HOME診療科の概要

|| 診療科の概要 ||

|| ご挨拶

 平成19年10月1日  神戸大学医学部附属病院において美容外科が開設されました。既に一部の国立大学病院の形成外科において美容外科の診療が行われておりますが、独立診療科として設置されたのは、国立では初めてのことです。診療の中心は主に体表面の抗加齢(アンチエイジング)外科手術です。当診療科は科学的根拠に基づいた美容医療の実践を行うと同時に、美容医療の正しい情報を患者様に提供することに努めて参ります。美容外科に携わる医療人の育成、優れた医療技術の研究と開発も当診療科の役割です。美容外科の診療・教育・研究により、充実した社会生活の実現に貢献することが私たちの使命です。

神戸大学医学部附属病院 美容外科 診療科長 一瀬晃洋   
神戸大学医学部附属病院美容外科 一瀬晃洋

|| 沿革


2007年10月
神戸大学医学部附属病院に美容外科を開設
2008年 4月
一瀬晃洋 特命准教授 及び 診療科長に就任
『乳房専門外来』を設置
2009年 4月
神戸大学医学部『美容医科学講座』を設置(~2012年3月)
杉本庸 特命准教授に就任
『美容医療市民講座』を開講
2010年 2月
『AGA専門外来』を設置
後期臨床研修プログラム(美容外科専門医取得往路グラム)開始
2012年 4月
神戸大学医学部附属病院『健康科学評価センター』を設置
アンチエイジング・スキンヘルス関連を担当

|| 当科の使命


  1. 科学的根拠に基づく美容医療の実践・情報の提供
  2. 学生、若い医師への倫理面を含めた教育
  3. 新しい医療技術の研究と開発

|| 当科からのお願い

 当診療科から患者の皆様にお願い申し上げたいことがございます。大学病院の一般病院と異なる基本理念は、教育・研究を通しての社会貢献を行うことです。当診療科には、診療を充実させると共に、若手医師、医学生、コメディカルに対する実践的教育および社会に対する啓蒙活動、さらには優れた医療技術の研究と開発を行う責務があります。これらは患者様のご協力がなくては成し遂げられません。何卒皆様のご指導ご協力よろしくお願い申し上げます。

|| 設立にご協力いただいた先生方

 当施設の設立は、当大学病院の関係者の方々のみならず、多くの形成外科の先生方のご協力の賜物でございます。すべての方々に謝辞を述べさせていただきますとともに、設立に際し特にご協力頂きました先生方をご紹介申し上げます。


◆新冨芳尚 先生・野平久仁彦 先生
蘇春堂形成外科(札幌市中央区南1西4 大手町ビル2F)
Tel:011-222-7681

◆宇津木龍一 先生
クリニック宇津木流(東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー8階)
Tel:03-3509-6210

◆Bryan C. Mendelson 先生
Toorak Cosmetic Surgery Centre(メルボルン、オーストラリア)

◆Patric Tonnard 先生・Alexis Verpaele 先生
Coupure Centrum voor Plastische Chirurgie(ゲント、ベルギー)
Page Top