Training courses トレーニング実施診療科について

◇ 神戸大学医学部附属病院 泌尿器科の紹介

 泌尿器科では、腎臓、尿管、膀胱や男子生殖器に関するすべての疾患および副腎疾患について、最先端の技術を用いて患者さんにやさしい最高水準の医療を提供することを心がけています。手術においては早くから腹腔鏡手術を積極的に取り入れ、技術認定されたスタッフにより安全かつ適正な治療を行い良好な治療成績を得ており、若手泌尿器科外科医師の手技習得、育成にも熱心に取り組んでいます。
 また近年になり、ロボット支援技術を用いてより複雑な手術を低侵襲に行うことが可能となり、泌尿器科手術領域においては、最初、前立腺癌に対するロボット支援根治的前立腺全摘除術(RARP)が適応となり、続いて腎癌に対するロボット支援腎部分切除術(RAPN)や膀胱癌に対するロボット支援根治的膀胱全摘除術(RARC)へと適応が拡大されています。神戸大学医学部附属病院では国内早期(2010年)にdaVinciを導入し、現在までRARP、RAPN、RARCの3種類の手術を積極的に行っています。
〔泌尿器科ホームページ〕
http://www.med.kobe-u.ac.jp/uro/index.html

神戸大学大学院医学研究科 腎泌尿器科学 日向 信之

■指導講師 コメント
 泌尿器科領域では膀胱鏡下手術、腹腔鏡下手術などの低侵襲手術が古くから行われてきました。ロボット支援手術に関しては2010年からロボット支援根治的前立腺全摘除術が、2016年からロボット支援腎部分摘除術が保険適応となり、日々の診療に使用されています。当センターには手術支援ロボットdaVinci Sおよび、ロボット支援手術シミュレータdv-trainer、腹腔鏡下手術シミュレータlap-pass、i-simを備えており、常時シミュレータを用いたドライトレーニングやアニマルラボによるウェットトレーニングを行う事が可能です。ロボット支援手術と腹腔鏡下手術の基礎的トレーニングコースはもとよりアドバンストコースとして新規術式の開発や複雑な術式のトレーニングも行っています。

◇ 神戸大学医学部附属病院 呼吸器外科の紹介

 呼吸器外科では悪性疾患(原発性肺癌・転移性肺腫瘍)、縦隔腫瘍、良性腫瘍、気胸、肺膿瘍・膿胸などの感染性疾患など幅広い分野の疾患を扱っています。悪性疾患・腫瘍、また良性腫瘍・気胸・感染性疾患などにおいても、これらに対する手術を完全鏡下を中心にした低侵襲手術で行えるよう心がけおり、現在当科で手術を受けられる方の9割以上が完全胸腔鏡下手術を受けられています。小さな傷だけで手術を終えることで、感染や肺炎など手術後に起こる恐れのある合併症を減らすことができ、術後に抗癌剤など追加治療が必要な際にも手術による体への負担が少ないため、早期に治療を始めることができます。また最近では大血管や肋骨など周囲の臓器に広がっている肺癌も完全胸腔鏡下手術の技術を併用し、これまでより小さな傷で体への負担が少ない手術を行っています。
〔呼吸器外科ホームページ〕
http://www.med.kobe-u.ac.jp/gts/

神戸大学大学院医学研究科 呼吸器外科学 法華 大助

■指導講師 コメント
 呼吸器外科領域の手術は肺及び肺動脈、肺静脈、気管支といったVital Structureを対象とした手術です。開胸手術では直視下で手術を行いますが、胸腔鏡下手術では、モニターに映し出された映像を立体的に捉え手術を行わなくてはなりません。
 当センターは、若手医師が開胸手術、胸腔鏡下手術いずれにおいても、肺動脈の血管剥離から始まり、気管支形成、血管形成等の繊細かつダイナミックな手術手技を身に付けることのできるトレーニング施設であり、直ちに臨床の現場にフィードバックされるものであると自負しています。

◇ 神戸大学医学部附属病院 食道胃腸外科の紹介

 神戸大学食道胃腸外科では、食道、胃、大腸の3領域でそれぞれ高い専門性を持ったスタッフが消化器外科の診療・教育・研究を行い、腹腔鏡・胸腔鏡手術を中心とした低侵襲治療技術の進歩と新たな開拓を目指しています。消化器外科として広く深い知識と洗練された技術をもつ外科医の人材育成はその根幹を形成し、なかでもスペシャリストとしての内視鏡外科医の教育・育成に力を注いでいます。その一環として、「先端外科医療・内視鏡トレーニングセンター」の充実した環境で若手外科医を中心に随時、トレーニングコースを開催しています。
〔食道胃腸外科ホームページ〕
http://www.med.kobe-u.ac.jp/surg1/index.html

神戸大学大学院医学研究科 食道胃腸外科学 中村 哲

■指導講師 コメント
 近年の手術術式や医療機器の進歩は目覚しく心踊らされるものがありますが、やはり病を治すには熱意が必要です。しかし、その思いだけでは治療は成し得ません。十分に鍛錬された技術が不可欠で、そこで初めて手術という治療が完遂できます。内視鏡外科手術を軸として様々な手術手技のトレーニングを行い、外科治療の技術と安全性の向上に努めていければこれに越したことはありません。多くの外科医の参加をお待ちしています。

