研究紹介

HOMEに戻る
  • 臨床研究
  • 基礎研究
研究風景の写真

研究ができることは大学の強みであり特徴です。日々の臨床だけでなく、疑問に思ったことに関し時間をかけて考え、その原因を探究するリサーチマインドをもつことが医師には常に必要と考えます。

=リサーチマインド=
(疑問を疑問のままにせず、探求する姿勢。患者のために臨機応変に的確な医療が提供できる臨床医になるためには、とても重要な能力です。)

麻酔を施した生体は嘘をつきません。成書にかかれた既存のことに反する生体反応が頻繁に見られればそれは生体が発する信号が正しい反応です。神戸大学ではすべての教室員がどんな小さな現象にでも疑問を持ち、一生Scientistであるようリサーチマインドを持った教室員を育てる教室作りをしています。 (参照: 溝渕知司. 「巻頭言」常にScientistであれ. 臨床麻酔, 38巻3号451頁, 2014年)

神戸大学麻酔科では、臨床とともに研究を行うことで、レベルの高い臨床能力が育つと考えています。研究テーマはより臨床にフィードバックできるものを選択し、基礎研究につながる臨床研究を積極的に行いたいと考えています。是非、神戸大学で、侵襲などが加わった時に生体に起こる変化を科学的に分析し日頃疑問に思っていることの原因を探究しましょう。

臨床研究

神戸大学病院麻酔科では、周術期・急性期の患者さんおよび痛みの外来を受診される患者さんを対象とした臨床研究を行っています。

麻酔科が患者さんに最適な医療を提供するために、何故、臨床研究が必要なのでしょうか?
  • 我々は、患者さんに最適な医療を提供できる臨床医を目指して研鑽を行っています。
  • 最適な医療を提供できる臨床医は患者さんの回復のために、より良い治療選択をする努力を行います。
  • より良い治療選択を患者さんに行うために、我々は最新の知見を求めます。
  • 最新の知見でも良い選択が不明確であれば、臨床医は悩みながら治療選択します。
  • 良い臨床医であればあるほど、日常診療の中で多くの疑問に直面します。
  • この日常診療の中で直面する疑問(Clinical question)により回答を得ることは患者さんに最適な医療を提供するためにとても重要です。また、良い臨床医であるほど、より重要な疑問を抱きます。
日々の臨床を大切にして、その臨床で抱いた疑問を解決し、より高いレベルの医療を提供するために臨床研究を行っています。我々の目標は高い臨床力だけでなく、疑問があることを突き詰めて解明するリサーチマインドを持った臨床医(Scientist)を育てることです。

麻酔・周術期領域

  • 術中輸液が生体に及ぼす変化に関する研究 (後ろ向き研究;倫理認可済)(2014年臨床麻酔科学会報告済)(遂行中)
  • 周術期管理が術後せん妄発生に与える影響の研究 (後ろ向き研究;倫理認可済)(2014年臨床麻酔科学会報告済)(執筆中)
  • 周術期電解質異常の発生率と予後との関係に関する研究 (後ろ向き研究;倫理認可済)(2015年日本麻酔科学会報告予定)
  • 周術期管理が心臓大血管手術後の腎機能悪化に与える影響の研究 (後ろ向き研究;倫理認可済)(2015年日本麻酔科学会報告予定)
  • APL弁の開放値と酸素流量に関する検討 (前向き実験;倫理認可必要なし)(国際学会抄録投稿中)
  • 糖尿病患者における周術期血糖管理に関する後ろ向き研究 (後ろ向き研究;倫理認可済)(遂行中)
  • 術中溶血が心臓術後急性腎障害に与える影響の検討(前向き研究;倫理認可済)(遂行中)
  • 心臓手術患者に対する強心薬の効果に関するSystematic review (遂行中)

集中治療領域

  • 高容量酸素投与に関する前向き観察研究 (前向き研究;倫理認可済)(遂行中)
  • 術後集中治療患者におけVAC発生率と発生要因に関する後ろ向き観察研究 (後ろ向き研究;倫理認可)(遂行中)
  • 術後集中治療患者におけるデクスミデトミジン中止が患者状態に与える影響の検討(後ろ向き研究;倫理認可)(2015年日本麻酔科学会報告予定)
  • 人工呼吸患者における酸素投与と酸塩基平衡変化に関する多施設観察研究(前向き研究;倫理認可済)(遂行中)
  • 持続血液濾過中の抗凝固薬に関する後ろ向き研究 (後ろ向き研究;倫理認可) (国際学会発表済)(執筆中)
  • 持続腎代替療法を要する患者の栄養管理に関する観察研究 (後ろ向き研究;倫理認可) (遂行中)
  • 日韓の集中治療室における患者管理バンドルの遵守率とその効果;前方向視的データ収集と後方視的解析(前向き研究;倫理認可) (遂行中)
  • 「気管切開後の鎮静管理に関する多施設観察研究」について(共同研究)(倫理認可済)
  • 人工呼吸器を用いた人工呼吸療法に関する疫学研究 (遂行中)
  • 術後輸液製剤の選択が術後予後に与える影響に関する検討(後ろ向き研究;倫理認可済)(遂行中)

痛みの領域

  • 機能性疼痛障害患者における自発性脳活動ネットワークの可塑的変化に関する検討(共同研究)(倫理認可済)
  • 不公平感質問票(IEQ:Injustice Experience Questionnaire)の日本語版作成、および活用(共同研究)(倫理認可済)

PAGE TOP

基礎研究

何故、基礎研究が必要なのでしょうか?
臨床で生じる現象の原因は何でしょうか?その原因を知りたいと思いませんか。
臨床では、患者さんや治療の背景因子が様々であり、可能性のある要因が複数存在します。
その個々の要因において、細胞レベルでは、多様なことが起こっています。
細胞レベルでは何が起きているのでしょうか?条件をより絞って、細胞一個一個の変化を調べてみませんか。  

科学は常に進歩しています。基礎研究の研究手法も、電気生理学的手法や分子生物学的手法など大きく改良されています。われわれは学部や大学を越えて最先端の技術を持つ研究者の方々とコラボレーションし、世界に発信できる基礎研究を行いたいと考えています。また、遺伝子レベルの研究解明により麻酔科学も今後大きく変わる可能性があります。侵襲を受けた生体が起こす変化がなぜ起きているかを細胞レベルで解き明かし、患者さんの治療につなげたいと考えています。

リサーチカンファレンスHOMEに戻る