スタッフ紹介

山田 秀人
教授
昭和59年卒業

モットーは、「明るく、楽しく、堅実に、そして必ず目標をもつ」。
いつでも、だれにでも、門戸は開き放たれています。私たちはあなたを育てます。

出口 雅士
特命教授
平成10年卒業

不育症、先天性感染、自己免疫疾患合併妊娠を中心に周産期医療の診療と臨床研究に携わっています。産科部門では若い先生にも積極的に意見を出してもらいながら、個々の患者さんに最適な医療を提供できるよう心がけています。

蝦名 康彦
准教授
平成2年卒業

専門の婦人科腫瘍を中心として、生殖免疫や臨床遺伝学、母子感染の臨床、研究を手広く行なっています。卒後25年が過ぎましたが、産婦人科がカバーする領域は広く、また日進月歩で変革を遂げているために、まだまだ勉強の毎日ですが、興味は尽きません。われわれと一緒に、新たな扉を開けましょう!

宮原 義也
講師/診療科長補佐
平成8年卒業

大学病院は、臨床はもちろんのこと、研修医や若いドクターの教育に本気を出しています。教育機関であると同時に、巨大高度医療機関でもあるわけですから、大学にはどこにも負けない底力があります。今後のステップアップのため、難易度の高いことに挑戦していただきたいと思います。

谷村 憲司
講師
平成11年卒業

私たちの教室のスタッフは、仕事熱心で楽しい人ばかりです。もちろん、若手指導にも力を入れています。スタッフ全員で、あなたの産婦人科医師としての大切な時期を全力でサポートしていきます。

森實 真由美
講師/産科病棟医長
平成11年卒業

全ての妊婦さんに出来るだけ安全に、安心して新しい家族を迎えていただけるよう、日々頑張っています。大学病院は、いい仲間がいて、challengingな症例に出会え、喜びとやりがいを感じることができる場所です。

