チェアマンの挨拶

ホーム > チェアマンの挨拶

外科学講座チェアマン 福本 巧

神戸大学大学院 外科学講座のホームページをご覧いただきありがとうございます。
2019年4月1日付けで外科学講座のチェアマンを拝命いたしました肝胆膵外科学分野の福本巧です。外科学講座を代表し、皆様に一言ご挨拶申し上げます。 神戸大学の外科学講座は他大学に先駆けて平成19年4月にそれまでの第一外科、第二外科が臓器診療科別に再編され、大講座制に移行しました。現在、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、食道胃腸外科、乳腺内分泌外科、肝胆膵外科の6分野に加えて、神戸大学の第二附属病院である国際がん医療・研究センター病院で主に外科的診療を行っている国際がん医療・研究推進学、兵庫県と連携して低侵襲外科の県下への普及を行っている低侵襲外科学が加わり、8分野が機能的に診療・研究・教育活動を行っています。

外科学講座再編の目的は第一外科、第二外科の専門領域の重複を排除し、専門性を高め、患者様に分かりやい、安全で質の高い外科診療を提供することでしたが、再編後12年が経過し、当初の目的以外にも望ましい変化が生じています。その最も重要な変化は外科学講座内の風通しが格段に良くなったことです。神戸大学の外科学講座では月に一度、講座会議を開催し、外科学講座の諸問題を話し会っていますが、それ以外にいつでも相談できる環境が構築されています。この講座の空気感がとても重要だと考えています。今やこの空気感が関連施設にも伝わり、関連施設の臓器別診療体制も非常に良好に機能しています。また外科学講座の親睦会である同門会も完全に一つに纏まりました。

私は、神戸大学は外科学講座改革に最も成功した大学の一つであると確信しています。第二の変化は教育体制の充実です。外科研修の重要な里標はSubspecialtyと呼ばれる専門分野、例えば消化器外科や心臓血管外科などの専門医資格の取得ですが、その前提として日本外科学会の外科専門医の資格が必要となります。大講座制となったことで専門医取得に必要な症例の経験、取得が関連病院を含めて一体的に可能となっています。

さらに早期体験学習として医学部学生、初期研修医を対象としたハンズオンセミナーや外科専攻医、若手外科医のOff the Job Training として大動物を用いた腹腔鏡トレーニングなどを定期的に開催し、効率的な外科研修を可能としています。第三の変化は外科専門領域選択の自由度の向上です。今まで外科医の専門分野は2年間の初期研修終了時に決定していましたが現在は専攻医として3年間を過ごし、卒後5年目終了時まで選択可能となっています。実際にはその後に変更することも問題ありません。

在の神戸大学の外科学講座は他大学に先駆けて実施した再編の成果もあり、非常に順調な歩みを続けています。2018年度は再編前に比較し、手術症例数は倍以上に増加し、また神戸大学関連の外科専門医プログラムには26人の登録者がありました。しかし外科医志望者の減少、不透明な専門医制度、働き方改革の完全実施、国の財政状況の悪化、高齢化社会の進行など外科を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。医療に投入できる資源には限りがあり、国民の医療ニーズの増大に対応し、質の高い外科医療を提供するには、無駄の削除、効率化ともに法改正を伴うチーム医療の推進、女性外科医の劇的登用、就業支援などパラダイムシフトを伴う持続的な外科診療体制の改革が必要です。そのためには常識に囚われない思考、対話、公平性、透明性などが不可欠ですが、阪神間モダニズムの伝統を受け継ぎ、自由な空気の漂う神戸だからこそこの改革を牽引できると確信しています。

ページのトップへ

神戸大学外科学講座 大学院医学研究科
神戸大学医学部附属病院

〒650-0017 神戸市中央区楠町7丁目5-2
TEL:078-382-6302 FAX:078-382-6307
TEL:078-382-5942 FAX:078-382-5959
Copyright (c) KOBE UNIVRSITY HOSPITAL All Rights Reserved.