HOMEにもどる 教室の紹介 スタッフの紹介 前期・後期研修
研究活動
基礎研究 循環代謝グループ 炎症免疫グループ 臨床研究 心臓カテーテルグループ 心不全グループ 画像診断グループ 不整脈グループ 心臓リハビリテーショングループ 肺高血圧グループ
研究会のご案内 関連病院 関連学会
患者の皆様へ医師・医学生の皆様へ
研究活動・基礎研究

炎症免疫グループ

免疫制御療法にて動脈硬化性疾患を予防する

我々の研究グループでは、慢性炎症性疾患としての動脈硬化を、抗炎症・免疫調節により予防できないかという考え方で、新規の治療法を開発する研究を行っています。(参考文献 1-14, A-D)

最近、「皮膚から紫外線照射による免疫制御により動脈硬化を予防できる」ことを証明し報告しました。(参考文献 3)

「腸から腸管免疫修飾により動脈硬化を予防する」という概念は、我々の研究グループが提唱した新規の概念です(参考文献 12-14, D)。発展させて、臨床で使用できる新たな機序の心血管病治療法の開発につなげていきたいと考えています。

さらに、腸管免疫研究から発展して、腸内細菌叢に注目した臨床研究も行なっています。そして、冠動脈疾患の発症に関連しそうな腸内細菌叢のタイプや菌種を明らかにしました。(参考文献 4, 6)

脈硬化性疾患の発症リスクの大小を腸内細菌を検査して評価できるのか? 腸内細菌に介入する動脈硬化予防は可能か? というような研究に発展させています。 今後は、循環器疾患のみならず、様々な疾患と腸内細菌の関係を調査して、新たな治療介入法を開発したいと考えています。

医学・医療の進歩により、その恩恵に与かる人が増えて良いことですが、医療費の増大は不可避となっています。医療費の増大が、現状の恵まれた日本の保険診療システムを崩壊させて、今と同じように医療を提供できなくなることも容易に予想できます。

我々の研究グループは、革新的な治療法の開発はもちろんですが、お金のかかりにくい医療を提供し、将来の医療の質を落とさなくするための基礎・臨床研究を進めて行きたいと考えています。

将来、循環器疾患を減少させるために一緒にがんばる仲間を募集しています。研究に興味のある人は、山下(tomoya@med.kobe-u.ac.jp)もしくは神戸大学循環器内科学分野に連絡してください。

mailto
このページの先頭へ

<スタッフ>
山下 智也      准教授  →山下智也・履歴(PDF)
林  友鴻      大学院生
吉田 尚史      大学院生
Hilman Zulkifli Amin  大学院生
田畑 諭子      大学院生
  共同研究者(留学)
佐々木 直人  神戸薬科大学 医療薬学研究室 准教授
武田 匡史   京都大学再生医科学研究所 iPS細胞機能研究所 研究員
笠原 和之   University of Wisconsin-Madison, Department of Bacteriology,
                          Postdoctral fellow
溝口 泰司   神戸薬科大学 医療薬学研究室 博士研究員

このページの先頭へ
参考文献
Original articles

1. Kasahara K, Tanoue T, Yamashita T, Yodoi K, Matsumoto T, Emoto T, Mizoguchi T, Hayashi T, Kitano N, Sasaki N, Atarashi K, Honda K, Hirata K. Commensal bacteria at the crossroad between cholesterol homeostasis and chronic inflammation in atherosclerosis. J Lipid Res. 2017; 58: 519-528.

2. Mizoguchi T, Kasahara K, Yamashita T, Sasaki N, Yodoi K, Matsumoto T, Emoto T, Hayashi T, Kitano N, Yoshida N, Amin HZ, Hirata K. Oral administration of the lactic acid bacterium Pediococcus acidilactici attenuates atherosclerosis in mice by inducing tolerogenic dendritic cells. Heart Vessels. 2017;

3. Sasaki N, Yamashita T, Kasahara K, Fukunaga A, Yamaguchi T, Emoto T, Yodoi K, Matsumoto T, Nakajima K, Kita T, Takeda M, Mizoguchi T, Hayashi T, Sasaki Y, Hatakeyama M, Taguchi K, Washio K, Sakaguchi S, Malissen B, Nishigori C, Hirata K. UVB exposure prevents atherosclerosis by regulating immunoinflammatory responses. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2017; 37: 66-74.

4. Emoto T, Yamashita T, Kobayashi T, Sasaki N, Hirota Y, Hayashi T, So A, Kasahara K, Yodoi K, Matsumoto T, Mizoguchi T, Ogawa W, Hirata K. Characterizaion of gut microbiota profiles in coronary artery disease patients using data mining analysis of terminal restriction fragment length polymorphism: gut microbiota could be a diagnostic marker of coronary artery disease. Heart Vessels. 2017; 32: 39-46.

5. Matsumoto T, Sasaki N, Yamashita T, Emoto T, Kasahara K, Mizoguchi T, Hayashi T, Yodoi K, Kitano N, Saito T, Yamaguchi T, Hirata K. Overexpression of CTLA-4 prevents atherosclerosis in mice. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2016; 36: 1141-51.

