トップページ > 研修医・学生の方へ

募集について

神戸大学乳腺内分泌外科では、
乳腺専門医を目指す若手医師を募集しています。

神戸大学乳腺内分泌外科では、乳腺専門医を目指す若手医師を募集しています。現在、乳がん治療は単独科での治療は難しく、チーム医療が必須となっています。そのためには診断、手術、薬物療法、放射線治療等の手技や知識を得ることが必要です。

当院は、大学病院であり、外科専門医取得に必要な全ての診療科が揃っています。希望に応じて他科(食道胃腸外科、肝胆膵外科、心臓血管外科、小児外科)へのローテーションも可能です。
詳しくはこちら

また、乳腺外科を志望する方でも、腫瘍・血液内科、形成外科等の研修も考えています。ご希望をお聞かせください。また、まだ志望する診療科が決まっていない研修医の方も少しでも興味があれば是非、乳腺内分泌外科を選択して研修してください。よりよい研修期間になるよう一緒に頑張りましょう。

当科は少人数でありますが、その分いつでも相談でき、他科よりも早く主治医になれるメリットがあります。皆さんの希望をできる限り受け入れ、ともに乳癌診療ができるようがんばりましょう。

乳癌について少しでも興味がある方、これから乳腺専門医を目指したい方、研修について質問のある方は、下記までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

担当 國久 智成
メールアドレス お問い合わせ
TEL 078-382-6302
関連リンク 神戸大学外科学講座

学位(医学博士)の取得

大学院医学系研究科(博士課程)への入学は、随時可能ですのでご希望の方はぜひご相談ください。

研修プログラム

乳腺外科医を志す先生向けの後期研修プログラムです。

  • 初期研修で足りなかった外科専門医のための症例を経験しに、消化器外科や心臓血管外科研修可能。(関連施設でも同様))
  • 乳腺診療に関する病理科・放射線科・腫瘍内科など、後記研修中に他科にて勉強することも可能。
  • 大学だけでなく、市中病院での乳腺外科研修も可能。
  • 大学院で研究。
  • 国内・国外留学も希望があれば調整可能。

乳腺外科医のキャリアパス

まだまだ乳腺外科医は需要が増えます。
乳腺疾患患者さんのために、一緒に働きませんか?

乳腺外科医になるには

外科専門医
  • 卒後5年間の研修(6年目以降取得可)
  • 日本外科学会入会後、修練登録・開始
  • 必要手術経験症例300例(執刀100例)
  • 2016年(H28)以降に卒後初期臨床研修開始の方は日本専門医機構の外科領域専門プログラムへの登録
    新専門医制度について
乳腺専門医
  • 外科専門医が必要
  • 乳腺手術100例執刀
  • 日本乳がん学会入会後5年(卒後7年以上)
  • 専門・関連施設で5年研修
必要な流れ
  • 【初期研修(2年間)】
    2年目に外科領域専門プログラムへの登録
  • 【後期研修(3年間)】
    ここから乳腺外科の研修がはじまります。
  • 【最短で5年目に外科専門医試験受験可】
    6年目で外科専門医に!
  • 【最短で8年目に乳腺専門医試験受験可】
    8年目乳腺外科専門医に!

キャリアパスパターン

ケース紹介

ケース1(10年目)

研修医 大阪市内の中病院にて研修
2年目にマンモグラフィ読影資格取得
3年目 大阪市内の別の市中病院を経て神戸大学病院へ入局
結婚
4年目 がんセンターに移動
5~6年目 兵庫県内市中病院(消化器外科・乳腺外科)勤務
6年目 第1子出産
外科専門医取得
7年目~ 大阪市内の市中病院 勤務
8年目、10年目 第2、3子出産
8年目 乳腺専門医取得
乳腺外科医になった理由
乳腺外科ポリクリの際、手術で教授の乳腺縫合がものすごくキレイなうえ、「こんなところに創をつくったらキャミソールが着れないじゃないか!(by教授)」と美容面も考慮しており、ここならやりがいがあり、女医であることが生かせると思ったから。

