研修・入局を考えている先生方へ

外科に興味のある皆さんへ

神戸大学食道胃腸外科 教授
掛地 吉弘
医学部を卒業した後の人生設計は、多くは漠然としていて未知数だろうと思います。自分の場合を振り返ってみてもそうでした。来年のことは少しは予想がつくけれど、5年先、10年先のことはまるで想像できない状態でした。
「患者さんにその時の世界で最良の治療を提示できる医師になりたい」という気持ちで、手術も含めてありとあらゆる治療が可能な外科を志望しました。外科の魅力の一つは、何をしようが、患者さんのためになるのであれば手法の制限が無いことです。手術を中心として、化学療法、放射線療法、最近は免疫療法まで、集学的治療に参加することもできます。もう一つの外科の魅力は、一人ではなく仲間とチーム医療を行うことです。個人の能力の限界をチームが助けて伸ばしてくれます。
将来の専門分野は、まず好きなものを選ぶことを勧めます。岐路に立った時も多くの先輩たちが経験を語ってくれます。歩を進めるうちに得意な分野がしっかりとした専門性をもって見えてきます。臨床を志す方に、外科はあらゆる意味で自信をもって薦められる診療科です。
外科が好きな人はもちろん、何が好きなのかわからなくて見つけたいと思っている人も是非、訪れてみてください。皆で歓迎します。

「一緒に働きませんか?」


神戸大学食道胃腸外科では、見学を随時受け付けています。消化管領域の手術に興味のある方、内視鏡手術やロボット支援手術に興味のある方、癌研究や医用工学に興味のある方など大歓迎です。
初期臨床研修や外科専門研修プログラム、大学院入学、入局などをご希望の方は、下記まで気軽にお問合せください。

担当
診療科長補佐 後藤 裕信
TEL
078-382-5925(医局)
MAIL
ichige[at]med.kobe-u.ac.jp   ※[at]を@に換えてください