小児科研究部門
小児科研究部門

こども急性疾患学

研究案内

 神戸大学大学院医学研究科内科系講座小児科学分野こども急性疾患学部門は、神戸市の寄附講座として、神戸市・神戸市医師会・神戸大学の3者の間で調印された「神戸市のこどもの生命と健康を守る協働事業推進に係る基本合意」の一環として、平成21年10月16日に設置されました。
 本部門のミッションは、大学において先進医療で培ってきた最先端の知識・技能を第一線の小児医療の現場で展開し、先進的な小児急性疾患医療の教育・研究・診療を実践する、そして、その成果を地域医療に還元し、さらに新たな知見を全国に発信することにより、全国においてその崩壊が問題になっている小児救急医療の推進に寄与することにあります。平成22年12月に、HAT神戸に神戸こども初期急病センターが開設され、そこにこども急性疾患学部門の研究所が併設されています。急性疾患診療の現場と大学で培ってきた研究・診療のノウハウを融合することにより、このような小児急性疾患に対する科学的な検討を行っています。さらに、医学生や若手医師に対する小児救急医療の研修を進め、将来の小児救急医療を担う人材の育成を行っています。
 小児初期救急医療の教育・研究・診療を通じて、地域のそして日本のこども達の健康増進に貢献します。  
神戸大学医学研究科こども急性疾患学部門は、小児急性疾患に対する調査・研究を通して、こども達の病気の予防・治療法の向上に取り組んでいます。そのため、患者さんの病状・検査結果の解析や、採血・採尿時の残検体を解析を行い、小児急性疾患に対するより良い予防・治療法を確立していきます。そのひとつとして、神戸こども初期急病センターにおける診療データの解析をおこなっています。

スタッフ紹介

特命教授
森岡 一朗
新生児学
小児感染症学
日本小児科学会専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医、指導医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
厚生労働省 臨床研修指導医
厚生労働省 災害時小児・周産期リエゾン
インフェクションコントロールドクター
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法専門コースインストラクター
特命准教授
池田 真理子
遺伝、筋、神経疾患 日本小児科学会専門医・指導医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医、指導医
日本小児神経学会専門医
厚生労働省 臨床研修指導医
特命助教
西山 将広
小児神経学 日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会専門医
特命助教
南川 将吾
小児腎臓病学 日本小児科学会専門医
特命助教
山村 智彦
小児腎臓病学 日本小児科学会専門医
特命助教
坊 亮輔
小児内分泌、代謝、筋疾患 日本小児科学会専門医

臨床研究に関するお知らせ

プロテオーム法を用いた川崎病の病因に関与するタンパク質の網羅的検索と迅速診断法の開発
小児急性疾患の疫学・病態に関する研究
平成24年1月〜平成26年3月までの臨床研究
小児受診者の採血残余検体を用いたB型肝炎感染に関する多施設共同研究
乳幼児発熱性疾患とヒトヘルペスウイルス6との関連性に関する研究
神戸こども初期急病センターにおける急性アレルギー反応患者に関する後方視的臨床観察研究
神戸こども初期急病センターに受診した感染性腸炎症例の疫学観察研究
次世代シークエンサーのメタゲノミック解析を用いた小児感染症の病原微生物の同定
迅速診断キットで確定診断した小児感染症症例の疫学・臨床研究
小児における成長ホルモン(GH)投与と脂質、糖質代謝変化の評価
 
このページの先頭へ