第10回日本病理学会カンファレンス2013六甲山開催報告

世話人: 横崎 宏(神戸大学大学院医学研究科病理学講座病理学分野)


 第10回日本病理学会カンファレンス2013六甲山を8月2日(金)、3日(土)に兵庫県神戸市六甲山ホテルにて開催いたしました。幸いにも天候に恵まれ、学会外からの招聘講師5名と事前登録者100名(病理学会会員講師5名を含む)ならびに当日参加希望され直接現地に来られた地元大学院生3名の合計108名のご参加をいただきました。

1.開催の目的と概要

 ヒトの疾患を対象とした生命科学における病理学の独自性は、日々の生検・手術検体病理診断や病理解剖を通して病的個体の肉眼的、顕微鏡的形態変化を的確に捉え、背景にある病的機能変化をその時点で利用可能なあらゆる方法論を用いて解析し、病因・病理発生を明らかにすることにあります。がん組織を顕微鏡観察すると、しばしばがん細胞と間質細胞が基質で隔てられることなく密着する所見が得られます。これは明らかに非生理的すなわち病的現象です。今回の日本病理学会カンファレンスでは、がん細胞と正常細胞、間質細胞を含めた局所微小環境での細胞相互作用に注目して研究を進められている10名の先生にレクチャーをお願いし、線維化、血管新生、上皮間葉転換、がん幹細胞性維持など様々な細胞相互作用に関する最新知見を概観することを第一の目標にしました。第二のねらいは若手病理学会会員に臨床家から先端生命科学までの研究者と、通常の学会発表では得られない濃厚な討議と情報交換、さらには施設を超えた若手研究者の横のつながりを作る場を提供することです。今回は懇親会を兼ねたポスターセッションを第一日目夕食後に設け、ショートプレゼンテーションとその後のポスターセッションコーディネーター(レクチャー担当者にお願いしました)を中心としたグループ発表・討議を行いました。ポスター発表はレクチャー講師、病理学会研究推進委員会委員に評価していただき、最優秀ポスター賞1題と優秀ポスター賞2題を選考し、カンファレンス閉会式において表彰しました。

今回のレクチャー講師と演題は以下の通りです(敬称略、発表順)

森 正樹 〔大阪大学大学院医学系研究科〕
「消化器癌の癌幹細胞」
落谷 孝広 〔国立がん研究センター研究所〕
「エクソソームによるがんの浸潤転移の解明とliquid biopsyへの応用」
竹屋 元裕 〔熊本大学大学院生命科学研究部〕
「腫瘍関連マクロファージ(TAM)の役割とその制御」
石井 源一郎 〔国立がん研究センター東病院〕
「がん関連線維芽細胞の病理生物像」
八代 正和 〔大阪市立大学医学研究科〕
「スキルス胃癌の増殖進展における癌周囲微小環境と癌細胞との相互作用」
井垣 達吏 〔京都大学大学院生命科学研究科〕
「細胞の競合と協調によるがん制御」
片岡 寛章 〔宮崎大学医学部〕
「細胞膜上プロテオリシス制御が演出するがん間質相互作用とがんの生物像」
加藤 光保 〔筑波大学医学医療系〕
「がんの発生と進展におけるトランスフォーミング増殖因子βの作用」
井上 正宏 〔大阪府立成人病センター研究所〕
「三次元培養法から見えてくる癌細胞の増殖と休眠」
平岡 伸介 〔国立がん研究センター研究所〕
「腫瘍局所の免疫環境」

一般演題ポスター発表は24題で、以下の3名にポスター賞が授与されました(敬称略)

最優秀ポスター賞  酒井康弘〔信州大学大学院医学系研究科 分子病理学講座〕
優秀ポスター賞   川口真紀子〔宮崎大学医学部病理病態学講座 腫瘍・再生病態学分野〕
優秀ポスター賞   藤原章雄〔熊本大学大学院生命科学研究部 細胞病理学分野〕

