と機能の関連」を、核磁気共鳴法(nuclear magnetic resonance ;NMR) で解析する実験系を作成しています。今後はその系を用いて、本格的なNMR解析を行いたいと思います。

写真:塚本 修一

Q.このプログラムに参加し、得たことがあなたの将来にどのように活かされると思いますか?
一つは上で述べた通り、本プログラムでの研究の経験が役立ち、実験に早く順応出来る様になると思います。また、研修会での学生や先生方との交流を通じて、研究との向き合い方を早くから考えておくことで、将来大きな選択を迫られた時に、後悔しない決断をする手助けになると思います。
もう一つは、日頃の生活も含めてのことですが、論理的に考えること、時間を有効に使うこと、そして物事に粘り強く取り組むことのよい訓練になると思います。
Q.これから履修を考えている学生へ一言
基礎研究に興味がある方、履修してみてください。そのまま研究の虜になるかもしれません。ひょっとしたら、研究の大変さに心が折れかけるかもしれない。でも、それすらも一つの大切な経験だと思います (私も何度か折れかけました)。研究に少しでも興味があるなら、履修してまず損はないでしょう。
研究に進むか臨床に進むか迷っている方、或いは臨床に進むと決めている方、履修してみてください。基礎医学の先生方の中には、学生時代は臨床に進むと決めていたものの、医師として働き始めてから研究に興味を持ち、研究の世界に入った方がたくさんおられます。そう、あなたも何時、何処で「研究してみたい」という思いに駆られるかわかりません。学部時代に研究の基礎を学んでおけば、将来臨床をしながら研究をする際も幾分楽になるでしょうし、ひょっとしたら、これまではなかった研究への興味が、突然芽生えるかもしれません。
結局どんな人でも、早くから研究を経験しておく価値は大いにあります。一人でも多くの学生さんが、医学研究コースの仲間になってくれることを楽しみにしています。