神戸大学大学院医学研究科 内科学講座・循環器内科学分野

Kobe University Graduate School of Medicine / Division of Cardiovascular Medicine / Department of Internal Medicine

医師・医学生の皆様へ

初期・後期研修

研修プログラムの目的と特徴

当科では、内科臨床医として必要な幅広い一般内科に関する知識、診療技術の修得の上、さらに循環器内科学の修得を目指しています。臓器別の診療体制の弊害として、内科全般の診療が軽んじられることが指摘されていますが、当科における研修の特徴は、内科医としての教育にも重点を置いているところです。

一方、研修中には、CCU(冠動脈疾患治療部)での研修を含み、その期間中に急性心筋梗塞、重症心不全、心室頻拍、心室細動などの致死的不整脈、肺血栓塞栓症などの重症循環器疾患の全身管理法を学ぶことができます。

また、高脂血症、糖尿病、高血圧、肥満など生活習慣病に対する評価・治療・管理を学び、患者の病態に則した生活指導法の修得を目指しています。さらに、種々の疾患のエキスパートによる定期的な講義、カンファレンスによって、幅広い知識が獲得できます。臨床研修医は、病棟担当医として、主治医、指導医からなる医師団の一員として入院患者の診療にあたります。指導医のもと基本的診療手技を実践し、心電図、心エコー図の修得を目標とします。

循環器の教育は学生からもBed Side Learningにおいて高い評価を得ており、循環器内科スタッフ一同、充実したプログラムであると自負しています。循環器内科ローテーション中の研修医は、主治医団の一員として、学生教育にも携わっていただきます。教えてもらった知識を、実際の診療で生かし、さらに学生に教えることで、さらに自分の物にして下さい。

循環器内科イメージ
ページのトップへ戻る