各部門紹介

HOMEに戻る
  • 麻酔
  • 集中治療
  • ペインクリニック

神戸大学麻酔科学教室 教授:溝渕 知司

集中治療

集中治療部
救急・集中センター
副センター長
三住 拓誉

集中治療部
江木盛時

麻酔

医局長
出田 眞一郎

ペインクリニック

ペインクリニック
外来医長
高雄 由美子

ペインクリニック
病棟医長
佐藤 仁昭

神戸大学麻酔科学教室

神戸大学麻酔科学教室

手術室の麻酔を中心とし、その土台の上に、集中治療や痛みの領域を専門としてもち、さらに、大学ですので研究を行い、大きな家、大きな組織を確立できたらと考えています。

麻酔

手術には麻酔が必要です。当院では手術の麻酔を麻酔科の医師が担当します。麻酔を安全に実施するためには、担当の麻酔科医が患者様について様々な情報を知っておく必要があります。また、患者様にも知っておいて頂きたいことがあります。手術日までに担当の麻酔科医が患者様のところに訪問し、麻酔について説明しますが、それまでに一度以下の文章に目を通して頂くと幸いです。

年間手術件数の推移

科別ごと麻酔科管理症例数

PAGE TOP

集中治療

神戸大学病院のICUは救急集中治療センターとして、外科系ICU12床、内科系ICU18床の計30床からなる巨大なICUです。その中で我々集中治療部は全体のベッドコントロールを行うとともに、内科外科関係なく各診療科から依頼された症例について全身管理を行なっています。毎日2-3名の麻酔科医師が専従で集中治療部門を担当し、入室から退室まで継続して24時間体制で管理を行っています。また5名の集中治療専門医が患者の診療に当たるとともに、後進の指導を行っています。

集中治療医のニーズは広がっており、従来の開胸・開腹手術などの大手術の術後管理だけでなく、内科疾患患者の急性呼吸不全や敗血症、劇症肝炎患者の治療および臓器移植までの管理など、ICU全体を活躍の場としております。

科別ごと麻酔科管理症例数

科別ごと麻酔科管理症例数

PAGE TOP

ペインクリニック

ペインクリニックは麻酔科の分野の一つで、主に痛みに対しての治療を行っています。当ペインクリニックで扱っている疾患は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症・変形性関節症といった整形外科的疾患から三叉神経痛・顔面痛・外傷性頚部症候群・帯状疱疹後神経痛や癌性疼痛など非常に幅広く、院内外の「痛み」を訴える患者すべてに対応しています。


科別ごと麻酔科管理症例数

平成28年度 主なブロック数
胸・腰部硬膜外ブロック 572件  透視下ブロック
 脊髄刺激電極試験挿入
 ガッセル神経節ブロック
 内蔵神経ブロック
 神経根ブロック
 頚部硬膜外ブロックなど
387件
仙骨部硬膜外ブロック 1,093件
くも膜下ブロック 151件
星状神経節ブロック 1,331件
腕神経叢ブロック 893件
ボトックス 50件
その他ブロック 1,924件

HOMEに戻る