ケース2(11年目)

研修医 神戸市内市中病院にて研修
2年目にマンモグラフィ読影資格取得
3~4年目 研修病院にて引き続き外科研修
(消化器外科・乳腺外科)
結婚
5~10年目 がんセンター勤務
6年目に外科専門医取得
7年目 入局
8年目に乳腺外科専門医取得
遠方から新幹線通勤をしていたことも
10年目 出産
11年目 復帰後大学病院にて時短勤務
乳腺外科医になった理由
女医が必要とされると思ったから。これからニーズが増える!と思ったから。

ケース3(11年目)

研修医 神戸市内市中病院にて研修
3年目 東京 病院 後期研修医
4年目 大阪 消化器一般外科
5年目 神戸大学 乳腺内分泌外科入局
マンモグラフィ読影資格取得
6年目 神戸大学 乳腺内分泌外科大学院入学
10年目~ 国内留学にて東京都内の病院にて勤務
乳腺外科医になった理由
外科全体を通して、手術や薬物療法等、総合的に診療できることに魅力を感じたから。

ケース4(8年目)

研修医 大阪府内市中病院にて研修
3~7年目 大阪府内、兵庫県内にて消化器外科をメインに乳腺外科も含め幅広く診療
5年目 マンモグラフィ読影資格取得
6年目 外科専門医取得
7年目~ 神戸大学乳腺内分泌外科入局
大学病院にて勤務
乳腺外科医になった理由
検診や診断、手術などの癌治療、緩和医療など幅広い分野で診療することができること。また、形成外科医とコラボする再建術など、癌治療を超えて女性の整容面を重視した医療を提供できるところなどに魅力を感じました。

ケース5(8年目)

研修医 兵庫県内市中病院(2次救急)にて研修
2年目にマンモグラフィ読影資格取得
5年目 がんセンター勤務、入局
結婚
4年目に第1子出産後非常勤勤務
5年目に外科専門医試験合格
7年目 第2子出産
8年目~ 復帰後市中病院にて週3回勤務
乳腺外科医になった理由
  • 女医さんが求められていそうな科だったから(自分が患者なら女医さんに診てもらいたいと思った科)
  • 手術に整容性が求められるところに興味があったから
  • 緊急の呼び出しが少なそう

色々な働き方

  • 大学に勤務
  • がんセンターに勤務
  • 市中病院に勤務(乳腺外科)
  • 市中病院に勤務(一般外科と乳腺外科)
  • 大学院で研究しながら
  • 家庭・子育てとの両立

体験談

当科で研修した研修医のことば(1)

研修医一年目に一ヶ月間乳腺外科を回らせていただきました。私は乳癌に対してあまり知識のない状態で研修を始めてしまいました。

しかし、少し勉強すると患者さん一人一人の治療方法が微妙に違うことに気づきました。どんどん疑問が沸き、調べて分からないことは先生方が優しく丁寧にご指導くださいました。

そして、時には患者さんにとってはつらく厳しいICをすることもありました。

ICの仕方は将来どの科に行くかに関係なく必要です。現在、乳癌患者さんは増えていますので、志望科の方はもちろん、志望していない方も一度乳腺内分泌外科を回って臨床の勉強をすることはとても大事だと思います。ぜひ皆様も選択してみてください。

当科で研修した研修医のことば(2)

乳腺外科では初診にきた患者さんの診断から治療まで一連の流れを勉強することができます。患者さんそれぞれにあった治療を病理診断科、腫瘍内科、形成外科の先生と協議を重ね決定します。研修内容はとても実践的で、基本的な外科手技や術後管理を勉強することも可能です。

将来の進路が決まっていない人でも有意義な研修になると思いますのでぜひ乳腺外科を選択してみて下さい。

PAGE TOP