2.登録参加者〔103名(事前参加登録100名、当日参加登録 3名)、病理学会会員講師を含む〕の内訳について

 日本病理学会会員・非会員、都道府県(所属施設)の内訳は、下記の通りです。日本病理学会会員が約9割を占めておりました(90/103: 87.4%)。支部地域別では、北海道5名、東北1名、関東18名、中部16名、近畿30名、中国四国11名、九州22名とほぼ全国からご参加いただきました。学生(大学院生・学部学生)としての参加登録者は21名で、これに加えて、今回新たに導入した若手ポスター発表者参加費補助で登録された35歳以下のポスター発表者は12名(ポスター演題数の50%)でした。

	    		会 員	非会員	合 計
	 北海道		5	0	5
	 福島県		1	0	1
	 茨城県		1	1	2
	 栃木県		3	0	3
	 千葉県		2	0	2
	 東京都		8	0	8
	神奈川県		3	0	3
	 静岡県		1	1	2
	 長野県		2	0	2
	 岐阜県		3	0	3
	 愛知県		5	1	6
	 福井県		2	1	3
	 滋賀県		1	0	1
	 京都府		3	1	4
	 大阪府		8	3	11
	 奈良県		1	0	1
	和歌山県		1	0	1
	 兵庫県		10	2	12
	 徳島県		1	0	1
	 愛媛県		4	1	5
	 広島県		4	0	4
	 山口県		1	0	1
	 福岡県		5	0	5
	 熊本県		10	1	11
	 宮崎県		4	0	4
	鹿児島県		1	1	2
	    		90	13	103

3.アンケート集計結果(回答数59、回収率57.3%)について

 a) 性別: 男性 31、女性 14、未回答 14

 b) 年齢: 〔年代別〕
	20代	30代	40代	50代	60代	計
	10	19	10	14	6	59

 c) 所属機関:
	大学  	研究機関	病院  	その他 	計
	49   	4    	5    	1    	59

 d) 今回のカンファレンスの参加動機:
 ・テーマや内容が興味深かった、魅力があったので (9名)
 ・講演の演者もしくは招待演者だったため (5名)
 ・毎回あるいは過去にも参加しているため (5名)
 ・講演内容が充実していそう、興味深かった、魅力があったので (4名)
 ・研究内容と近いテーマであったため (4名)
 ・教授、上の先生、お世話になっている先生にすすめられて (4名)
 ・以前も参加したことがあり、おもしろかったから (3名)
 ・ポスターを見て (2名)
 ・癌のバイオロジーに興味があったので (2名)
 ・癌間質相互作用に興味があったので (2名)
 ・若手研究者の研究へのモチベーションを高めるために教室のメンバーをつれてきました
 ・自分の研究を発表するため
 ・学生が参加するので
 ・六甲山での開催であったから
 ・病理学を専門としない研究者の話が聞ける
 ・他大学よりおさそい
 ・他大学、他機関の先生方との人脈ネットワークを作る
 ・研究の先端を担う先生方とディスカッションするため
 ・新しい研究テーマを見つける
 ・細胞相互作用、特に井垣先生のレクチャーを聞く事
 ・腫瘍免疫、マクロファージ等の研究への応用、知識を深めるため
 ・将来の勉強のため
 ・今から腫瘍関連の研究も進めて行きたいと考えておりますので
 ・“がん”の分子生物学アプローチを学ぶため
 ・がんの浸潤について勉強したくて参加しました
 ・腫瘍の微小環境に興味があり、本カンファレンスのテーマに関連する研究を
  進めたいと思い、勉強のため参加させていただきました
 ・日々の研究の参考にするため
 ・最近molecular biologyの研究に取り組むようになったので、その勉強をさせて頂く為
 ・日頃は診断業務に追われていますが、形態の背景にある微小の機能等、
  最新の知見を知りたかったため
 ・腫瘍に興味があったので
 ・腫瘍と間質との理解を深めたいと考え、参加しました

