神戸大学 神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・代謝・内分泌学分野
診療科長のごあいさつ
小川教授
糖尿病・内分泌内科部門長・診療科長   小川 渉  Wataru Ogawa


糖尿病内分泌内科は、糖尿病を中心とした代謝性疾患と内分泌疾患を対象とした診療科です。

糖尿病診療の領域では、重篤な合併症を持つ症例やケトアシドーシスなどの緊急症例の治療、持続皮下インスリン注入療法(CSII)の適用や持続血糖モニタリングシステムを用いたコントロール状態の評価など、大学病院ならではの専門的な診療を行うと共に、一般の2型糖尿病に関しても詳細な病態解析に基づいた適切な医療を提供しています。インスリンポンプの導入数は全国でもトップレベルの施設です。

当科はインスリン感受性を評価する最も詳細かつ正確な検査法である高インスリン正常血糖クランプに関しても、わが国でも最も症例数の多い施設の一つです。また、高血糖クランプによるインスリン分泌能の評価やMRスペクトロスコピーを用いた病態評価法など先進的な診断法も取り入れています。

当院は1型糖尿病患者さんに対する膵臓移植の施設認定を受けており、当科でも当院肝胆膵外科外科と協力して移植治療にも取り組んでいます。

内分泌代謝領域では、common diseaseである電解質異常、甲状腺、副甲状腺疾患、骨粗鬆症、原発性アルドステロン症などはもとより先端巨大症、下垂体機能低下症、Cushing症候群、アジソン病など専門性が必要とされる疾患も幅広く診療しています。
また、甲状腺悪性腫瘍に対する放射性ヨード内用療法の可能な施設の一つです。

内分泌領域では遺伝子レベルで原因が解明されている疾患も多くあり、当診療科でも高度先進医療として成長障害の遺伝子診断を行っています。さらに高齢化社会において増加の一途である骨粗鬆症の診療にも積極的に取り組んでいます。

当科では糖尿病や内分泌疾患に対して、単に高度で良質な医療を提供するだけでなく、患者さんの立場に立った暖かく心のこもった医療を実践することを心がけています。

また当科は関連する病院や診療所の先生方との密接な連携の基に、地域医療への貢献にも意を注いでおり、糖尿病患者さんのための様々な短期入院プログラムも充実させて参りました。このような短期入院プログラムでは医師だけでなく、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、臨床心理士など様々な職種の医療スタッフが協力して行うチーム医療によって、患者さんのより良い療養を支援いたします。

明日の医療を支える多くの若い人材に当診療科への参加を期待するとともに、これからも多くの皆様も福祉に貢献できるよう良質で心のこもった医療を提供してゆきたいと思っています。


このページの先頭へ