専門研修加古川中央市民病院・
姫路赤十字病院での研修

加古川中央市民病院・姫路赤十字病院での研修

概要

加古川中央市民病院・姫路赤十字病院の小児科は地域の小児医療の中核施設であり、小児の一般診療のみならず高度な専門医療や二次救急医療、新生児集中治療にも積極的に取り組んでいます。研修プログラムは、小児の発達と疾患に関する基礎的知識を学び、一般的な小児疾患や小児保健、救急疾患、新生児疾患に対する診療技能を余すところなく修得して、小児科専門医の資格を取得するに足る能力を身につけることを目標としています。また、上級医の指導のもと、学術的活動を通じて臨床的探究心を養い、小児医療の未来に資するべく臨床研究を推進してその成果を発表する能力を開発することも目標としています。

加古川中央市民病院

特徴研修では一般小児部門と新生児部門をローテーションで研修します。一般小児部門では感染症や川崎病、けいれん性疾患など小児に特徴的な急性疾患はもとより、アレルギー・免疫疾患、神経筋疾患、腎疾患、内分泌・代謝疾患など慢性的な管理を必要とする疾患に関しても経験できます。外科疾患についても、小児外科など院内関連診療科と連携し、その診断、治療、管理について学ぶことができます。新生児部門では上級医の指導のもとに患者を担当し、早産児や病的新生児の診かたや管理(呼吸、循環、栄養、感染など)の実際について学びます。分娩の立ち合いや新生児の搬送・処置などは自ら実践できるように十分に経験を積むことができます。

加古川中央市民病院のホームページはこちら

姫路赤十字病院

特徴兵庫県中・西播磨地域(人口約90万人)の地域小児科の中核病院で、地域でおこったありとあらゆる小児疾患に対応しています。そのため、ほとんどすべての小児疾患を診断し、治療する能力を身につけることができます。研修では一般小児部門と新生児部門をローテーションで研修し、Common diseaseから専門性の高い疾患までを幅広く経験し、その診断・治療を行える充実したプログラムを提供しています。

姫路赤十字病院のホームページはこちら

申込み・見学のお問い合わせ
神戸大学大学院医学研究科内科系講座小児科学分野 担当:永瀬 裕明
〒650-0017 神戸市中央区楠町7丁目5番1号