神戸大学 神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・代謝・内分泌学分野
神戸糖尿病協会について

糖尿病クリニカルパス入院とは

糖尿病内分泌内科では糖尿病クリニカルパス入院を行っています。

クリニカルパスとは,患者さんが受ける治療や検査・ケアの内容を疾患や治療法ごとに、 入院日から退院日まで日ごとに立てられた計画のことで、表にまとめられています。
世界的に利用されるようになった医療システムの一つです。

当科では糖尿病に関して3つのクリニカルパスを用意しています。

トータルチェックアップ入院(1週間/木曜入院)

糖尿病の病態(インスリン分泌能・インスリン抵抗性)の評価・合併症の検査を行います。(インスリン導入・手技の指導も行います)

糖尿病の病態の把握が必要な方やまとめて合併症の検査が必要な方にお勧めです。

◎栄養指導
◎血糖自己測定の意義と手技の理解(インスリン導入)
◎糖尿病病態評価・合併症精査
*スクリーニング
胸腹部Xp・安静時心電図・腹部エコー
*合併症精査
眼科診・神経伝道速度・自律神経検査・クレアチニンクリアランス等・頚動脈エコー・運動負荷心電図・ABI
*インスリン分泌能評価
グルカゴン負荷試験・尿中CPR排泄量(75gOGTT)

ライフスタイル改善入院(2週間/木曜入院)

糖尿病教室の様子

上記に加えて、糖尿病教室(毎週火・木:計4回)や栄養指導等の学習もおこなっていきます。
はじめて糖尿病を指摘された方や糖尿病治療にしっかり取り組みたい方にお勧めです。

◎栄養指導
◎血糖自己測定の意義と手技の理解(インスリン導入)
◎糖尿病病態評価・合併症精査
◎教育プログラム
*糖尿病教室(火・木曜日施行)
第1回:糖尿病とは
第2回:薬物療法と低血糖
第3回:運動療法とフットケア
第4回:糖尿病の合併症
*ビデオ学習
・糖尿病とは ・血糖測定器と自己測定
・食事療法  ・低血糖・運動療法
・足病変   ・合併症

インスリン導入入院(4日間/金曜入院)

インスリン自己注射と血糖自己測定の手技の指導を行っていきます。金曜日の入院ですので、長期入院が困難な方にもお勧めです。

このページの先頭へ