教育・医局員募集

HOMEに戻る
  • 医局員募集
  • 麻酔科研修をする初期研修医・ローテーターへ

医局員募集

STEP1 麻酔管理の基本事項 現在麻酔科では扱う領域が非常に多岐にわたっており、その習得にはある程度の年月を要します。全国的に麻酔科は非常に人員が不足しており少しでも多くの専門医の養成が急務となっております。このため当麻酔科では3年目以降、麻酔科独自の専門性の獲得を目標とした研修を行うことになります。
 具体的には手術室における麻酔管理・集中治療室における術後管理・ペインクリニックの3本柱を基点としてさらにこれを細分化した研修を行います。大学のみならず専門性の非常に高い各種関連病院での研修も交えながら各科一般の麻酔、未熟児を含む小児麻酔、重症心疾患の麻酔および周術期管理を習得したうえ で麻酔科専門医試験に合格することを目標とします。その他、集中治療専門医、ペインクリニック認定医などの資格も取得が可能です。また、個人の希望によっては研究等に従事することも可能です。指導体制、経験症例数とも当病院は非常に充実しております。
  周術期管理のプロを目指す若手の皆様方のお越しを心よりお待ちしております。また、すでに麻酔科認定医・専門医をお持ちの方、他科からの転科をお考えの方など、経歴を問わず当科では広く麻酔科医を募集しております。当科へご興味をお持ちの方はぜひ一度ご連絡ください。

麻酔科研修をする初期研修医・ローテーターへ

この麻酔研修におけるあなたの目標は何ですか?挿管や動脈ライン留置、血液浄化などのテクニックの修得ですか?それとも患者の病態評価など、考え方の習得ですか?
 個人個人で違うのは当然ですが、あなたにぜひ持って欲しい目標があります。それは、私たち自身の目標でもあるのですが、自分の行うあらゆる行為に自信が持てるようになることです。それには、努力が必要です.我慢して勉強することも必要です.努力や我慢には「見返り」が必要です。ただ、何を見返りと考えるかは人それぞれです。それでいいと思います。いずれにしても、「目標は高く(Aim high)!」設定して、くじけず頑張ってください。きっと麻酔科以外の分野で働くときにも役立ちますよ。

医局員募集
:小児から心臓麻酔まで多様性に富み、全国トップレベルの症例数と充実した指導体制により一人前の麻酔科医に育成します。他地域・他医局・他科からの入局者も歓迎します。
研修業務と目標
神戸大学附属病院は平成12年度からスーパーローテート制度を採用しており、麻酔科も当科を希望したものに研修を行っており、来た時期・期間によって研修内容に違いがあります。 期間を3カ月とした場合の研修業務と目標を簡単に示します。
当院における麻酔マニュアルです。順次追加予定です。

HOMEに戻る