Greeting あいさつ

 内視鏡を利用した先端外科医療の進歩は目覚ましく、腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術のみならず、手術支援ロボットを用いた低侵襲手術までもが、本邦の一般診療において使用されつつあります。その一方で、これらの機器を扱うための技術もまた高度化しており、外科系医師に必要とされる知識も常に最新の状態を保つ必要があります。
 また、種々の手術にはラーニングカーブと呼ばれる成長曲線が存在し、特に若手から中堅の外科系医師にあっては、成長曲線の初期段階における日常的な手術トレーニングは安全性の面や手術の質を担保する面から不可欠であるといえます。当センターは進歩する先端的医療機器を使いこなすためのシミュレーショントレーニングやアニマルラボによる手術トレーニングを行う施設として2014年4月に開設されました。
 当初は傷を小さくすることだけを目的としていた低侵襲手術ですが、内視鏡を応用した精細な拡大明視野のもと、繊細な鉗子操作を行い、さらには術中ナビゲーションなどの先端的な技術を組み合わせることにより、その術式は急激に進化を遂げています。それに伴い、例えば悪性腫瘍の手術においては、手術による腫瘍制御性(根治性)を保ちながら、腫瘍の周囲に位置する正常組織をできるだけ残し、従来の術式と比較して術後の機能低下を防ぐことのできる機能温存手術も進化してきました。このような最新の術式の開発や普及に伴い、若手のみならず、すべての外科系医師が最新の機器を用いたトレーニングを常時受ける必要が生じています。当センターではこのような時代の要求にも対応し、高度な先進医療機器を用いた外科系医師の生涯教育に寄与します。同時に将来的には、次世代の手術機器や手術方法などの開発にも積極的に取り組み、これからの先端外科手術の発展に寄与し得る教育プログラムを実践し、真に安全かつ高度な医療を患者様に届けることができる人材を育成します。

2016年4月1日

先端外科医療・内視鏡トレーニングセンター長
神戸大学 大学院医学研究科 腎泌尿器科学分野 特命准教授