第1回 神戸大学PHITS講習会(医療系)を開催して

日時:2018年2月3日-2月4日
場所:神戸大学医学部附属病院 外来診療棟4階 A講義室

内容

 モンテカルロシミュレーションコードPHITSの講習会を神戸大学医学部で初めて行った。県内の放射線治療担当者だけでなく、全国から医療系のみならず様々な分野の方に参加いただき、盛会のうちに終了できた。
 PHITSはモンテカルロシミュレーションコードの一種であり、開発を日本原子力研究開発機構が行っていることもあり、近年日本での利用者が増えている。光子線、粒子線、RIからの減弱等様々な放射線に対応していることもあり放射線治療などの医療現場でも注目されている。
 今回は日本原子力研究開発機構から橋本慎太郎先生をお招きし、放射線治療装置のPHITSでのモデリングを中心に御講演いただいた。実際にコードを自身で計算させ、目的の結果が得られた際には、参加者からうまくいったとうれしい声が聞こえた。
 モンテカルロシミュレーションコードは個人で学ぶには困難な部分も多く、参加者からは今回の医療系講習だけでなく、初級者講習も開催してほしいという要望を多くいただいたので、来年度以降も開催を検討していきたいと思う。

筆者 椋本

Placeholder講習会の風景
Placeholder全体での集合写真