先輩からのメッセージ

準備中
平成27年卒 向山 知佑

出身地:大阪府東大阪市
出身大学:神戸大学
初期研修:大阪府済生会中津病院
後期研修:大阪府済生会中津病院

初期研修2年目の夏、梅田の街に溺れかけてた私は外科医のカッコよさへの憧れと、QOLが損なわれるのではないかという不安が混じるなか、当時おられた先生方に背中を押して頂き消化器外科を志しました。
外科医という言葉から連想されるハードかつ男性的、前時代的なイメージに尻込みしてしまう人も多いと思います。しかしながら抗生剤や内科的治療の進歩のお陰で夜間緊急手術は減っておりますし、女性の外科医も増えてきています。私が研修医の時分と比べても少しずつ働き方が変わってきている印象です。 そして実は手術をするだけが外科医ではなく、研究や留学など多様なライフスタイルがあります。自分にフィットするスタイルを、後期研修・大学院生活を通じて探していけばいいのです。それを食道胃腸外科がしっかりとサポートしてくれます。
外科に興味を持っている方、まずは色んな外科医の話を聞いてみてほしいです。それにはやっぱりお酒の席が一番ですが今は難しいですよね。でも我々は喜んで皆さんに外科の魅力を発信したいと思っていますので当科のHPや先輩・同期を通じてでも、SNSでも構いませんのでいつでも連絡してきてください。

準備中
平成27年卒 工藤 拓也

出身地:兵庫県神戸市
出身大学:神戸大学
初期研修:神戸大学医学部付属病院 (たすきがけ)
後期研修:市立加西病院

大学卒業後は手術を中心とした科に進もうと考えておりました。全身管理ができるような医師を目指していたこともあり、自分の考える医師像に合う専門科として食道胃腸外科に進むことにしました。
消化器外科は癌などの悪性疾患に対する手術のみならず、虫垂炎や絞扼性腸閉塞、腸管虚血などの緊急手術が少なからずあることが魅力と考えています。救急外来で苦しんでいたひとが手術によって元気になり、退院時にはありがとうと感謝されることは、日々の診療において何よりも励みになります。
医学の発達によって消化器癌の治療成績は年々向上しています。それらの研究に参加したいと考え卒後4年目に大学院進学を決めました。最先端の研究テーマを間近で勉強できる日々が非常に刺激的です。

準備中
平成26年卒 渡部 晃大

出身地:兵庫県神戸市
出身大学:関西医科大学
初期研修:神戸大学医学部附属病院 (たすきがけ)
後期研修:兵庫県立淡路医療センター

関西医科大学卒業後、地元神戸の医療に貢献したいと考え、神戸大学たすきがけコースで初期研修を開始しました。様々な指導医の下で研修するうち、腫瘍を自らの手で摘出するというダイナミックさに加え、摘出後に行う再建に大きな感動を覚え、消化器外科医を志しました。初期研修が終了した段階で神戸大学外科学講座へ入局しました。若手のうちに、ある程度過酷な環境に身を置いてみようと、後期研修は淡路医療センターを希望しました。多忙を極めましたが、悪性腫瘍・急性疾患はもちろん、外傷や集中治療など、外科にまつわる幅広い診療を経験できました。過酷な臨床現場の反動か、基礎医学への興味が湧いたため、教授をはじめとした先生方に相談して、大学院への進学を決めました。
大学院に入学したものの、明確な研究目標が無い、という人も少なくないと思います。私もそうでしたが、1年間は臨床をしながら、先輩の研究発表を聞いたり、直接相談したりして、じっくり研究目標を定めることができます。環境としては、講座内に癌免疫グループがあり、他研究室へ出向している先生も大勢おられます。多くの選択肢があり、卒業後の臨床に厚みを持たせる研究ができる環境であると思います。

平成26年卒 堀川 学

出身地:大阪府
出身大学:熊本大学
初期研修:地域医療機能推進機構 人吉医療センター
後期研修:神戸大学医学部附属病院、兵庫県立加古川医療センター

熊本大学を卒業後、初期研修は熊本県内の病院で行いました。ここでは救急や初期診療を中心に、現在専門にしている消化器外科に限らず様々な診療科で幅広く経験を積ませて頂きました。
初期研修の過程で、劇的に患者さんのアウトカムを変えることができる外科に魅力とやりがいを感じ、外科医を志すことにしました。消化器外科の技術は非常に進んでおり、悪性疾患をはじめとして様々な疾患に対処することができます。しかしながら、それでもなお「治す」ことができない病気があることも事実です。外科的手技の研鑚に加えて、それらの病気を将来治せるようになるための取り組みに自分も参加してみたいと思い、神戸大学食道胃腸外科に入局しました。自分の出身地にも近く、先端的な診療や研究を行っていると聞いていたためです。
そして噂は本当でした。私は他大学の出身ですが、当科でそれを意識することはまずありません。現在は大学院に進み、iPS細胞技術を用いた悪性疾患の研究に取り組んでいます。神戸の街も住んでいて楽しいです。もし進路に迷っておられるなら、ぜひ一度見学においでください。

藤田 登 先生
平成25年卒 堀江 和正

出身地:兵庫県伊丹市
出身大学:神戸大学
初期研修:神戸市立西神戸医療センター
後期研修:神戸市立西神戸医療センター

神戸大学卒業後、神戸市立西神戸医療センターで初期研修・後期研修の計5年間研修しました。その後、将来的に診療・研究活動や後進の指導等で母校に貢献できればと考え、神戸大学食道胃腸外科に入局しました。
消化器外科では悪性腫瘍から急性疾患まで幅広い領域の疾患に対して、手術を中心に、薬物治療などトータルで治療を行います。実際に自分の手で病気を治す面白さは外科ならではで、術前・術後通した患者さんとの関わりも非常に深く、やりがいのある仕事です。さらに、まだ明らかになっていないことも多く、よりよい治療を求めて日々研究が行われている、学問としても奥深い領域だと感じます。
当科では臓器ごとのグループでそれぞれが専門性の高い治療を行っており、またレベルの高い他科との連携によって強力な集学的治療を行っています。それを学べるのは大学ならではの強みだと思います。スタッフの先生も指導熱心で、やりたいことをサポートしてくれる環境が整っていますし、和やかな雰囲気も当科の良さだと思います。少しでも外科に興味のある方は、是非一度当科に見学にきてみて下さい。

藤田 登 先生
平成25年卒 坂本 浩輝

出身地:兵庫県洲本市
出身大学:徳島大学
初期研修:愛仁会高槻病院
後期研修:愛仁会高槻病院

大学卒業後は関西での勤務を希望していたため、学生時代にいくつかの病院に見学へ伺いました。その中でも、外科の先生方に非常に親切にしていただいた高槻病院での初期研修を開始しました。初期研修、後期研修の計4年間を過ごす中で、幸運にも外科医として尊敬できる先生達にご指導いただき、縁あって神戸大学食道胃腸外科に入局しました。現在は博士課程のため、病理学分野に出向し、食道癌における癌微小環境に関する研究を行っています。
当科の特徴として、医局員の出身大学の多様性が挙げられます。実際に私も他大学出身ですが、出身大学によるしがらみは感じませんし、垣根の低いオープンな雰囲気があると思います。関西圏での勤務を考えている方など、当科に興味のある方は是非一度その雰囲気を体験しにお越しください。