診療内容

脳梗塞

脳梗塞に対して緊急のMRI、超音波検査による(アテローム血栓性、心原性、ラクナなどの)病型診断、内科的治療を行い予後の改善を目指します。超急性期脳梗塞においては脳神経外科と協同して対応に当たり、血栓溶解療法や血管内治療の選択を行っています。

認知症

当科は認知症疾患医療センターでの外来診療(メモリー外来)にも携わっています。神経心理検査や神経放射線検査を組み合わせ、病型の分類と治療方針の決定を行います。必要に応じて入院での精査も行います。

多発性硬化症

多発性硬化症には従来型(CMS)と視神経脊髄炎(NMO)といった異なる病態が存在することが明らかとなり、それぞれ治療方針も異なります。当科では正確な診断に基づき治療方針を決定します。急性増悪期はいずれもステロイドパルス療法や、NMOにおいては血漿交換療法を組み合わせ、再発予防治療としてCMSの場合はインターフェロンやフィンゴリモド、NMOの場合はステロイドや免疫抑制剤などの治療を行います。

重症筋無力症、その他の筋無力症候群

診断には抗AChR抗体や反復刺激試験などの検査が必要となります。腫瘍が発見された場合には呼吸器科と協力して胸腺腫や肺小細胞癌の治療を行い、さらにステロイドや免疫抑制剤、免疫グロブリン製剤、血漿交換療法などにより治癒を目指します。

パーキンソン病関連疾患

各種画像検査を取り入れて正確な診断を行い、患者さん一人一人の症状に合わせた投薬治療、生活指導などを行っています。主に外来での診療となりますが、初発の場合や診断未確定の場合、投薬調整が必要な場合などは入院して頂くこともあります。

脊髄小脳変性症

画像検査、自律神経機能検査などを行い、遺伝性が疑われる場合は遺伝子診断も行って病型を特定します。状況に応じてヒルトニン・セレジストによる治療を行っています。
※現在のところ他施設からの遺伝子検査は受け付けておりません。

筋萎縮性側索硬化症

正確な診断のため筋電図検査とともに他疾患の十分な除外も行い、進行期にはNIPPVによる呼吸補助なども行っています。

自己免疫性末梢神経障害(ギランバレー症候群、CIDPなど)

神経伝導検査や筋電図検査などの電気生理学的検査で正確な診断を行い、免疫グロブリン大量療法などで早期に最大限の治療をできるよう努めます。

多発性筋炎などの筋疾患

筋電図検査に加えて筋生検で病理学的診断を行い、病型に合わせてステロイドなどの治療法を選択します。

代謝性神経筋疾患

ミトコンドリア脳筋症や糖原病などの代謝性疾患の組織化学的診断、治療を行っています。

機能性神経疾患

てんかん、不随意運動、片頭痛などについて、外来または必要に応じて入院をして頂き、診断と症状に合わせた治療を行います。

各種疾患の治験にも取り組んでいます。詳細はページ下部よりメールにてお問い合わせください。

診療実績

2016年度の診療実績は以下の通りです。

外来患者数

患者数 月あたりの患者数
初診(地域紹介) 785 65.4
初診(院内紹介) 394 32.8
入院中外来 377 31.4
再診(のべ人数) 12267 1022.2

単位:人

新入院患者数

2016年 2017年 合計
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
31 29 26 33 22 32 25 21 18 31 26 22 316

単位:人

新入院患者数の内訳(単位:人)

「その他」はてんかん、感染症、代謝性疾患などを含みます。