教室の沿革

藤田 登 先生
1947-1964 藤田 登 先生 兵庫県立医学専門学校附属病院の第一外科と整形外科部長に就任し消化器、脳神経、泌尿器、麻酔を含む幅広い外科診療を行なった。この間、1946年に兵庫県立医科大学に改編、1952年に神戸医科大学と改称され教育、診療の充実がはかられた。
その後、1964年には国に移管され、神戸大学医学部となり外科学第一講座となり現在にいたる礎が築かれた。
光野 孝雄 先生
1965-1978 光野 孝雄 先生教育、診療に加えて研究にも力点がおかれ、脳神経、消化器、内分泌疾患の外科的新治療の開発が目指された。1971年に脳神経外科が分離されてからは消化器外科疾患が診療の中心となり、研究では代謝、栄養、外科侵襲学が推進され、高カロリー輸液の導入など周術期管理が一新された。
また人工血液の開発にも精力的な取り組みが行なわれ、その成果は臓器移植研究に引き継がれている。
斎藤 洋一 先生
1979-1997 斎藤 洋一 先生臨床では消化器疾患が主な対象となったが、引き続き乳腺などの内分泌疾患を含む一般外科診療が行なわれた。消化器疾患の診療では肝胆膵疾患の外科的治療に重点が置かれ、重症急性膵炎、膵癌、肝癌に対しては、先進的治療技術の開発・導入がなされた。教育は体系化され教室員全員がたずさわるきめ細かな学生教育が行なわれた。
また研究グループは臓器疾患別に改編され、基礎医学領域との連携で研究レベルの向上がはかられた。
黒田 嘉和 先生
1998-2009 黒田 嘉和 先生患者本位の医療の実現を目標に外科診療が実践された。消化管、胆膵、肝、内分泌の4グループで入院、手術、外科管理、研究まで一貫した診療を行なう体制となった。研究成果の質の向上をはかる上で、分子生物学、移植免疫学、感染と生体反応、化学療法など臓器別研究にとらわれない有機的な連携を模索。膵、膵島、肝の移植治療については蓄積された研究成果を踏まえ臨床応用を開始した。
とくに膵移植においては、世界標準となる臓器保存法(二層法)を確立した。神戸大学病院診療科再編成、外科の大講座制移行に伴い、食道胃腸外科として診療内容を消化管に特化して鏡視下手術、集学的治療など診療面の充実がはかられた。