人材募集

救急医を目指す君へ

初期研修を終え、勤務先を考えている研修医のみなさまへ

 適切な診断と治療を迅速に行える救命救急医が社会から必要とされている現在、全国的に救命救急センター数は増加し、またその規模も拡大しています。 救急初期研修を終えて、「興味が沸いてきたので、より深く救急医療を勉強したい」と考えている研修医のみなさま。また、十分な救急研修が受けられずに「一度は本場の救急医療を経験したい」と考えている研修医のみなさま。「百聞は一見にしかず」です。
 まずは見学に来てください。夏休みや冬休みなどを利用して見学される方も増えています。遠慮なくお気軽に下記までご連絡ください。研修医はもちろん、医学生や他科・他施設よりの転科・転向を考えている医師も幅広く受け入れています。

 外科や内科に比べると、救命救急医学の歴史は浅く、まだまだ発展途上の学問です。しかしながら近年の医療技術の革命的な進歩により、救命救急医学自体も大きく変貌を遂げています。とても手の施しようのなかった疾患・病態が治療でき、緊急手術適応であった患者さんがより安全で侵襲の少ない検査や治療法で救命可能となりました。
 こういった変革・発展は今後もまだまだ続くものと考えられ、このような分野・学問の発展の一端を担うことができるのはわれわれの大きな喜びのひとつであるといえます。興味のある方はいつでもご連絡ください。

キャリアパス

【神大救急 研修の7つの特徴】

神大救急 研修の7つの特徴
  • (1)

    無理のない勤務体制

    ムリとムダのない原則週40時間を指向した勤務でメリハリをつけたERワークを実現。
    (2)

    救急科専門医取得

    豊富な症例数で、ERやICUに必須な基本手技の機会も多く、救急科専門医の取得が可能です。
    (3)

    学位取得・研究支援

    神戸大学医学部医学研究科に入学し、研究活動を行うことで医学博士の取得が可能です。研究分野は、主に敗血症や外傷、侵襲時における栄養・老化など多岐に渡ります。研究経験豊富な上級医の指導のもと、様々な臨床研究を展開し、学会発表や論文執筆も積極的に行っています。
    (4)

    サブスペシャルティの習得

    消化器外科・麻酔科・画像診断科(IVR)に短期出向研修することで、ERやICUに必須な基本手技をさらに深めるのみならず、各診療科の基本手技の習得を目指します。また救急専門医取得後は、希望があれば各種専門医を取得できるように調整します。
  • (5)

    関連施設との共同研修

    関連施設との共同研修により、ドクター・ヘリでの現場出動や重症救急事例への初期対応・ICU管理が取得できます。
    (6)

    女性医師活動支援

    女性医師の結婚・子育てをサポートするためワークライクバランスに重視した勤務システム。若手女性医師が安心して仕事できる環境を整備。
    (7)

    海外留学支援

    国際経験豊かな救急医を育成するため、海外留学を積極的に支援しています。また国際学会での発表も支援しています。
    海外留学支援

【神大救急 救急医育成プログラム】

神大救急 救急医育成プログラム
  • すべての医局員に
    専門医・学位・海外留学のチャンスを

    当医局では、入局3年後に救急科専門医を取得された後のキャリア形成にも重点をおいております。希望があれば外傷外科医として外科修練を、またプライマリ・ケア医として総合内科研修などを提供できます。また医学博士(学位)取得をめざして、大学院に進学することも可能です。その後は希望があれば海外留学も可能です。医局として、すべての入局者に学位・専門医・海外留学を10年以内に提供するシステムを構築中です。
  • 救急医学からの
    サブスペシャルティの構築

    救急医学を土台に、外科や内科などの他科での研修を行い、各人それぞれのサブスペシャルティを構築することにも力を入れております。また救急医学の中でも集中治療医学(ICU)やプレホスピタルケア・基礎および臨床研究も非常に重要です。救急医学から様々な分野の知識や技術を習得できるように、各人にあった研修プログラムを提供していきたいと思います。
救急医学からのサブスペシャルティの構築

医局説明会

神戸で一緒により良い救急を作りましょう!

神戸大学医学部附属病院救命救急センター医局WEB説明会@zoom

スライド1.JPG

日時:9月5日(土曜日)

時間:14時~  30~40分程度予定

参加ご希望の方は、kobeqq@med.kobe-u.ac.jp

までご連絡ください。追って招待メール・参加方法をご連絡いたします。

また、上記のご都合が悪い、それまで待てない、相談に乗ってほしいという方へ。

神大で救急をしたいという方を全力でサポートしたいと思います。

その旨を同じくkobeqq@med.kobe-u.ac.jp

(もしくは救命救急科宮﨑:m_family0222@yahoo.co.jp

までご連絡いただければ、個別でメールやzoom相談をいたしますので、遠慮なさらず、ご連絡ください。皆様とのご縁を大切にしていきたいと思っております。

神戸大学医学部附属病院救命救急センターについて

①来年から3年目で救急に興味あるけど、救急に行くのはなんだか不安だし、どんな救急医になるかまだまだ悩んでいる。 

 →私も最初はそうでした。でも大丈夫です! 様々なバックグラウンドの救急医が当科にはいます。たくさん相談に乗って、みんなで皆様のキャリアを応援いたします。

  ご希望に合わせて、県内関連病院での研修も手配いたします。一緒に考えながら、色々な経験をぜひ積んでいきましょう。

➁新しいことに挑戦したり、新しく作っていくのは憧れるけど、少し不安に感じてしまう。

 →神大救急は新しい体制となったばかりです。皆様の新しい発想や考えが未来の神大救急を作ります。その新しい風を医局員全体で支えます。一緒に新しいことにチャレンジしませんか?

➂神戸っていいよね。住んでみたいな。 

 →とても住みやすいですよ! 気候温暖で、カフェもたくさん、おしゃれな海辺、美食の港町 神戸。ヴィッセル神戸や阪神タイガース。神戸には、スポーツ、ファッション、食べ物、芸術・文化がいっぱいです。職場から繁華街・三宮までは徒歩圏内。医局には神戸大好きが集まっております。

もちろん、充実した神戸生活を送るための待遇も補償いたします。

④他の科を専攻していたけど、救急をやってみたくなった。新しい領域で、どうしたらいいか分からない。

 →救急に熱い思いの方を歓迎いたします。当科には様々な経験を積まれ、今救急を専門にしようとされている医師が多数在籍しています。

   色々な面でのサポートをさせてください。

⑤臨床だけじゃ物足りないかも・・・ 

→当科は栄養管理、PICS・敗血症など専門にしている上級医がおり、基礎研究も積極的に行っています。学位取得や論文など学術サポートもお任せください。海外留学もサポートします。

実はまだまだたくさんありますが、上記に1つでも当てはまった方、救急カリキュラムなど少しでも神大救急にご興味が出た方は、ぜひ説明会にご参加ください。

ホームページをリニューアルしました(研修プログラムはこちら!)。

http://www.med.kobe-u.ac.jp/ems/

フェースブックで日々の出来事を報告しています。

https://www.facebook.com/pg/KobeUnivER/posts/

お問い合わせは遠慮なさらずぜひぜひ下記までメールください。

医局秘書:tsujim@people.kobe-u.ac.jp

or 宮﨑:m_family0222@yahoo.co.jp

素敵な出会いを大切に、皆様とお会いできるのを楽しみにしております。