センター概要|神戸大学大学院医学研究科 トランスレーショナルリサーチ・イノベーションセンター

センター長 平井みどり

わが国は、基礎研究では世界有数の研究大国で、活発な基礎研究の成果があがっています。一方で、臨床研究や基礎研究の成果を臨床応用するための研究は、基礎研究に比べて普及が遅れています。そのことが、わが国における新薬・新医療機器開発、さらに新規治療法開発の大きな阻害要因の一つになっているとも言えます。神戸大学医学部は伝統的に基礎研究が盛んであり、将来の医療に貢献する可能性をもつ多くのシーズが存在していますが、これまで優れたシーズを実臨床応用に発展させる推進力がやや弱かったことは否めません。我々はこの状況を打開すべく、Translational Research Innovation Center(略称TRIC)を立ち上げ、神戸大学医学研究科における優れた研究の実用化を促進し、独創的な先進医療ならびに革新的医薬品や医療機器等の創出に貢献することをミッションに、活動を行っております。目指すところは、新規医薬品シーズの研究開発、および新規医療機器シーズの研究開発であり、さらに各種疾患に関わる基礎・臨床、そして診断に関するナレッジの統合にむけて、疾患バイオマーカーあるいは薬剤反応性バイオマーカーの研究開発にも着手しているところであります。 我々の活動にご理解を賜るとともに、是非お持ちのシーズをご呈示頂き、トランスレーショナルリサーチを推進して、神戸大学を先端的医療の拠点として世界に発信して行きたいと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。