若橋 宣
特定助教/外来医長
平成12年卒業

婦人科腫瘍を専門に診療及び研究をおこなっています。厳しい現実の中、理想を求めて邁進する毎日です。

鈴木 嘉穂
助教/婦人科病棟医長
平成14年卒業

婦人科では、悪性腫瘍をはじめ様々な疾患に対応しております。
治療に苦慮する症例も多いですが、全力で治療にあたっています。

今福 仁美
特命助教
平成15年卒業

女性のQOL向上に貢献したく、産婦人科医になりました。大勢のスタッフとともに、様々なことを相談し、切磋琢磨できる点が大学病院の魅力だと感じています。

白川 得朗  
特定助教 
平成19年卒業

難しい症例も多いですが、一緒にがんばりましょう。

上中 美月  
特命助教 
平成19年卒業

産婦人科は分野も幅広く、きっとやりたいことが見つかるはずです。ぜひ一緒に働きましょう。楽しい仲間がたくさんいます。

長又 哲史  
特定助教 
平成22年卒業

大学病院は大変なケースも沢山ありますが、産科・婦人科ともに学ぶ事が非常に多いと思います。僕自身もまだまだ勉強の日々ですが、一緒に頑張っていきましょう。

先輩の声

平成23年度卒 大学院2年生
 私は、神戸大学とは関連のない市中病院で初期研修を行いました。初期研修を行った病院で、そのまま、後期研修も行おうかと迷いましたが、母校である神戸大学に何か貢献したいという思いがあったのと、医局の雰囲気が明るく働きやすそうだったので、神戸大学産婦人科への入局を決めました。大学病院や関連病院での研修を経て、神戸大学大学院に入学し、現在は、微生物病研究所に国内留学し、基礎研究に勤しんでいます。
 私が大学病院での研修で一番不安だったのは専門性の高い、重症症例ばかりしか経験できず、一般的な産婦人科診療が身に付かないのではないか?ということでした。確かに大学病院では重症で珍しい症例が多く、一般的な軽症の症例は少ないですが、3年間の後期研修期間のうち関連病院での研修が1年以上あるので、そこで、一般診療の経験も積むことができます。神戸大学産科婦人科の後期研修プログラムによって、産婦人科に必要な知識と技術は、偏りなく身につけることができますので心配はいりません。むしろ、一般病院では対応できないような珍しい症例は、大学病院でしか経験できないので、そのような症例が多く集まる大学病院は後期研修に、むしろ、適していると言えます。また、多くの先輩医師がいて、教育体制もしっかりしているので、正しい知識と技術を習得することができるのも大学病院で研修するメリットだと思います。
 神戸大学の医局は、非常にat homeな雰囲気で、他大学出身の先生も多いです。他大学出身だと肩身の狭い思いをするのでは?というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、神戸大学はそんなことはありません、大丈夫です!他大学出身の先生も神戸大学出身の先生も一度、私たちの医局を見学していただき、さらには、一緒に働くことができればいいなと思います。絶対、お勧めです!
平成22年度卒 大学院1年生
 私は神戸大学病院で2年間の初期研修を終了後、3年目から神戸大学産婦人科に入局しました。地元が兵庫県宝塚市であり、関西に戻って来る際にどの病院で研修を行うかは非常に迷いましたが、神戸大学は産婦人科に限らず他大学出身者も非常に多く、垣根の低さや横の繋がりが非常に魅力的でした。入局という道を選んだのは大学病院という専門性の高い病院で幅広い知識を身に付けられると思ったからです。
 卒後3年目は大学病院で過ごし、4、5年目は兵庫県立淡路医療センターで後期研修を終えました。大学病院での超重症例に加え、一般病院でのローリスク症例なども経験した上で6年目に大学院に入学しました。ある程度の経験を積んだつもりでしたが、今また重症例や専門性の高い症例への対応の難しさを実感しました。現在は、ウイルス学の基礎研究に専念中です。
 神戸大学産婦人科は関連病院の先生方を含め教育熱心な先生が多く、手術手技を含め若手のうちから様々な経験を積むことが出来ます。また日頃の臨床業務以外にも、海外での学会発表や日本産婦人科学会でのIS Award受賞など、後期研修医の間に貴重な経験をさせて頂きました。医局の規模が大きすぎない事も魅力の一つだと思っていて、上司の先生方との距離も近く、忙しい中でも充実した日々を過ごしております。このホームページをきっかけに、一緒に働いてくれる仲間が増えるととても嬉しいです。是非とも一緒に働きましょう!
平成21年度卒
 私は、神戸大学病院で2年間の初期研修を行いました。産婦人科では6ヶ月間、指導医の先生方にしっかり指導、サポートしていただきながら、楽しくかつ意欲的に研修を行うことができました。引き続いて後期研修1年目も大学病院で研修しました。上級の先生方には臨床現場でも、また学会発表などでも、意欲的に指導していただきました。他科との合同カンファレンスも多く、いろんなことを勉強することができました。現在は関連病院で、さらに産婦人科医として成長できるよう研修を重ねています。
 神戸大学産科婦人科の先輩方には、私が進路を決めるにあたって、今後の人生相談にもたくさんのって頂きました。そんな、仕事面でも私生活でも相談しやすく勉強になる神戸大学産科婦人科学教室を私はぜひぜひお勧めします。
平成20年度卒 大学院4年生
 私は大学院2年目に、国内留学し、免疫学の基礎研究をしています。分からない事は周りの人に相談しつつ、自分でも論文を読んで情報を仕入れて実験をする、という作業の繰り返しです。臨床から基礎研究の世界に飛び込むのは少し勇気が必要でたし、2年経った現在でも知らない事が非常に多いのですが、ひとつの事を突き詰めて考える習慣を付けることは今後の医者人生においても役に立つのではないかと思っています。また、一緒に勉強している仲間も様々な学部や大学出身者ばかりで、その人たちと意見をかわすことも今まで経験したことがなかったため、とても新鮮です。神戸大学産科婦人科教室から、このような国内留学もできますよ。
平成16年卒
 私は現在、育児をしながら神戸大学病院勤務をしています。産婦人科専門医取得の翌年に出産し、子供が1歳すぎのときに保育園入園が叶い、仕事復帰しました。
 勤務形態は、週4日勤務・当直免除としてもらっています。業務内容は、週1回の外来と、病棟担当医、手術、少しではありますが時間を見つけ臨床研究もしています。学会や研究会への参加もしています。夕方の保育園お迎えの時間には帰れるように、周りの先生にたくさん助けてもらいながら、次なる専門医取得や学位取得を夢見て頑張っています。
 育休後の復職を迷っている方、復職したけどもっと違う働き方をしたい方、資格や学位をとりたくなった方、他の女医さんがどうやって働いているのか聞いてみたくなった方、神戸大学産科婦人科学教室にご連絡ください
  
 

〒650-0017 神戸市中央区楠町7丁目5-1  Tel. 078-382-5111(大代表) 
お問合せ E-mail:obgyobgy@med.kobe-u.ac.jp(見学は随時受け付けています)