病棟・検査室

病棟

入院病棟

入院病棟

現在は9階南病棟を中心に約20床を神経内科で使用しています。

病棟風景

病棟風景

大部屋は4人部屋でベッド間のゆとりも充分確保され、窓側からは素晴らしい景色が望めます。

カンファレンス風景(毎週火曜日)

カンファレンス風景(毎週火曜日)

カンファレンスでは入院患者様の治療方針を検査結果をふまえてスタッフ全員で検討します。

検査室

9階南病棟 筋電図検査室

入院病棟

病棟内のナースステーション横にシールドされた筋電図検査室を持っています。
車椅子やベッド移動の患者さまでも比較的スムーズに検査できます。

設備

筋電計

MEB 2200(日本光電) MEB 2200(日本光電)

針筋電図、神経伝導検査、誘発電位などの検査を施行して、末梢神経疾患、筋疾患などの診断に役立てます。
中央検査部の筋電図室にある筋電計2台およびサーバーとネットワークケーブルで接続されており全ての検査データが保存されているため、経過観察や過去データとの比較が可能です。

デジタル脳波計、睡眠モニター用ビデオシステム

EEG-4500 Neurofax(日本光電)EEG-4500 Neurofax(日本光電)

紙の記録だけでなくデジタルデータとしサーバーに保存。
またナルコレプシーや睡眠時無呼吸の診断に有用な睡眠脳波検査でもビデオモニター画像をDVDに保存し解析が可能です。

磁気刺激装置

経頭蓋磁気刺激検査(神経機能検査として健保適用)に使用します。
また刺激位置固定装置「Brainsight」を用いて刺激部位を定位することができます。

EEG-4500 Neurofax(日本光電)Magstim M200 および
Bistimモジュール(Magstim社)
BrainsightBrainsight

脳神経超音波システム

脳血管障害等についての神経超音波検査(Neurosonology)は患者への侵襲が少なくリアルタイムに情報が得られるため、臨床的に有用です。各種装置を取り揃えています。

脳神経超音波システム

その他

各種検査に使用する機器を取り揃えています。

その他各種検査機器