 e) 次回カンファレンスも参加したいと思うか?:
	すごく思う	思う	あまり思わない	全く思わない	分からない	計
	22		36	1		0		0		59

 f) 意見:
 〔全体〕
 ・病理学分野だけでなく幅広い知見を教えて頂き大変おもしろかったです。
  夜の部も充実しており今までの学会で一番楽しめました。
 ・六甲山素晴らしいです。場所と季節(時間)がmatchしていました。また来年も「六甲」とお聞きし嬉しく思います。
  ゆっくりと、研究含め色々な話が出来た、貴重な時間ありがとうございました。
 ・とても良い雰囲気の中で2日間集中して勉強できたと思います。スタッフの方々、どうもありがとうございました。
  病理学会の先生方、病理学会以外の先生方、両方の分野から、それぞれとても楽しい発表を拝聴しました。
 ・短時間で情報を得ることができた。
 ・ネームの準備など、参加者への配慮がゆきとどいていると感じました。
 ・六甲山ホテルもよく、とても勉強になった。
 ・運営ありがとうございました。
 ・テーマ、講師のえらび方がバランスがとれていてよかったと思います。
 ・刺激的でした。
 ・非常に有意義でした。
 ・大変勉強になりました。
 ・ジンギスカンおいしかったです。もっとボリュームがほしいです。
 ・自分が知りたかったこと、聞いてみたかったことが聞けてたいへん勉強になりました。
 ・会場規模ちょうど良かった。
 ・大変刺激になりました。
 ・内容、日程、費用ともにとても良いと思います。
 ・普段考えなかった分野の研究内容が聞けて今後の研究に役立てたいと感じた。
 ・企画、場所とも大変良かったと思います。若手の方の質問が多いのはよかった。
 ・“濃い”研究会で楽しかったです。
 ・大変素晴らしい内容だと思います。今回は一部の内容しか聞けませんでしたが、次回も楽しみにしています。
 ・癌とその周囲環境の相互作用について最新の知見を得る事が出来、大変勉強になりました。
 ・大変参考になりました。
 ・他分野の広い話をうかがい、大変参考になりました。
 ・夜中まで交流できる点がいいです。
 ・立地もとても良い、当分ここでやるべきである。
 ・初めての参加でしたが、病理以外のexcitingな話も聞く事が出来大変有意義でした。
  少人数の集まりで多くの参加者の方々と親しくなれた事も収穫でした。
 ・すばらしい会場とすばらしい内容で感激しました。
 ・楽しい会をありがとうございました。
 ・学部学生ということもありまだまだ勉強不足で、専門分野の話は少し難解にも感じましたが、
  先生方の研究の進め方、研究に対する姿勢など、学ぶことが多くありました。
  また、研究内容も興味深いものが多くあり、大変楽しんで勉強させて頂きました。
 ・気どりのないオープンな感じの会でした。発表・質問の時間も丁度良かったと思います。
 ・六甲山というロケーションが良かった。
 ・スタッフがきめ細かく動いて大変良かった。リラックスして参加できました有難うございました。
 ・会議場や食事のセッティングもよく、風景を楽しむことが出来た。
  細部までよく運営されており、スタッフの人達も親切で楽しみながら勉強できる会になっていて、良かったと思います。
 ・参加申請からカンファレンス終了まで丁寧に対応していただき、期間中も快適に過ごすことができました。
 ・旧館の設備がやや古い。演者の選択はよかった。
 ・宿泊場所も伝統があるとはいえ、1室4人はあんまりではないでしょうか。ロケーションは最高でした。軽装には賛成です。
 ・4人部屋はやや大変でした。プログラムは良かった。
 ・駅から遠い。最寄駅も不便。

