本文へスキップ

神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 先端医療学分野 バイオロジクス探索研究室                                                                                                                                  

TEL. 078-382-5682(内線5682)

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-1 研究棟C 2階

研究活動Research

研究テーマ

 当研究室では、細胞や細菌、ウイルスなどの生物の持つ機能を利用した生物製剤=「バイオロジクス」を用いた新しい治療法の開発をメインテーマとして研究を行っています。バイオロジクスとは広義に、「遺伝子、タンパク質、細胞や組織などの生物由来の物質、あるいは生物の機能を利用してできた製剤のことを生物学的製剤」のことを指します。
 これまでの遺伝子組換え技術やバイオテクノロジーの進歩によって、数多くのバイオロジクスが世に出され、多くの患者さんの治療に用いられてきました。インフルエンザワクチンや、インターフェロン療法、近年では抗体医薬を用いたがん治療がその例です。最新のバイオテクノロジーを応用したバイオロジクスは、従来の医薬品では予防・治療できなかった疾患に対する新たな解決法として、その市場規模やニーズも拡大、多様化しています。個別化医療の推進によるピンポイントのがん治療法から、近年のグローバル化に対応した汎用性の高い感染症ワクチンの研究まで、バイオロジクスを利用した医薬品は今後大きな可能性を持っています。研究室では、そのようなバイオロジクスに注目し、近年の高齢化社会で増加するがん患者に対する新たな治療法や、開発途上国でも利用できる安全・安価な感染症予防薬の研究開発を目指しています。


アデノウイルスベクターを用いた遺伝子治療薬の開発

 当研究室で研究するバイオロジクスとしては、アデノウイルスベクターを用いた新規がん治療薬があります。これは人体にに安全なアデノウイルスに、がんの増殖を抑える遺伝子を組込んだ治療薬です。アデノウイルスベクターががん細胞に感染し、増殖シグナルを抑制することで、がんの増殖を抑えます。
 当研究室では、がん抑制遺伝子であるp53やSuppressor of cytokine signaling (SOCS)遺伝子をターゲットとして、近年食生活の欧米化などを要因として増加する前立腺がん治療薬を研究開発しています。

ビフィズス菌を用いた新規経口ワクチンの開発

CEO 2つ目のバイオロジクスとしては、ビフィズス菌を用いた経口ワクチンがあります。経口ワクチンは、生体内で最大の免疫器官と呼ばれる腸管免疫系を活性化させる、非常に優れたワクチンです。当研究室では、ヨーグルトなどにも含まれ、プロバイオティクスとしても有名な腸管内常在細菌であるビフィズス菌をワクチンとして応用しています。ビフィズス菌特有のタンパク表層発現システムにより、例えばがん特異的なタンパクや病原体特異的なタンパクを発現させて、これを飲むことでがんや感染症に対する免疫力を誘導します。現在は、がん細胞に高発現するタンパク質を標的としたがんワクチン療法の開発や、C型肝炎、A型インフルエンザ、チフス菌に対する経口予防ワクチンを研究しています。特にインフルエンザ、腸チフスは開発途上国で今なお感染者数や死亡率が高く、そのような国々でも利用可能なコストパフォーマンスの高く、かつ飲むだけで安全に感染症を予防できる次世代経口ワクチンの実現を目指しています。

樹状細胞を用いたがん免疫療法の研究

 近年、新たながん治療法として免疫療法が注目されています。免疫療法は患者さんの免疫力を活性化させたり、患者さん自身の免疫細胞を活性化させて体内に戻すことでで、がんの治療を行います。免疫療法は従来の外科療法、放射線療法や化学療法と比べて、患者さんを傷つけないことや副作用が少ないことがメリットです。当研究室ではヒトやマウスの樹状細胞を用いたがんの免疫細胞療法を研究し、がんの個別化治療への応用を目指しています。


インドネシアにおける下痢性感染症の疫学調査・薬剤耐性菌の分布状況調査

 本学医学部附属大学病院やインドネシアアイルランガ大学と協力して、今なお増え続ける腸チフスやコレラといった下痢性感染症の国際的な疫学調査研究を行っています。近年、抗菌薬の進歩により多くの感染症の治療が可能になりましたが、同時に抗菌薬に対する耐性を獲得した薬剤耐性菌の出現・増加が問題となっており、特に感染者の多い開発途上国においてその対策が急がれています。当研究室では、国内のみならず国際的な薬剤耐性菌分布調査をすることで、適切な抗菌薬使用と薬剤耐性菌の抑制に貢献しています。

バナースペース

神戸大学大学院
科学技術イノベーション研究科
先端医療学分野
バイオロジクス探索研究室

〒650-0017
神戸市中央区楠町7-5-1
研究棟C 2階

TEL 078-382-5682
FAX 078-382-5715