外科専門研修プログラム

神戸大学外科専門研修プログラムについて

神戸大学外科学講座(食道胃腸外科・肝胆膵外科・心臓血管外科・呼吸器外科・小児外科・乳腺内分泌外科)では、神戸大学を基幹施設とする外科専門研修プログラムを運営しています。当プログラムでは、兵庫・大阪を中心に、静岡から沖縄までの50施設を連携施設とした充実した外科研修が可能です。
当プログラムで研修を行うと、消化器外科領域では下記の専門医・認定医の取得を目指します。

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医                         など

必要経験症例数など、随時相談しながらキャリアアップを目指せます。将来の専門は、一般消化器外科医の他にも内視鏡外科医、研究者、大学での教育職など幅広く選択できます。キャリア相談は随時行っており、連携施設へのマッチングやロールモデルの紹介など多くの先輩がサポートします。

連携施設

兵庫県や大阪府を中心に、全国の50に及ぶ施設と協力し、運営しています。

内視鏡手術トレーニング

当科では、若手医師への内視鏡手術トレーニングにも力を入れています。病院内に先端外科医療・内視鏡トレーニングセンターを有し、手術室と同様の環境でウェットラボを行うことが可能です。セミナーや手術研究会を年に数回開催し、若手医師の積極的な参加を推奨しています。臨床現場でも、経験豊富な指導医たちのもとで、日々の研鑽を積んでもらえます。

プログラム内容、説明会、応募方法について

本プログラムは、神戸大学外科学講座が主体となり運営しています。本プログラムに興味のある方、応募を考えている方など、下記のホームページをみてください。
説明会の日程など、随時更新されます。たくさんのご参加をお待ちしております。

応募に際しては、下記のホームページもご参照ください。

採用決定後は、研修の開始時点から日本外科学会の会員であることが必要となります。必ず日本外科学会へ入会手続きを行い、研修実績管理システムへの登録を行ってください。

問い合わせ先
担当
食道胃腸外科学分野担当 診療科長補佐 後藤 裕信
TEL
078-382-5925(医局)
MAIL
ichige[at]med.kobe-u.ac.jp   ※[at]を@に換えてください