 〔レクチャー〕
 ・レクチャーの先生方のお話は病理学会会員の先生の専門的な話から最先端の話まで非常に興味深く、勉強になりました。
 ・ガンの微小環境、細胞相互作用の分野における日本の第一人者の先生方の御講演を拝聴する
  大変貴重な機会を頂きました。心から感謝申し上げます。
 ・どのレクチャーも大変勉強になり、有意義な会でした。レクチャーの内容の選抜が、大変よろしかったと思います。
 ・第一線で御活躍されている先生方から研究のトピックを拝聴し、自らの研究へのmotivationを高める良い機会となりました。
 ・非常に興味深いレクチャーがたくさんあったのですごく勉強になりました。
  ありがとうございます。また、夜景がすごかったんです!
 ・講演もストレスなく聞けた。
 ・レクチャーの内容が興味深かった。
 ・レクチャーがとても勉強になりました。
 ・若手の質問が多く、大変よかった。
 ・全体構成はすごくよかった。レクチャーの内容は、研究の流れを理解するのに
  (系統だった発表をして下さったおかげ)役立ったが、論文になっていないもっとup to dateの内容など聞きたかった。
 ・レクチャーの先生方の内容はさすがだなと思わせる内容でした。
 ・最新の知見をわかりやすくご講義頂き大変勉強になりました。
 ・発表20分、討論20分または発表15分、討論30分の講演会というのは成立しませんかね・・・?
 ・レクチャー数をもう少し少なくして、一つをもっとじっくり聞きたい。
 ・今回の口演は全てinvitedでしたが、公募のポスターの中から2?3口演にピックアップしてはいかがでしょうか。

 〔ポスター演題〕
 ・ポスター発表も、ちょうどよい緊張感(他の研究会では異常なくらい緊張するので・・・)で、
  ディスカッションを楽しむことができました。
 ・ポスターのショートトークを少し長くして、その後はフリーにしても良いかなと思いました。
 ・ショートポスタープレゼンはもう少し静かに皆さんに聞いて欲しいので、レクチャー後に入れてもらいたい。
 ・ポスタープレゼンが皆、時間厳守で円滑にすすんだのがよかった。
 ・どうしてもポスターの全部を見てまわるのは困難なので、90秒発表は良いアイディアだったと思います。
  定着させることで、どう90秒を有効に使うか、発表者が慣れてくると、このアイディアがより生きるようになると思います。
 ・ポスターの扱いがよろしくありません。飲酒しながら短時間のショートプレゼンは無意味に思えました。
  ポスターであってもしかるべきセッションを作るべきです。学部学生の発表もありましたが、
  あのような聴衆では学生も良い気持ちはしないと思います。他科の学会と比べられてしまいます。

 g) 今後取り上げてほしいテーマ:
 ・この様な癌を多面から解析しディスカッションできる場を定期的にしてほしい
 ・今回とも関連するが腫瘍免疫関連のテーマに興味があります
 ・臨床と基礎研究をつなぐテーマ、臨床医と基礎研究者の双方が求めている事、
  融合できる研究と今後の展望についてもっと知りたい
 ・形態学にこだわった分子生物学
 ・骨転移とニッチ
 ・Tumor dormancy
 ・腫瘍とiPS
 ・遺伝子改変動物、疾患モデル動物
 ・細胞間接着因子について
 ・分子標的治療と病理、癌と炎症
 ・炎症と癌、免疫と癌
 ・がん間質と線維化疾患(間質に特化したテーマ)
 ・炎症性疾患、線維性疾患などfocusをしぼっていろいろな臓器での研究など
 ・自己免疫疾患
 ・代謝性疾患(動脈硬化など)
 ・動脈硬化症
 ・産婦人科疾患など
 ・数理科学と病理学の融合はひとつの流れとして育てるべきかと思います
 ・研究の技術的ないし方法論的なテーマ
 ・各臓器の診断に関するトピックス
 ・専門外の分野は難しすぎるものもあり、基本からのレクチャーがほしいです

4.総括と今後の課題

 日本病理学会カンファレンスは、かつての公的研究費合同班会議の様に、臨床から基礎を含めた特定疾病克服に同じ志を持った研究者が日常を離れて一堂に会し、泊まり込みで研究成果を討議できる機会を、特に若手の病理学会会員に継続的に提供したいという目的で10年前より毎年夏のこの時期に国内各地で開催されてきました。昨春の第101回病理学会総会で、世話人の負担をより良いプログラム作りに集中できるように、当分の間開催地を神戸六甲山に固定する事が決まり、今回がその始まりの会となった次第です。