◇ 神戸大学医学部附属病院 肝胆膵外科の紹介

 肝胆膵外科では肝胆膵疾患に対する手術治療と肝・膵移植を2つの柱として診療を行っています。とくにがん治療では既存の治療法と生体肝移植、経皮的肝灌流化学療法、粒子線治療など、肝胆膵領域の最先端治療を病態に応じて組み合わせて神戸大学独自の治療戦略を構築しております。肝胆膵外科は外科の中でも最も高度な知識と技術を要求される専門性の高い分野で、その基礎として十分な一般外科技術の習得は必須です。若手医師の育成も重要な課題であり、当科では知識と技術を幅広く習得することを主眼に置き、専門性の高い外科修練を積みながら国際的に活躍できる人材の育成に積極的に取り組んでいます。
〔肝胆膵外科ホームページ〕
http://www.med.kobe-u.ac.jp/hbps/index.html

神戸大学大学院医学研究科 肝胆膵外科学・低侵襲外科学 木戸 正浩

■指導講師 コメント
 肝胆膵外科領域の手術は高難度手術が多く、これまで安全性を担保した上での低侵襲手術の普及が滞っていました。その一方で、今後兵庫県の各地域ではますます高齢化が進み、低侵襲手術のニーズは拡大の一途をたどると思います。現状では都市部での低侵襲手術は徐々に定着してきましたが、地域ではまだまだ遅れているのが実情です。今後兵庫県の地域医療を支える若手医師が『兵庫消化器外科腹腔鏡教育プログラム』を通して、都市と地域の医療を結ぶ新たなる外科医教育のモデルケースとなれるよう、どんどん参加していただきたいと思います。

◇ 神戸大学医学部附属病院 産科婦人科の紹介

 産科婦人科では、一般産科婦人科とともに周産期、婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期、性感染症を扱っています。また現在は女性生殖細胞の増殖・分化・アポトーシス調節機構、妊娠中毒症の病態生理、胎盤トロホブラストの浸潤能調節、サイロスティムリンの構造解析、リラキシンの胎盤および子宮内膜における機能解析、性ステロイドによる子宮筋腫の発育調節、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮体癌における遺伝子多型解析、経皮的骨盤灌流化学療法による進行子宮頚癌治療について研究を進めています。
〔産科婦人科ホームページ〕
http://www.med.kobe-u.ac.jp/obgyn

神戸大学大学院医学研究科 産科婦人科学 若橋 宣

■指導講師 コメント
 近年、婦人科手術における内視鏡手術の適応は急速に広がっており、10年先には、市中病院でもごく当たり前に内視鏡下手術が行われることが予測されます。しかしながら、その技術の習得には、日頃のドライボックスを使用したトレーニングや、アニマルラボでのウェットトレーニングが欠かせません。当センターは、その充実した設備により、内視鏡手術の技術習得に非常に有用であると考えます。私自身、まだまだ技術的には未熟な部分が多いのですが、当センターを利用して、多くの婦人科医師とともに修練を積んでいければと思います。

◇ 神戸大学医学部附属病院 救命救急科の紹介

 我々の教室では、救急医学の面で、院外心肺停止患者の蘇生、外傷・ショック・敗血症患者等の病態解明・治療などに関する研究、病院前救護におけるMC体制の充実強化の推進などを行っております。災害医学の面では、災害医学の教育プログラムの実用化、大規模事故対応時の災害医療対応の整備や災害医療対応能力の評価等に関する研究を通じて、国際的視野を持った総合救急医の育成を図っています。
〔救命救急科ホームページ〕
http://www.med.kobe-u.ac.jp/dem/index.html

神戸大学大学院医学研究科 災害救急医学 西山 隆

■指導講師 コメント
 近年、外傷症例については症例数自体が減少していること、外傷治療においても非手術治療が発達してきていることから、また外傷症例に対する手術はその多くが緊急手術となるため若手医師にとっては十分な手術教育の機会があるとはいえません。本セミナーでは外傷手術(総論・各論)や解剖学、ケースディスカッションを座学で行ったのち、アニマルラボで処置・治療に関する実技指導を行い、ヒトに対し安全な手術ができる外科技術を習得する事をトレーニングの到達目標にしています。

◇ 神戸大学医学部附属病院 小児外科の紹介

 神戸大学医学部附属病院小児外科は、日本小児外科学会認定教育関連施設で、出生前の胎児から新生児、乳幼児、学童、成人にいたるまでの幅広い年齢の消化器、呼吸器、泌尿器、体表疾患の外科治療を行っています。鼡径ヘルニアや臍ヘルニアなど日常の小児外科疾患に加え、総合周産期母子センターにて、出生前診断された新生児外科疾患をもつベビーに対して産科、小児科と連携して手術治療を担当し、多くのベビーを救命しています。重症心身障がい児・者のQOL向上を目指した手術も行っています。対象とする患者様の年齢、体格、疾患、臓器は幅広く、高度の専門性と同時に広い範囲の知識・技術・応用力が求められる領域であり、経験を積み社会に貢献できる力のある小児外科医師を育成することに注力しています。
〔小児外科ホームページ〕
http://www.med.kobe-u.ac.jp/geka2/ped_sur/index.html

神戸大学大学院医学研究科 小児外科学 尾藤 祐子

■指導講師 コメント
 小児外科領域でも鏡視下手術は患児に対する侵襲や整容性のメリットから広く取り入れられています。特徴は、対象とする患児の年齢や体格に幅があることと、手術の対象となる疾患の多様性で術式が多岐にわたることで、高度な技術とデバイスや手技の工夫が必要となり、小児外科領域の鏡視下手術はまさに応用問題です。我々は、設備の整った当センターにて、若手の基礎技術を確立し、自らの技術を工夫する、術式を深く理解し応用につなげる、手術デバイスにつき広く情報や知識を得る、ことを考えトレーニングを行い、手術を受けるこどもたちに貢献する医師を育てます。