臨床基本技術トレーニングセンター

河野誠司センター長挨拶

河野センター長写真

本センターは、各種シミュレーション・トレーニングを通じて、臨床活動に必要な基本的な手技や操作について、
医学生・研修医・若手医師・コメディカルなどのメディカルスタッフに身につけてもらうことを目標にしています。当センターは技術トレーニングコーナーと模擬病室が備えられています。

トレーニングコーナーには、各種シミュレータが設置され、
①BLS用の蘇生人形のほかに、ICLS、ACLSプログラムに用いる救命処置シミュレータ、
②心臓診察シミュレータ「イチロー」、呼吸音シミュレータ「Mr.ラング」、フィジカルアセスメントを総合的に学べる「フィジコ」をはじめとする診察シミュレータ、
③採血セット、外科縫合セット、気道確保シミュレータ、胸腔穿刺シミュレータなど基本的な侵襲的手技を学ぶためのシミュレータ、
④循環・呼吸・麻酔管理が臨場感を持って体験できる高機能シミュレータ「METI」、内視鏡的外科手技シミュレータ、などの現代的医療を体験するための高機能シミュレータ、などが整備されています。
模擬病室には「METI」と酸素・窒素など各種ガス配管が配備されて、高度な蘇生技術トレーニングが行えるようになっており、隣室のコントロール・ルームから、インストラクターがシミュレーションを遠隔操作できます。
さらには、今後、産科的救急や新生児蘇生が学べるシミュレータを導入して、新生児・産婦から、内科的救急・外傷・災害救急など、救える命をしっかり救うための患者や地域社会に安心を与えるシミュレーション・プログラムの充実を目指しています。
このトレーニングセンターは、神戸大学病院診療科や関連病院、地域病院などの協力を得て、地域に開かれたシミュレーションセンターとして発展させていきたいと考えています。