〔広報〕

 今回より、日本病理学会ホームページのトップページから本カンファレンスホームページに直接リンクを、さらに、新着情報欄に随時カンファレンスの準備状況を掲載していただきました。効果は絶大で、実際、病理学会ホームページに参加登録、演題募集の情報を掲載した翌日から登録申込や、問い合わせがありました。さらに、札幌での第102回病理学会総会では、佐藤昇志会長のご厚意により会場内随所に本カンファレンスのポスターを掲示いただいたことも病理学会会員への周知に大変役だったと思います。次回からも、概要発表の時点からホームページを使って時間をかけたカンファレンスの周知を行う事が重要と思われます。なお、今回準備中に気付きましたが、歯学部のメーリングリストが完備されていないため、口腔病理学関連教室への広報が不十分であった事は改善されるべきです。

〔参加者〕

 前述のような広報に対するご支援のおかげで、3月29日からカンファレンスホームページを立ち上げ、5月10日全レクチャー演題公開と少し周知期間が短かったものの、最終的に事前登録参加者100名、日本病理学会会員の割合は87%、20代、30代の若手参加者は49%(アンケート結果から)とほぼカンファレンスの趣旨に沿った参加者を得ることができました。また、今回から導入した若手ポスター発表者補助申請者は12名で、その内2名がポスター表彰者であったことから、意欲あふれる若手発表者参加促進の一助になったものと考えます。

〔レクチャー〕

 世話人が最も興味を持って研究しているがんにおける細胞相互作用について、日頃多くのご指導や共同研究を行っていただいている国内研究者を中心にレクチャーをお願いしました。がん治療最前線の外科医からショウジョウバエ遺伝学を用いた基礎研究者まで幅広い領域の講師に、それぞれの立場から形態学的、細胞生物学的ならびに分子間での相互作用をお話しいただけたと思います。アンケートからも、レクチャーの質に関しては好評でした。ただし、レクチャー数を減らして、最新のデータとともにじっくりと聴講、討議したいと言う意見や、一般ポスター演題の一部を口演に回して討議する機会を作ってみてはなど、貴重な提案をいただきました。

〔一般ポスター演題〕

 前回のカンファレンスで初めて導入された90秒間のショートプレゼンテーションは、ポストアンケートで比較的評判が良く、また、研究推進委員会においても全体の発表を概観できることと、限られた時間を使っていかに発表内容を要領よく演者がまとめることができるかを評価する上でも有効であるとの意見が多数であったため、今回も実施しました。1時間弱で済ませることのできるセッションですので、今後実施するタイミング(夕食前か?後か?)を試行して検討する必要があるかも知れません。懇親会を兼ねたポスターディスカッションでは、司会をお願いした病理学会会員レクチャー講師のご尽力で、深い討論ができたものと思います。

〔会場〕

 会場となった六甲山ホテルのレクチャーおよびポスター発表・懇親会に用いた宴会場「あじさい」、夕食時のジンギスカンテラス、懇親会二次会の小宴会場「つばき」および本館屋上オープンデッキは、アンケートでの評価も高く、100名前後のカンファレンス開催にほぼ満足できる規模と施設であったと思います。一方、宿泊に関しては、今回六甲山ホテルで初めての開催で、前年5月に交渉を開始したにもかかわらず全館完全貸し切りは実現しませんでした。そのため、一部の参加者に2名同室あるいは4名同室をお願いせざるをえず、ご不便をおかけしたことをお詫び申し上げます。今回の実績を踏まえ、次回に向けてより多くの客室を確保できるべく粘り強い交渉を続けたいと考えています。

5.謝辞

 今回のカンファレンス開催にあたり、ご援助いただきました日本病理学会に感謝申し上げます。準備に際しては、日本病理学会研究推進委員会委員、日本病理学会事務局の方々には様々なご指導・ご支援を賜りました。また、講師の先生には、レクチャーのみならずポスターセッションでの発表者へのご指導や評価など沢山の仕事をお引き受けいただき誠に有り難うございました。最後に、本カンファレンスの運営における神戸大学大学院医学研究科病理学分野メンバーの献身に深謝いたします。

記録写真

01
02
09
16
29
30
35
39
40
41
42
47
49
50
51
and more...