教授あいさつ

掛地 吉弘
食道胃腸外科 教授・診療科長
掛地 吉弘

神戸大学食道胃腸外科では、消化管の外科、すなわち食道・胃・大腸疾患の診断と治療を行っています。高齢化が進み、日本人の2人に1人はがんに罹り、その1/3は消化管のがんです。高度な治療を必要とする食道がん、日本人に多い胃がん、増加している大腸がんを主な対象として、体に優しく根治性を追求したより良い治療を実践しています。

外科手術の中でも消化管領域では鏡視下手術の普及が進み、ロボット手術も増えてきました。手術手技については医工学連携からコンピュータ支援手術も取り入れ、安全で精確な手術に取り組んでいます。一方で新規抗がん剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤などの薬物療法の進歩も著しく、手術を中心とした集学的治療も積極的に行っています。いかなる病態にも対応し、全身管理の下に世界最先端の治療を行います。

目の前の患者さんに対して、どこまで手助けができるか、臨床では様々な問題に直面します。教科書に答えが書いていない状況下でどう対応するか、どのような解決策があるのか。自ら調べて考え、相談し、次の段階へ進む能力を養っていくことも大切です。研究に勤しみ、考える手法を身に付ける経験も大事にしています。

当教室では臨床・研究においてその領域の最先端の施設と連携を図り、国内外の施設に留学して、研鑽して技術を学び、成果を世界に向けて発信する取り組みも続けています。専門医取得、学位取得にとどまらず、その後のたゆみないstep upにつながるように個々の人生設計を考えて参ります。

多くの人材が集まり、外科手術を中心とした診療をチームで行っています。一人一人の個性を活かし、仲間の助けを得て能力を更に伸ばせる環境を整え、患者さんに最良の医療を届けられるように日々前進しています。これまでに培われた良い伝統を次世代に受け継ぎ、指導者を育てて各所に貢献できる人材を輩出して参ります。

外科に興味を持ち、様々に可能性を拡げたい方はいつでも門を叩いてください。明るく仕事ができる人材を求めています。