カリキュラム

1年次に、全学共通授業科目〔基礎教養科目・総合教養科目、外国語、共通専門基礎科目(数学、物理学、化学等)など〕、転換教育科目(現代医療と生命倫理)を鶴甲キャンパスで、転換教育科目(医学序説、細胞生物学、初期体験臨床実習)を楠キャンパスにおいて履修します。

2年次から楠キャンパスで専門科目を履修します。2、3年次の基礎医学においては人体の構造と機能、病理病態を中心に講義と実習を行うとともに、問題解決型学習(PBL)を通じて課題解決能力を養います。情報科学ならびに外国語の教育も重視しています。さらに、アドバンストカリキュラムとして、新医学研究コース(1年次)や基礎配属実習(2年次)を設け、生命科学の最先端研究を自ら体験できる機会を与え、科学的思考過程を養うように努めています。また、6年次の全人医学を通じて、医の倫理について学びます。

3年次後期から臨床教育として臨床医学講義、4年次には症候別チュートリアル制度を取り入れた少人数グループでの問題解決能力の養成を重視した教育も行っています。修了後には全国統一基準による共用試験(CBT)と客観的臨床能力試験(OSCE)を行い、両試験の合格者のみが臨床配属実習(BSL)への参加を認められます。その証としてBSL直前には白衣授与式を行い、学生全員が臨床実習を行うにあたっての決意を宣誓します。

4〜5年次のBSLでは臨床現場での体験を通じて、医学的知識の修得だけではなく、医師としてのプロフェッショナリズムを学びます。

6年次では個別計画実習を行い、本学関連病院の協力も加えた診療参加型の実習や一部は海外での研修など、個々の能力と興味に応じた幅広い内容の実習を通じて、医学医療に携わるための多角的な知見を培います。

なお、本学では本邦における医学教育認証評価制度に対応するために、カリキュラムの大幅な改革を行っており、より良い医学教育を目指して進歩し続けています。

海外派遣のページはコチラ

医学部6年間のカリキュラムと卒業後までの流れを紹介します。

※このカリキュラムは平成30年度入学のものです

入学

1年次

  • 転換教育科目
    初期体験臨床実習等
  • 共通専門基礎科目
    基礎物理化学等
  • 総合医学
    地域医療学
  • 新医学研究コース

医師を志すにあたっての、基本的な知識、理論観、判断力を養います。

総合教育

2年次

  • 転換教育科目
    医学英語1・2
  • 基礎医学
    解剖学・組織学・生化学等
  • 基礎・臨床融合科目
  • 総合医学
    地域医療学
  • 総合実習
    基礎配属実習1
    早期臨床実習1

科学としての医学の基礎を身に付けます。

基礎医学

3年次

  • 転換教育科目
    医学英語3・4
  • 基礎医学
    公衆衛生学・法医学
  • 基礎・臨床融合科目
  • 臨床医学チュートリアル
    臨床医学講義1・2
  • 総合医学
    地域医療学等
  • 総合実習
    早期臨床実習2
  • 医学研究(1)

基礎医学から臨床医学へと学びが進みます。

4年次

  • 臨床医学チュートリアル
    臨床医学講義3
    症候別チュートリアル
  • 総合実習
    臨床医学基本実習
    地域社会医学実習
    ベッドサイドラーニング
  • 医学研究(2)

実技トレーニング開始、診断と治療の実際を学びます。

臨床医学

5年次

  • 総合実習
    ベッドサイドラーニング
    関連病院実習
  • 医学研究(3)

病棟の診療チームに参加し、医師として必要な知識、思考法(臨床推理)、技術(スキル)、態度の基本的な内容を学びます。

6年次

  • 総合実習
    個別計画実習
  • 医学研究(4)

学生自身が臨床実習のカリキュラムを設計し、大学病院内外の実習病院で実践していきます。

医師国家試験

卒業

卒業後臨床研修

専門領域