神戸大学医学部附属病院

WELCOME TO KOBE UNIV.HOSPITAL
DEPARTMENT OF GENERAL INTERNAL MEDICINE

お知らせ

◆第14回神戸内科塾 9月15日(木)19:00~開催いたします。
◆e熱血総合内科塾8月25日(木)17:30~開催いたします。
◆第13回神戸内科塾 スライドはこちら7月21日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆e熱血総合内科塾7月28日(木)17:30~開催いたします。
◆第13回神戸内科塾 7月21日(木)19:00~開催いたします。
◆第13回神戸GIMET スライドはこちら6月16日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆e熱血総合内科塾6月23日(木)17:30~開催いたします。
◆第13回神戸GIMET6月16日(木)19:00~開催いたします。
◆第12回神戸GIMET スライドはこちら5月19日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆第12回神戸GIMET5月19日(木)19:00~開催いたします。
◆Kobe Master Class for GIM in Spring スライドはこちら4月21日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆e熱血総合内科塾4月28日(木)17:30~開催いたします。
◆Kobe Master Class for GIM in Spring 4月21日(木)19:00~開催いたします。
◆第12回神戸内科塾 スライドはこちら3月17日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆第12回神戸内科塾 3月17日(木)19:00~開催いたします。
◆第11回神戸内科塾 スライドはこちら2月17日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆e熱血総合内科塾2月24日(木)17:30~開催いたします。
◆第11回神戸内科塾 2月17日(木)19:00~開催いたします。
◆Kobe Master Class for GIM 2022 Winter スライドはこちら1月20日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆Kobe Master Class for GIM 2022 Winter1月20日(木)19:00~開催いたします。
◆第11回神戸GIMET スライドはこちら12月16日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆e熱血総合内科塾12月23日(木)17:30~開催いたします。
◆第10回神戸GIMET スライドはこちら11月18日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆第11回神戸GIMET12月16日(木)19:00~開催いたします。
◆e熱血総合内科塾11月25日(木)17:30~開催いたします。
 
◆第10回神戸GIMET 11月18日(木)19:00~開催いたします。
◆Kobe Master Class for GIM 2021 Autumnスライドはこちら10月21日(木)ご参加頂き有難うございました。
 
◆e熱血総合内科塾10月28日(木)17:30~開催いたします。
◆第10回神戸内科塾 スライドはこちら9月16日(木)ご参加頂き有難うございました。
 
◆e熱血総合内科塾9月30日(木)17:30~開催いたします。
◆第10回神戸内科塾9月16日(木)19:00~開催いたします。
 
◆Kobe Master Class for GIM 2021 Summerスライドはこちら7月15日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆e熱血総合内科塾7月29日(木)17:30~開催いたします。
 
◆Kobe Master Class for GIM 2021 Summer 7月15日(木)19:35~開催いたします。★開催時刻変更しました。
◆第9回神戸内科塾 スライドはこちら6月17日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆第9回神戸GIMET スライドはこちら5月20日(木)ご参加頂き有難うございました。
◆e熱血総合内科塾6月24日(木)17:30~開催いたします。
   
◆第9回神戸内科塾 6月17日(木)19:00~開催いたします。
    
◆第8回神戸内科塾 スライドはこちら4月15日(木)ご参加頂き有難うございました。
 

私たちの目指す総合内科は「PPAP」

P : Professional医師としてプロフェッショナルであるべきで、更に診断・診察のスペシャリストであるべき
P : Passion患者のため、医療のため、社会のためをモットーに「教育」「診療」「追及」する情熱
A : AssortmentGeneralist as Specialist、Specialist as Generalistなど様々な得意分野を持った、人と繋がることができるH型医師の集まり
P : Physician-Scientist研究医であるべき、Physicianの視点で疑問提起し、Scientisitとして疑問解決のために研究することは医師の原点

医師・学生へのお知らせ