スタッフ・学生

  1. HOME
  2. スタッフ・学生
  3. 特任助教 大谷 淳二

特任助教 大谷 淳二
Postdoctoral Fellow Jyunji Otani

履  歴

出身/滋賀県

2006年3月
京都大学工学部工業化学科 卒業
2012年3月
京都大学大学院工学研究科分子工学専攻博士課程 修了(工学博士)
2012年4月
日本学術振興会特別研究員PD(京都大学生命科学研究科 石川冬木教授)
2014年4月
京都大学大学院生命科学研究科細胞周期学分野 特任研究員
○所属学会等/
日本分子生物学会
 

原  著

  1. Hirai Y, Tamura M, Otani J, Ishikawa F.
    NEK6-mediated phosphorylation of human TPP1 regulates telomere length through telomerase recruitment.
    Genes Cells, 21, 874-889, 2016
  2. Mishima Y, Jayasinghe CD, Lu K, Otani J, Shirakawa M, Kawakami T, Kimura H, Hojo H, Carlton P, Tajima S, Suetake I.
    Nucleosome compaction facilitates HP1γ binding to methylated H3K9.
    Nucleic Acids Res, Vol 43, No. 21, 10200-10212, 2015
  3. Otani J, Kimura H, Sharif J, Endo TA, Mishima Y, Kawakami T, Koseki H, Shirakawa M, Suetake I, Tajima S.
    Cell cycle-dependent turnover of 5-hydroxymethyl cytosine in mouse embryonic stem cells.
    PLOS one, Vol 8, Issue 12, e82961, 2013
  4. Takaoka Y, Kioi Y, Morito A, Otani J, Arita K, Ashihara E, Ariyoshi M, Tochio H, Shirakawa M, Hamachi I.
    Quantitative comparison of protein dynamics in live cells and in vitro by in-cell (19)F-NMR.
    Chem Commun (Camb), Vol 49, 2801-2803, 2013
  5. Otani J, Arita K, Kato T, Kinoshita M, Kimura H, Suetake I, Tajima S, Ariyoshi M, Shirakawa M.
    Structural basis of the versatile DNA recognition ability of the methyl-CpG binding domain of methyl-CpG binding domain protein 4.
    J. Biol. Chem., Vol 288, No 9, 6351-6362, 2013
  6. Mishima Y, Watanabe M, Kawakami T, Jayasinghe CD, Otani J, Kikugawa Y, Shirakawa M, Kimura H, Nishimura O, Aimoto S, Tajima S, Suetake I.
    Hinge and chromoshadow of HP1α participate in recognition of K9 methylated histone H3 in nucleosomes.
    J. Mol. Biol., Vol 425, Issue 1, 54–70, 2013
  7. Otani J, Nankumo T, Arita K, Inamoto S, Ariyoshi M, Shirakawa M.
    Structural basis for recognition of H3K4 methylation status by the DNA methyltransferase 3A ATRX-DNMT3-DNMT3L domain.
    EMBO Rep., Vol 10, No 11, 2009

総  説

  1. 有吉眞理子、大谷 淳二、白川 昌宏
    メチル化DNA結合タンパク質MBD4の可塑的な塩基認識機構
    薬学雑誌(日本薬学会) 135巻 3-9(2015)

国際学会発表

  1. Otani J Nankumo T, Arita K, Inamoto S, Ariyoshi M, Shirakawa M.
    Structural basis for recognition of H3K4 methylation status by the DNA methyltransferase 3A.
    Keystone Symoposia Conference (Histone Code: Fact or Fiction?), 2011
  2. Otani J, Nankumo T, Arita K, Ariyoshi M, Inamoto S, Shirakawa M.
    Crystal structure of DNMT3A ADD domain.
    The 21st Congress of the International Union of Crystallography, 2008
     

国内学会発表

         
  1. 大谷 淳二、石川 冬木
    Sde2のユビキチン様蛋白質ドメインの切断は機能に必要である
    第39回日本分子生物学会、横浜、2016年12月
  2. 大谷 淳二、有田 恭平, 有吉眞理子, 木村 博信, 末武 勲, 田嶋 正二, 白川 昌宏
    メチル化CpG結合蛋白MBD4によるDNA認識の構造的基盤
    第5回日本エピジェネティクス研究会年会、熊本、2011年5月
  3. 大谷 淳二、南雲 利之, 有田 恭平, 稲本 進, 有吉眞理子, 白川 昌宏
    DNAメチル化酵素DNMT3AによるH3K4メチル化状態認識の構造的基盤
    第4回日本エピジェネティクス研究会年会、鳥取、2010年5月
  4. 大谷 淳二、南雲 利之, 有田 恭平, 稲本 進, 栃尾 豪人,有吉眞理子, 白川 昌宏
    Structural basis for recognition of H3K4 methylation status by the DNMT3A ADD domain
    第32回日本分子生物学会・第82回日本生化学会大会 合同大会、横浜、2009年12月
  5. 大谷 淳二、南雲 利之, 有田 恭平, 有吉眞理子, 栃尾 豪人, 稲本 進, 白川 昌宏
    The Crystal Structure of the ADD Domain of de novo DNA Methyltransferase, DNMT3A in the Free Form and in the Complex Form with Histone H3 N-terminal Peptide
    第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会 合同大会、神戸、2008年12月
  6. 大谷 淳二、斉藤 寿仁, 栃尾 豪人, 有吉眞理子, 白川 昌宏
    メチル化DNA結合たんぱく質MBD1による転写抑制機構
    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会 合同大会、横浜、2007年12月
  • アクセス
  • リンク
  • お問い合せ
大学院生募集・博士研究員募集