当科紹介

 > 当科紹介 > 教授挨拶

  • 当科紹介
  • 診療内容
  • 受診について
  • 臨床試験・先進医療
  • 業績
  • 研究医・学生の皆さんへ
  • 年中行事

教授挨拶

教授挨拶

神戸大学食道胃腸外科では、食道・胃・大腸の疾患の診断と治療を行なっています。日本人の3人に1人は癌で亡くなっており、その1/3は消化管の癌です。高度な治療を必要とする食道癌、日本人に多い胃癌、最近急増している大腸癌を主な対象として、治療成績の向上を目指しています。

消化管領域では鏡視下手術の進歩が著しく、コンピュータ外科やロボット手術等の高度先進医療にも積極的に取り組んでいます。新規抗がん剤や分子標的薬による治療成績の向上も目覚ましく、手術を併用した集学的治療も進めています。原発巣と転移巣をコントロールし、患者さんに優しい根治的な治療を心がけています。どのような状態でも対応し得る高度な医療技術で世界最先端の治療を実践していきます。

臨床で様々な問題に直面する際に考えて答えを探る能力が求められます。
多くの先人たちの報告を検索し、最良の手法で仮説を立てて自ら検証していく過程は、最適な治療にたどり着く近道となります。
研究に勤しみ、研究手法を身につける経験はその後の医師生活に幅を持たせてくれます。

当教室では研究領域に応じて国内外の施設と連携を図り、トップレベルの研究を行い、結果を世界に向けて発信する取り組みを続けています。学位取得だけにとどまらず、国内・国外留学や施設間の共同研究を進めて研究成果を最良の治療につなげます。

多くの人材が集まり、外科手術を中心とした診療をチームで行なっています。
一人一人の個性を活かし、仲間の助けを得て能力が最大限に発揮できる環境を整え、患者さんに最良の医療が提供できるように努力を続けます。良い伝統を次世代に受け継ぎ、指導者を育てて各所に貢献できる人材を輩出していきます。
外科に興味を持ち、可能性を拡げたい方はいつでも門を叩いてください。
明るく仕事ができる人材を求めています。

ページトップへ戻る

神戸大学大学院医学研究科外科学講座 食道胃腸外科学分野
〒650-0017 神戸市中央区楠町7丁目5-2 TEL 078-382-5925 FAX 078-382-5939
Copyright (C) 2008-2012 Kobe University Hospital, Dept. of Surg. All Rights Reserved.