神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

実行委員紹介

写真:横崎 宏

医学科研究科長・医学部長 本プロジェクト実行責任者 横崎 宏
プログラム実行委員責任者からのごあいさつ
神戸大学医学部医学科はこれまでに細胞内情報伝達や再生医学など様々な基礎医学領域で活躍する人材を輩出してきました。その背景には、全国に先駆けて基礎配属実習を実施するなど、医学研究の重要性と研究活動の楽しさを医学生に伝えるカリキュラムを積極的に医学教育の中に取り入れてきた実績があるものと考えています。一方、卒後臨床研修義務化やより長期間の参加型臨床実習期間を要するグローバルスタンダードに準拠した医学教育の導入など、医学生の医学生のリサーチマインドを十分に涵養することが増々難しくなってきているのが現状です。
その対策として、本学科では平成24年度から独自の取組として「基礎医学研究医育成コース」を設置し、6年間の医学教育の中で一貫したリサーチマインド涵養のための教育プロジェクトを実施しています。本プロジェクトは、医学科学生の基礎医学研究に対する興味を喚起し、研究に魅力を感じる学生が、積極的に研究に参加できるよう「基礎医学研究医育成コース」を選択科目として設置し、本コースを履修する学生が研究に必要な実験手技、科学的思考法そして学術研究発表を行うために必要な技能を身につけるための研究教育支援をおこなう取組です。これらの取組を通して研究に興味を持つ医学科学生は、医師になるために必要な教育を受けると同時に、基礎医学系分野において個別研究指導を受け、新知見を得る喜びを体験し、学会発表や論文発表などの研究活動を学部学生の時から体験できるものと期待しています。
本コースを履修し医学研究に興味を持った学生には、(1) 4年生終了後にMD-Ph.Dコースに進み博士号を取得してから再び学部に戻り卒業する、(2) まず学部を卒業し初期卒後臨床研修を受けてから大学院の「基礎医学研究医育成特別コース」に入学して基礎医学研究を行う二つのキャリアパスが用意されています。前者は基礎医学研究医に対する興味が強い学生に、後者は基礎臨床融合により基礎医学研究を続けながら臨床活動も行うクリニシャン・サイエンティストを目指す学生に適しています。これらのコースを通して、より多くの医学生が基礎医学研究に興味を持ち、将来様々な医学研究シーンで活躍することを願っています。
病理学講座(病理学分野)教授 医博
専門:腫瘍病理学

写真:匂坂 敏朗

匂坂 敏朗
医学部医学科の皆さんへ:

医学や生命科学には、必ず解決しなければならない未知の問題が起こってきます。未知の問題に向かった時、既存の知識や技術では解決出来ません。その時に解決の仕方を考えられるよう、本プログラムで実際に研究を経験し、科学的な考え方を身につけて頂きたいです。知識的能力ではなく、知性を持って行動する医師、医学者の育成を目指します。
生理学・細胞生物学講座(膜動態学分野)教授 医博
千葉大学医学部卒
専門:生化学、細胞生物学

写真:南 康博

南 康博
医学部医学科の皆さんへ:

私は昭和60年に医学部を卒業しましたが、それから30年近い年月が経ちました。学生時代から研究室へ出入りし、卒後間もない初めての海外旅行が約5年にわたるアメリカ留学という、今にして思えば無茶な楽しいことをしたものだと思います。
病気で苦しむ人々に役に立つ発見・発明などの大きな夢や志を持った皆さん、身近にあるこのプログラムを是非活用して下さい!
生理学・細胞生物学講座(細胞生理学分野)教授 医博
東京医科歯科大学医学部卒
専門:シグナル伝達

写真:榎本 秀樹

榎本 秀樹
医学部医学科の皆さんへ:

研究の最大の魅力の一つは、実験者全てに新しい発見の機会が与えられていることです。経験が少なくても、想像性に富む目があれば、まだ誰も見ていない重要な現象を見つけることさえあります。心躍る発見が、1m2にも満たないベンチ(実験台)上の何気ない実験から生まれるかもしれません。この不思議な世界を体験してみませんか。
生理学・細胞生物学講座(神経分化・再生分野)教授 医博
千葉大学医学部卒
専門:神経発生学・発生病態学

写真:中村 俊一

中村 俊一
医学部医学科の皆さんへ:

私は神戸大学医学科の2年次学生の時、西塚先生の生化学講義を通して研究に興味を持ち、研究室通いをしたことがきっかけで、卒業後は研究者の道を歩みました。振り返ると30余年が経過しましたが、趣味の延長で生活が出来、常に若い人たちとディスカッションできるのは幸せなことだと思います。
生化学・分子生物学講座(生化学分野)教授 医博
神戸大学医学部卒
専門:生化学

写真:古屋敷智之

古屋敷智之
研究とは、誰も答えを知らない謎に立ち向かう作業です。その謎を自分で解き明かす爽快感 は、研究ならではの体験です。また自分の発見が、時と場所を超えて、他の研究者に影響を与えていくことも、研究の素晴らしさと思います。 学生時代の自由な時間を大切にして、ぜひ研究の醍醐味を味わっていただきたいと願っています。
生化学・分子生物学講座(薬理学分野)教授 医博
京都大学医学部卒
専門:神経科学・薬理学

写真:河野 誠司

チュートリアル改革WG委員長 河野 誠司
医学教育学の河野です。医学研究に興味を持つ学生さんたちを広くサポートしたいと思っています。私が研究にはじめて興味を持ったのは、学生時代の基礎配属実習(病理学)で、電子顕微鏡を使わせていただいたときのことです。
研究には、ことばでは言い表せない知的興奮があり、これまでの研究経験が私の発想の支えになっています。学生時代の研究経験が、将来きっと皆さん方の医師としての考え方に深みを与えてくれるものと信じます。
内科系講座(医学教育学分野)特命教授 医博
神戸大学医学部卒
専門:臨床検査医学、臨床免疫学、臨床血液学

写真:篠原正和

篠原正和
医学は経験則に基づいたことも多く、なぜ?どうして?と感じることも少なくないと思います。 教科書に記載されている知識を覚えるKnowledge Based Learningだけでなく、自分が感じた疑問を探求するInquiry Based Learningが研究の第一歩です。 研究を通して、誰も知らない未知の世界を発見する知的興奮を体験しましょう。
内科系講座(医学教育学分野)特命助教 医博
神戸大学医学部卒
専門:循環器内科学、質量分析学