6. Emoto T, Yamashita T, Sasaki N, Hirota Y, Hayashi T, So A, Kasahara K, Yodoi K, Matsumoto T, Mizoguchi T, Ogawa W, Hirata K. Analysis of gut microbiota in coronary artery disease patients - A possible link between gut microbiota and coronary artery disease - J Atheroscler Thromb. 2016 ; 23: 908-21.

7. Yodoi K, Yamashita T, Sasaki N, Kasahara K, Emoto T, Matsumoto T, Kita T, Sasaki Y, Mizoguchi T, Sparwasser T, Hirata K. Foxp3+ Regulatory T Cells Play a Protective Role in Angiotensin II-Induced Aortic Aneurysm Formation in Mice. Hypertension. 2015; 65: 889-95.

8. Suzuki A, Fukuzawa K, Yamashita T, Yoshida A, Sasaki N, Emoto T, Takei A, Fujiwara R, Nakanishi T, Yamashita S, Matsumoto A, Konishi H, Ichibori H, Hirata K. Circulating intermediate CD14++CD16+monocytes are increased in patients with atrial fibrillation and reflect the functional remodelling of the left atrium. Europace. 2016; 19: 40-47.

9. Emoto T, Sasaki N, Yamashita T, Kasahara K, Yodoi K, Sasaki Y, Matsumoto T, Mizoguchi T, Hirata K. Regulatory/effector T-cell ratio is reduced in coronary artery disease. Circ J. 2014; 78: 2935-41.

10. Kasahara K, Sasaki N, Yamashita T, Kita T, Yodoi K, Sasaki Y, Takeda M, Hirata K. CD3 Antibody and IL-2 Complex Combination Therapy Inhibits Atherosclerosis by Augmenting a Regulatory Immune Response. J Am Heart Assoc. 2014 ; 3: e000719.

11. Kita T, Yamashita T, Sasaki N, Kasahara K, Sasaki Y, Yodoi K, Takeda M, Nakajima K, Hirata K. Regression of Atherosclerosis with Anti-CD3 Antibody via Augmenting a Regulatory T Cell Response in Mice. Cardiovsac Res. 2014; 102: 107-17.

12. Nakajima K, Yamashita T, Kita T, Takeda M, Sasaki N, Kasahara K, Shinohara M, Rikitake Y, Ishida T, Yokoyama M, Hirata K. Orally administered eicosapentaenoic acid induces rapid regression of atherosclerosis via modulating the phenotype of dendritic cells in LDL receptor-deficient mice. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2011; 31: 1963-1972.

13.Takeda M, Yamashita T, Sasaki N, Nakajima K, Kita T, Shinohara M, Ishida T, Hirata K. Oral administration of an active vitamin D3 (calcitriol) decreases atherosclerosis in mice via inducing regulatory T cells and immature dendritic cells with tolerogenic function. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2010; 30 :2495-2503.

14. Sasaki N, Yamashita T, Takeda M, Shinohara M, Nakajima K, Tawa H, Usui T, Hirata K. Oral anti-CD3 antibody treatment induces regulatory T cells and inhibits the development of atherosclerosis in mice. Circulation. 2009; 120: 1996-2005.

Review

A. Yamashita T. Intestinal Immunity and Gut Microbiota in Atherogenesis. J Atheroscler Thromb. 2017; 24: 110-119.

B. Yamashita T, Emoto T, Sasaki N, Hirata K. Gut Microbiota and Coronary Artery Disease. Int Heart J. 2016; 57: 663-671.

C. Yamashita T, Sasaki N, Kasahara K, Hirata K. Anti-inflammatory and immune-modulatory therapies for preventing atherosclerotic cardiovascular disease. J Cardiol. 2015; 66: 1-8.

D. Yamashita T, Kasahara K, Emoto T, Matsumoto T, Mizoguchi T, Kitano N, Sasaki N, Hirata K. Intestinal Immunity and Gut Microbiota as Therapeutic Targets for Preventing Atherosclerotic Cardiovascular Diseases. Circ J. 2015; 79: 1882-90.

受賞歴
2016年
五島雄一郎賞(日本動脈硬化学会);山下智也
2012年
2012 Daniel Steinberg New Investigator Award in Atherosclerosis/Lipoproteins (American Heart Association);中島健爾(現 高槻病院)
第76回日本循環器学会Young Investigator Award;佐々木直人
2011年
日本心臓財団アステラス・ファイザー動脈硬化Update研究助成 最優秀賞;佐々木直人
第43回日本動脈硬化学会 若手研究者奨励賞;武田匡史(現 iPS研究所)
2011 Daniel Steinberg New Investigator Award in Atherosclerosis/Lipoproteins (American Heart Association);山下智也
2010年
第42回日本動脈硬化学会 若手研究者奨励賞;佐々木直人
このページの先頭へ




HOMEご挨拶スタッフの紹介初期・後期研修研究活動学会・研究会のご案内関連病院関連学会